■他人のほしいものリストを見て、ニヤニヤしよう。

えー、みなさんお察しの通り、この「欲しいものリスト晒し作戦」は、ひとつの僕のチャレンジというか、実験というか、暇つぶしみたいなものです。
「あと2日」くらいのところで、「クリエイターは、ムーブメントに乗るばかりではなく、自らがムーブメントを創り出すくらいになれ!」とか書こうと思ってることは内緒です。

で、かっこよく【AWD】みたいなのを掲げて、Twitterのハッシュタグで #AWD を使おうとしてたら先客がいまして。AWDって、4WD(フォーダブルディー、四輪駆動)のことなんですね。

#AWD

twitterで「#AWD」ハッシュタグ検索したらこうなる。

これじゃぁ、ただでさえ地盤のゆるい企画なのに、なにがなんやらわからんなるだけだわ。ということでAWD却下。

 

目次
ーーーーー

1、#WishList でつながろう。
2、他人のリスト見て、ニヤニヤしよう。
3、買わなくてもいい。

ーーーーー

1、#WishList でつながろう。

Twitterにはハッシュタグというのがあって、#(シャープ)のあとにつける英語とか日本語のことです。
このハッシュタグをつけることによって、「話題」で繋がることができます。これがFacebookとかmixiと大きく違うとこです。

ということで今回、欲しいものリストをTwitterに投稿する予定の方は、ハッシュタグ「#Wishlist」をつけましょう。
「#ほしいものリスト」でもいいんですが、せっかく国境のないTwitterを使うわけですから、英語です、えーご。「#Wishlist」ですぞ!

これを使うことで、9月10日にみんなで投稿したあと、Twitterで「#Wishlist」で検索すると、みんなが投稿したほしいものリストを眺めることができるわけですな。

2、他人のほしいものリストを見て、ニヤニヤしよう。

ということで、ここから本題になります。
【あと10日】の記事に頂いたコメントで、ほしいものリストについて書かれた記事を頂きました。

この記事は、僕の苦手なプライバシー関連について補完してくれてる、良記事です。。
アリカワブログ ほしい物リストの本名見えちゃってるけど大丈夫?設定ガバガバな人はこの機会に見直そう。

しかし僕が共感したのは、この部分。

そんな僕が楽しみにしてること、「ほしい物リスト観察」です。
結構面白いですよ。他人が今どんな物が欲しいのかとか、今どんな物が流行ってるのかとか、色々と知ることができ、何故か自分の物欲まで満たされる感じ。

ホント、その通り。他人のほしいものリストを見るのって、結構楽しいです。

素で面白いって部分もありますし、本人がウケ狙いで登録したのとかもあったりして、そこにはドラマがあります。
自分以外のひとがどんなものを好きなのかな?とか、
こんな商品も世の中にあるのか!と、驚きの連続です。

みなさんも、僕の欲しいモノリストを見て、「へぇぇ・・・こんなのもあるんだ。」と思ったというのは、知ってます。
他人の欲望や趣味を覗き見れる楽しいイベント。それが「ほしいものリスト晒し作戦」の別の面なのです。

3、買われなくてもいい。

で、ここまで読んだのと、
ここ数日の「欲しいモノリスト晒し作戦」を読んでみて、気づいたことはありませんか?

そう。この「欲しいモノリスト晒し作戦」は、お互いに商品を買い合って楽しもう。というイベントに見えますが、それ以外の楽しみ方もあるのです。

・まず、自分がリストを作って楽しい
・お互いに欲しいものリストを見せ合って、「ほほう。こんなのもあるのね。」と関心しあう。

そして、
・誰かが誰かにプレゼントを買ったらステキ
だけど、それは必ずしもなくても大丈夫よね。という感じ。

という感じなのが、ほしいものリスト晒し作戦の核となる楽しみポイントです。

「自分の欲しいものをSNSに投稿して、誰かが買ってくれるなんてムシのいいこと、あるわけないじゃない」
という大衆の声と僕の心の声が聞こえましたが、それでいいのです。

とりあえず、お互いのリストを見せ合って、楽しもう。
そして、お世話になってたり、感謝や応援したい相手には、なにかプレゼントしよう。

というのが「ほしいものリスト晒し作戦」なのです。おわり。

では、またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

オススメ記事&スポンサードリンク

人気ブログの記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ふじさわ

ブログでご飯を食べるようになってから4年目に入りました。 元ドコモ店員で、昔は「iPhone愛用中ドコモ店員」という名前でやってました。ノークレイジーノーライフ! 詳しいプロフィールはこちら