[公開日]2014/01/05

■もんのすごく読書が楽しくなる方法を発見しました。それが電子書籍と相性が良い。

年末に実家に帰ったとき、たまたま観た深夜のTVで。NHK。
「リアル書店のいま」みたいなのをやっていて。

新宿紀伊国屋書店に来るお客さんにインタビューする、というのをやっていました。
読書好きな方々にあーだこーだ聞くんですが。その中で50代くらいのおじさんが3冊くらい本を買ってて。

「私の趣味は読書じゃないんです。買書が趣味なんです。
本を買っても結局読まないから、買って満足することにしたんですよ。」

ということを言っていて。このひとの超越っぷり、すごいなぁ。と思ったもんです。
僕はまだまだ、そこまで「本を買ったまま読んでない自分」を受け入れられない。
Amazonで送料込みでも400円くらいだと、バンバン買っちゃう。本屋さんに行ってもバンバン買っちゃう。

「積ん読」という言葉もありますが、まさしくそれなんです。
僕もあの50代のおじさんと同じで、趣味は「買書」なのか・・・と悩んでた矢先です。

いいことを思いついたのでみなさんにシェアということで。

電子書籍

紙の本は趣はあるけれど、iPadの薄さも捨てがたい

目次
ーーーーーーーーー

1、「買書が趣味」になるメカニズム
2、その本が一番おもしろいとき
3、王者は電子書籍?

ーーーーーーーーー

1、「買書が趣味」になるメカニズム

「買書」が趣味になるまでをステップバイステップで表現してみると。

「ネットの普及と、過剰な広告。」

「僕たちは常に情報で爆撃されている」

「日々、興味・関心の対象が移り変わる」

「ある瞬間に興味があって買った本が、直後には興味がなくなってしまう」

というメカニズムだと分析しました。

ちなみに僕のここ一ヶ月の興味は

「神田昌典さんの著書、もっかい読もうかなぁ。」
「生まれ変わりや前世について知りたいなぁ」
「英語の勉強、改めてしっかりしたいなぁ。」
「ちきりんさんの本を読んで、ブログについて考えよう」

などなど・・・
たった一ヶ月でこれだけ興味の対象は移り変わってます。
僕はいわゆる「熱しやすく冷めやすい」タイプではありますが、世の中のみんなも強弱はあれ、こうして興味の対象が移り変わるので、「買書が趣味」になるんだと思うのです。

 

 

2、その本が一番面白いとき

本が一番面白いのは、「買った瞬間」です。

なのでこれからは「いつか読もう」「時間あるとき読もう」「休みの日に読もう」
はナシとする。というのはどうでしょう?

“どうでしょう?”というのは、“こうすれば読書がもんのすごく面白くなると思うのですが、どうでしょう?”ということです。

「そんなの大昔からやってるよ」
という方はごめんなさい。

でも僕たちは、「本の価値は下がらない」という前提で行動をしているのですが、これからは
「本の価値は、買った瞬間から急速に下がり続ける」
と考えてみましょう。

買った瞬間がMAX。家に帰った状態で8割。翌日には半分。翌日の仕事終わりにはもう残りは1割。
感覚としてはこのくらいのスピードで本の価値は下がっていってると思います。。少なくとも僕はそうでした。

なので先日、本屋でガッとまとめて買ったものを、家に帰った瞬間から読み出したら、その本の内容に入り込めて、一気に読み終わってとても楽しい時間だったのです。
という話です。

僕には新しい発見でした。

3、王者は電子書籍?

・・・と。この理論でいきますと。
もっとも「読書を楽しみやすい」のは、電子書籍になりかねないないな。という話です。

だって、「読みたい」→「読める」ですもん。本屋に行く手間も、本屋から家に帰る手間もない。
電車の中だろうと、その場で読みたい本が手に入るんですもん。

でも僕も本屋さんで「あっ!」と気になって手にとって、そのまま熱中しちゃう感じはとてもよくわかります。

でも最近は、ひとのブログを読んでたりTwitterで流れてきたりして電子書籍が紹介されてると、思わず買っちゃって、そのまま読んじゃう、ということがあって、
そのときは本屋さんでの出会いと似た感覚になります。

まだまだ電子書籍はレパートリーも少ないけど、これから増えていくし、タブレットも普及していく。
「本の鮮度」を考慮したら、一番読書を楽しみやすいスタイルかもしれないですね。

という、今日はコラム的なお話でした。

では、またのお越しを、お待ちしています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

セール

セール

クラウドファンディング挑戦中です。コンサルリターンもあります。

クラウドファンディング挑戦中です。コンサルリターンもあります。






人気ブログの記事をシェアしよう!