ググってる場合じゃない!プロに聞いた方がいい(場合もあるよ)。IT系初心者向け無料勉強会のお誘い。

株式会社イーガオ

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

今日は、僕がお世話になっている会社を紹介しつつ、そこの会社の新規事業へのカンタンなご招待です。
全体像をザックリ紹介すると

「IT系の困ったことをなんでもプロに聞けるチャンス!」ですよ。

僕がお世話になったエピソードから紹介します。

目次
ーーーーー

1、ブログをいじれないブロガー
2、株式会社イーガオ
3、誰でも来てね!

ーーーーー

1、ブログをいじれないブロガー

ふじさわブログは「ワードプレス」というヤツを使って作られてます。
これはアメブロとかfc2とかと似ていて、ITのことがなんもわからないひとでもブログを作れるシステムです。

しかし悲しいかな、ITのことがなんにもわからないゆえ、ブログの細かい部分には手をつけることができない部分もでてきます。
「プラグイン」とか「ウィジェット」とか呼ばれるものを使ってなんとかやりくりはするのですが、限界があります。

この部分の、このレイアウトを変えたい・・・ とか、
こことここの間に広告いれたいのに・・・ とか。

本当に細かい部分の編集までは手が回らないので、いつも歯がゆい思いをしていました。

 

そんな中、フィリピンの語学留学で知り合った青年S君からこんなお誘いが。

「僕がWebエンジニアになるために勉強させてもらってる会社があるんです。」

「そこで、プロのエンジニアの方々になんでも質問させてもらえてるんですが、ふじさわさんも来てみませんか!?」

これは僕にとって夢のようなオファー。

ワードプレスの裏側のソース言語の部分て、いじりたいけど全くいじれない。ちょっとでもいじって壊しちゃうと、ページ全体が見れなくなっちゃったりする。オーマイガー。
友達のホームページを作っててこうなってしまった経験て多いし、自分のブログでも冷やっとしたことは何度もあります。

そんななか、隣にプロのWebエンジニアがいて、「僕のページ、こうこう、こういう感じにしたいんですよー。」
と言いながらソースをいじってもらったり、いろいろ教えてもらえるなんて、なんという恵まれた環境!

ということで青年Sに誘われるまま遊びに行ったその会社はこちら。

2、株式会社イーガオ

株式会社イーガオ

株式会社イーガオ

ロゴかわいい。

株式会社イーガオ

真ん中が社長の田中さん。右が僕。

株式会社イーガオ

明るいエンジニア達。

僕の勝手な思い込み(というか世の中の大半がそうなはず)として、

「エンジニアとかSEって、暗いひとが多そう」
「コミュニケーションとれるか不安」
「身だしなみとか不潔そう」

って思ってたんですが、全然そんなことなかったです。

代表の田中さんもそういう世の中の空気をわかってらっしゃって、「そういう雰囲気を無くしたい」と言っておられました。
具体的には、月に5000円くらい「服飾手当」を支給して、それを清潔でキレイな服を買うのに使おう。という案が出たことまであるそう。前衛的!

で、実際に僕が会社を訪れても、ダルンダルンのTシャツのひととかひとりもおらず、
みなさんオシャレで清潔で、コミュニケーション能力も高い方ばかりでした。

それでいて、僕の「ここをこうしたいんだけど」というワガママな要望にも実に丁寧に答えてくれて、
その日はめん〜〜どくさい作業が2つも終わって、気分爽快でした。

自分ひとりだと何時間もググらなきゃいけない場面でしたが、プロに聞けば数分で解決。みんな、ググってる場合じゃない(ときもある)ぞ!

3、誰でも来てね!

ということで僕がこの日なぜ呼ばれたかといいますと。

株式会社イーガオさんが、新しく「イーガオスクール」という事業を初めるそうで。
会社内に10人以上いるプロのエンジニアの方々が、それぞれの知識を必要な方に提供しますよ。という場です。

いまはお試し期間中で、お試し第一号として僕が呼ばれました。
で、このイーガオスクールのお試しメンバーを募集してます。

以下が概要ですので、ふじさわブログの読者さまどうぞ〜。

 

日時:2015年7月の毎週土曜日(4日、11日、18日、25日)
10時〜17時くらい

場所:新宿駅から徒歩15分のイーガオオフィス。

料金:無料(8月以降は1000円/月にする予定)

対象:誰でも。学生さんもOK。僕のリアル知り合いも、ふじさわブログ読者もOK。
IT系、プログラム系、などなどの質問や疑問がある方。プロのエンジニアに話を聞いてみたい方。
例:Webエンジニアになりたいけどなにからはじめればいいかわからない
自分が運営してるブログのソースコードをいじりたい
既にエンジニアだけど、新しいスキルを身につけたい。
Webアプリを作りたい

取り扱い言語:java、php、ruby、html、css、vb、C# などなど・・・

申し込み:お問い合わせフォームから
●氏名 ●参加希望日時 ●(可能であれば)LINE IDなど
を記載して連絡してください。追って、待ち合わせ場所や時間を連絡します。

7月中は僕も参加する予定なので、生ふじさわに会えるチャンスでもありますw。

 

ということで今日の記事は以上です。

ちなみに僕は一人暮らしをしていますが、いままで炊飯器は持たない派でした。
このシェアの時代に。ものを持たない時代に。炊飯器持つなんてクールじゃねぇ!という謎の持論を振りかざしておりましたが、いろいろ思うところあり、購入しました。

発芽玄米もセットで買って。
すると、
「家に帰れば、美味しくて安くて体にいい食事があるのに、外食するなんて信じられない!」という、食の意識高い系にあっという間に辿り着きましたとさ。

では、またのお越しを、おまちしております!

毎月1日に電子書籍を発売してます!

10 件のコメント

  • こんばんは(^^)

    Googleは知識の宝庫ではありますが、やはり検索には限界がありますよね。
    僕も、いくら検索しても解決しないことがあった時に、
    専門に仕事をされている方に相談したら、
    あっという間に答えが出たことがあります。
    何でもかんでも訊くのは相手に失礼ですが、
    検索してもなおうんうん悩んでしまうなら、専門家に相談が1番ですね!

    炊飯器、持ってなかったんですね(゚Д゚)
    僕もあまり料理はしないのですが、炊飯器とフライパンだけは活用しています。
    炊きたてのご飯て美味しいですよね!

    • ♪まちださん
      そうですね。
      検索をフルに活用することと、専門家にすぐ意見を聞くのは、矛盾するように見えて、全く矛盾しない、どちらも大切な技術だと思っております。

      フォード自動車のヘンリー・フォードは、自分の部下に、それぞれの専門知識を持ったものを沢山用意し、彼らになんでも聞いていたそうです。

      僕もそうやって、「これに関してわからなければ、彼に聞けばいい」というひとと分野を増やして行く事で、人生を安定的に、効率的にしようともくろんでいるところです。
      もちろんその相手にも十分なメリットを与えつつ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。