いまから始めたら日本一になれるかもよ。最新ゲーム「Boom Beach」がリリースされましたよ。

boom beach 日本 攻略

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

今日は新しいゲームの紹介です。
しかし、ただのゲームではないのです。

boom beach 日本 攻略

その名は「Boom Beach」

目次
ーーーーーーーーー

1、ただのゲームではないワケ。
2、誰にオススメするか?とその注意点。
3、前々からやりたかったこと。

ーーーーーーーーー

1、ただのゲームではないワケ。

●ただのゲームでないワケ その1。

なんと日本で3月28日にApp storeでリリースさたばっかりです。海外では去年からでてるんだけど。
Android版は日本ではまだリリースされていません。

なぜそれほど新しいことを主張するかというと、
このゲームのような、「じっくり育てる系」では、どれだけ初期にゲームを始めたかが、勝敗を分けるからです。
もちろん後から始めたプレイヤーも十分に楽しめるようになっているし、心配はないのですが、
「世界ランキング何位、日本ランキング何位」を目指す場合、ゲームをはじめた時期がほぼ勝敗を分けます。

後から始めたプレイヤーが、先に始めたプレイヤーに追いつく為に、課金のシステムがあるといってもいいゲームもあります。クラッシュオブクランとか、まさしくそう。パズドラもその要素強い。

ということで、普通にゲームをする分にはどーでもいい話なのですが、
「日本ランク何位!」とか狙う狂信的なプレイヤー(笑)にとって、ヒットしそうなゲームがリリースされたよ!というのは重要なのです。

●ただのゲームではないワケ その2。

このゲームは「Boom Beach」と言いまして。
[SUPER CELL](スーパーセル)というフィンランドのゲーム会社がつくってます。

この会社は、僕がずっとオススメしてるクラッシュオブクランを作った会社なんです。
クラッシュオブクランについてはこちらのページで

もう半年もプレイしてるけど、依然として飽きない、こんな名作を生み出したゲーム会社さん!

そしてそして、いまだにApp storeのトップセールスで29位にもなってるこのゲーム。

ヘイデイ 攻略

ヘイ・デイ。

(クラッシュオブクランは14位)
ヘイ・デイを作ったのも、SUPURECELLです。
ヘイ・デイにも手を出しましたが、恐ろしくクオリティの高いゲームで、生活の時間がなくなるため、足切りしました。

このように、大ヒットと呼べるゲームを2作も日本に投下してるSUPERCELLが出すのが、Boom Beachなのです。

 

●ただのゲームではないワケ その3。

このSUPER CELLは、去年、ソフトバンクが買収しました。今後の日本展開にも期待大。

2、誰にオススメするか?とその注意点。

このゲームをオススメするのはですね。
「クラッシュオブクラン、面白そうだけどいまから始めるのはなぁ・・・」という方々です。

僕がこのブログで面白いおもしろいってオススメしてても、いざスタートする機会が無かった方々は、ぜひこの機会に始めてみるのはどうでしょう?
という提案でございます。

クラッシュオブクランは世界的に大ヒットしすぎてて、プレイヤーが多すぎて、僕が半年プレイして、猛者達を集めてチームを作っても、

10000位以下です。。。

クラッシュオブクラン ランキング

10000位前後に入るのも、かなりすごいとは思うんですが。

しかしいまから「Boom Beach」をはじめれば、

boom beach

プレイ時間はまだ24時間未満。

日本で600位代です。

これはかなりモチベーション上がります。
(もちろんこのゲームが全くヒットしなくて、胃の中の蛙になる可能性もありますが・・・)

そして注意点はですね。
このゲーム。。。

まだ、英語です。

Boom Beach zooka

きっとすぐ日本語対応してくれるでしょう・・・。

9言語から選択できるのですが、残念ながら日本語は対応しておりません。。。

boom beach 言語 日本語

見た事ない言語もいっぱい。

僕は英語の勉強も兼ねてプレイしてますが、言語がわからなくてもだいたいはプレイできます。
そして、日本語未対応ということが、さらに日本のプレイヤーが減っているので、参入チャンスなのです。。。って、どこまで気合入ってんだ!?って感じですかね?

3、前々からやりたかったこと。

どういうゲームかというと、
自分の島を発展させていって、
他人の村を襲って資源を溜めて、
また、自分の島を発展させる。というゲームです。。。

とりあえず僕は、日本ランクでどこまでいけるのか試してみたいので、ちょいちょいプレイしようと思うのですが、
またいつもの浮気かもしれません・・・。浮気の参考記事→■クラクラのパクリっぽいゲームを10個プレイしてみたので結果報告。

そして、これ以上このブログでゲーム系記事を増やすのはどうかと思うので、このブログとは別に「攻略まとめブログ」を開設しようかと思っております。
前々からやってみたかったのです。

日本に上陸したばかりのゲームなので、いまからそれ専用のブログを作ると、どのくらいアクセスがあるのか?という実験的な意味もあります。
完成したらまたちょこっと案内しますね。

ということで今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしています!


毎月1日に電子書籍を発売してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。