絶対に実現しないだろうけど「Google eyes」が実用化されたらやってくる未来。複製と体験の価値。

google eyes


いらっしゃいませ!
ふじさわです。

google eyes

もう、なにがなんだか。

コンタクトレンズにカメラ搭載。それが「Google eyes」。
瞬きをしただけで写真が撮れるそうな。yahooの記事はこちら。

こんな面白い特許をグーグルが取得したそうなので、思考実験的に、これが実用化されたらどうなるかという話です。

目次
ーーーーーー

1、盗撮とか気にしてらんない。
2、ひとの顔を覚えなくてよくなると、メッチャ楽。
3、複製されたデータの価値は下がる。体験せねば!

ーーーーーー

 

1、盗撮とか気にしてらんない。

Google eyesを目に装着すれば、理論上は、瞬きするだけで写真が撮れるそうな。
そうなると、電車に乗ったり、街中で誰が誰を盗撮してるかとかわかったもんじゃない。

「電車の中でスクリーンショットを撮ったら(音がするので)周りから変な目で見られた」
という話がありますが、それを超えた警戒心が必要で、
“誰かに見られてる=写真を撮られてるかも”というレベルの警戒心が必要になってしまいます。

美術館や博物館、さらにはアイドルの握手会での「撮影禁止」も全て無意味になります。

さらに動画が撮れるようになると、芸人さんがジェットコースターに乗ったときに頭の横につけるカメラが不要になるので楽そう。とか。

 

2、ひとの顔を覚えなくてよくなると、メッチャ楽。

Google eyesが実用化されたとしたら、僕が一番助かるなぁと思うのは、ひとの顔を覚えるときです。
新しいひとと知り合うのって、普段は一ヶ月に一人もいないんですが、イベントとかちょっとしたパーティとかで、一気に多くのひとと新しく知り合うことになります。
そもそもそうしてまとめて知り合うひとって、後々に重要な関係になることって少なくて、その場の社交辞令で名刺を交換したり、Facebookで繋がったりするので、顔を覚える必要なんてないといえばないんです。でもたまにそうもいかないこともあるし、仕事の関係だと相手の顔と名前が一致しないのは死活問題になったりします。

相手の顔をGoogle eyesで撮影しておいて、名前だけタグ付けしておいてスマホにでも保存できていれば、なるほどこれは便利。
とりあえずFacebookで繋がっておこう。と思っていても、顔をオンラインに公開しないひとの方がまだまだ一般的です。そうなると、Facebookに表示されるわりに、このひとが誰だか全然思い出せないこともあります。これを防ぐのにGoogle eyesは役にたちそう。
会うひと会うひとスマホでパシャパシャ撮れないけどね。

けどそういう真面目な目的だとしても、勝手に相手の写真を撮ってることは相手には知られない方がよさそう。誰だって自分の顔を勝手に撮影されて気分のいいモノじゃぁありませんからね。

 

3、複製されたデータの価値は下がる。体験せねば!

コンタクトレンズ型のカメラが実用化されるまでもなく、世界中のあらゆるモノや景色をデータ化したものを見る事は、容易になりました。
画像検索すれば、見れないモノはないし。
youtube検索すれば、聞けない音楽はほとんどありません。
Googleストリートビューで、世界のほとんどの場所の景色を“見る”ことができます。

こうしていろんなデータがインターネット上で入手できるようになると、あたかもそれで全てを手に入れ、全てを知っているような気分にもなります。

こういう時代に価値が生まれてくるのは「ライブ」であり、「生」の体験です。
あるひとのことを全て知っているように感じても、実際に会って息遣いを感じることで初めて得られるものもあるでしょう。
あるアーティストの曲を全て聞きこんでいても、ライブ会場に行かなければ得られないものもあります。

そうして得られたモノは「感動した」とか「こんな感じだった」と誰かに伝えようとしても絶対に伝わらないモノです。複製不可能なんです。
文字も画像も音声もなんでも複製されるインターネット社会が広まれば広まるほど、相対的にその「体験」が価値を持つようになります。

検索窓に言葉を打ち込みさえすれば全てが得られるような気がするからこそ、それらを有効活用しながらも、自分の足で出かけて自分だけの体験を積み重ねていきたいですね。

という、Google eyesとはなんの関係もない結論に落ち着きましたとさ。

では、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしています!

毎月1日に電子書籍を発売してます!

8 件のコメント

  • 追記
     私は、自他ともに認める 誰よりも「新しもの好き」です
    単に、決して新しいものに対する拒絶ではありません。glassやeyesを問題視する訳は 携帯ならカメラで取る行為は携帯を構えてることで相手が写真を取る行動がわかる、知らない人が私に携帯を向けて写真を撮ろうとしてたら「やめてください」って注意できる また、他のアクションしてても携帯でなにかやってる事 見て取れますよね。 しかし、glassやeyes って写真を撮る行為が相手に 認識されづらい また、他のアクションしてても何やってるか推測できない このようなシチュエーションで見知らぬ相手が私の前でglass 越しに私の方を注視してたら スゴック不気味で 不愉快です。相手が何をしてるのか解りづらい状況を作り出してることに絶対に不安を感じるはずです。『そこが、問題』それは便利な機能を優先する以前のモラルの問題では無いでしょうか?そこら辺を解決できてない状況で 運用させようとする事に憤りを感じてるのです。使う人は、全く意識せずとも 相手として対峙する人の気持ちを考えた上で問題なしと 判断してるのかな? 実際にそうしたことでトラブルになってる記事ありますよね。Google はその辺の問題を完全にクリアしての開発なんでしょうか実用化となると非常に問題になるのでは。 目の前の人が google glass らしきものをかけて glass の縁に指触れてたら 何をしてるのか理解できない事に 私は、不安感 不気味さ 恐ろしさを感じるのですけど。 コレって、私が異常だからでしょうか?
    ガシェットの形状や補足動作に対する 周辺の人間の心理をよく考えた上で 開発すべきではないでしょうか?
    じゃ、また…

    • ♪えっ?! ナニ、何? jobsの友達さん
      なるほどですね。
      一理あります。僕もその感覚は共有できます。

      ちょっと思ったのは、日本の、特に都市部は電車移動が多いけど、アメリカは電車よりは車社会だから、「向かいに座ったひとが云々」という議論がわかなかったのではないでしょうかね?
      電車で向かったひとがgrassやeyesをつけてるのは確かにいやですが、車や、街の歩行者ならそんなにイヤな感じもしない・・・。と、推測でした。

      確かに、僕も電車の向かいのひとがこれを操作してたら、ヤですねぇ。

    • あっ、そうそう 昨日の 「iPhone5の一部に不具合」ッテ件だけど
      私のiPhone5 どうかなって? 検索したら コレが見事に 「ビンゴ!!!」実際は私の端末にはボタンの不具合出てないけど、なんか商店街のクジに当たった感じで、嬉しくなちゃったホントは 良くないのにネ で 嬉しくなっappleに電話して5月2日からの交換プログラムの手続とったよ!早くどんな手続で、どうなるのか興味津々 ゴールデンウイークはこれで楽しめそうです!!! チープな楽しみだけどネ。

        • 先程は早まって送信しちゃいました。
          ふじさわさん、以前のブログの頃よりROMしていました。
          今回はえっ?! ナニ、何? jobsの友達 さんのコメントへの横槍です。

          実は私のiPhone5もビンゴでした。
          先のAbroさんの記事が日本でも適用されるかもと思いコメントした次第です。
          多分同世代で似たような考えの方もいるんだなーと何時もコメントを楽しみにしています。

  • ■絶対に実現しないだろうけど「Google eyes」 …..云々
     何だと!?!?!?
     う~ん 何でしょう「Google eyes」であれ「Google Grass」なんか、馴染めない興味が持てない 持ちたくない 私の価値観から見てどうも認めづらい、そりゃ便利と言えば便利かもしれないけど 不愉快さを感じるガシェットです? 視覚に障害がある人に視覚を補助的にサポートするウエアラブルなら大歓迎だけど、特に「Google Grass」なんか不純な感じそんなもんでパシャパシャ無音で写真取られたり他の情報をそこに投影させるのはいかがなものでしょう、私には到底受け入れられないガシェットです。今のままのコンセプトであれば、私は決して、そして絶対に利用しない!!! 考えただけでイライラします。こんなもん本気で開発してるGoogle って嫌いな企業になりました。以前は好きな企業だったんだけど「Google Grass」からは嫌いになりました コレかけて私の前にGrassの縁に指なんぞ当ててる人がいたら速攻ぶちのめしたくなります かなり本気!!!。そんな代物とでしか見えないモノです簡単にいえば携帯しながら人と対峙するようなものですよ!こんな人を馬鹿にしてふざけた感じ許せない、それにあのデザインが大嫌い「馬鹿か」ッて思うほどひどい。どう見ても相手を見下げてる感じで大嫌いです。
    このコメ書いてるだけでも、腹が立ってます。個人的な見解でした乱暴狼藉ご免 m(__)m 
    正直、こんなふうに感じる奴もいるってことです。

     話題を変えて GILLE が3枚目のカバーアルバム出したよ 70”〜80”の女性ボーカリストのヒット曲 今回も英語でカバー 私の世代には懐かしい曲ばかりだよ。コレ聞いて気持ちリラックスさせよ〜っと。
    あっ、そうそうjyA-Me(ヤ-ミ)って子の「With.Me-Duet Cover」もチョット前のアルバムだけど この子もなかなかオススメです。音感が半端ないあたりまえだけど
     じゃ、また…

    • ♪えっ?! ナニ、何? jobsの友達さん
      はは〜っ。えっ?! ナニ、何? jobsの友達さんらしいコメントですね!

      僕もその感覚はとってもわかります。けど、スマホが登場したころ(いまもかな?)に、「あの、電車の中でシュッシュッと手裏剣みたいにやってるのが気にくわねぇ」という方がいましたが、それと質的に同じものですよね。新しいものに対する拒絶。

      まぁ僕も、grassやeyeswをつけたまま他人と向き合うようなマネは、絶対にしたくないと思います。いまは。

      ジル、いいですよね〜。
      僕は最近、KOKIAに癒されまくってます。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。