9月9日にAppleの発表会。iPhone6sを買うべきなのはこんなひとだよ!を説明する2つのチャート。

スクリーンショット 2015-09-04 20.36.20

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

先日、友人の引っ越しの手伝いをしました。友人の新たな出発を共有するのは、清々しい経験でした。
僕はもうちょっとで自分のプロフィール欄とかに「好きなこと:友人の引っ越しを手伝うこと」と書いちゃいそうなくらい、友人の引っ越しを手伝うのが好きです。

その人物の全ての持ち物を見ることになり、新しい部屋と古い部屋を目にする。
ひとりの人物の「過去」と「未来」。そして「変化」をこれほど生々しくリアルに目の当たりにできるイベントは、他に思いつきません。

ところで僕は、その友人がもう見なくなったテレビをもらうことになりました。結構イイやつなので嬉しいです。
面白いのは、ちょうど一年ほど前に、僕が東南アジアの旅に出る時に自分の持ち物を全て友人にあげたんです。冷蔵庫、洗濯機、そしてテレビも!

そして一年経った今回、別の友人からテレビをもらったというわけです。うまくまわってるなぁというか、うまいことできてるなぁと思いました。

鈴木大介さんの「最貧困シングルマザー」では、地域・家族・制度の3つの縁を無くしているシングルマザーの話が書かれています。
シングルマザーと対比して描かれる「マイルドヤンキー」は、所得は同じように少ないけど、これら3つと十分に繋がれている。という話でした。

「引っ越しを手伝い合える友人がいる」とか、「不要になった家電や家具をもらえる」というのは明らかにマイルドヤンキー的ですが、所得とは別の面で日常生活を支えてくれる重要な要素だと感じました。

では、目次からどうぞ。

目次

ーーーーー

1、9月9日にAppleの発表会。
2、あなたはどうすべきか?
3、真実のチャート

ーーーーー

1、9月9日にAppleの発表会。

9月9日に、Appleの新製品発表会があるそうです。
発表が期待されてる機種と、僕の一言メモです。

・iPhone6s (iPhone6とほとんど変わらない)
・iPhone6s plus (iPhone6 plusとほとんど変わらない)

・iPad pro (13インチのデカいiPad!)
・iPad mini4 (いままでより薄いiPad mini)

などのようです。
もちろんまだ全て噂の段階なのですが、「噂」の段階でもかなり真実に近いということはこちらの記事に書きました。

ということで、一週間後の9日にはこれらの機種が発売される前提で話を進めましょう。

2、あなたはどうすべきか?

結局、どんなアップグレードがされようが、どんなハイテクの機能が搭載されようが、ほとんどのひとにはあまり関係ありません。
この章では、「あなたは、どの程度これらの新製品に関わるべきか?」をチャート形式で解説します。

●いまiPhone6、6plusを使ってるひと → ぜんっぜん必要ない。

よっぽどの最新機種好きじゃなければ、必要ありません。きっと6sデビューしても、変化に気づけないレベルになると思う。今回はスルーでOK。

 

●iPhone5,5s,5cを使ってるひと →  で、→ そのサイズが気に入ってるひと → そのままが良いよ。

僕は1年前に5sから6に変更しましたが、その大きさが不快でした。寝転がって天井に向かいながら使おうとすると、手を滑らせて顔面に落ちてきそうになる感じです。
そのあと、僕は5にダウングレードしちゃったし。
「みんなが大画面使ってるから、別に大画面でも平気やろ〜」と思うのは、間違いです。5のサイズの手頃さ使いやすさは、ハンパじゃなく快適なんです。もちろん、画面が大きいことのメリットも大きいですが、僕はオススメしない。次の項目に該当しないのであればの話。

●iPhone5,5s,5cを使ってるひと → で、もう動きもカクカク、フリーズしまくるひと →6sシリーズか、安くなった6シリーズにしましょう。

少数派ではありますが、5の発売からもう3年が経とうとしてるので、3年近く使われてるiPhone5も世にはあるわけです。
もしあなたが使ってるiPhone5や5sが「脳みそについてこない」状態で、iPhoneの動きが日常生活のボトルネックになっているのであれば、今回が買い替え時です。

発売されたばかりの6sシリーズを手に取るのは良い選択ですし、きっと安くなるであろう6シリーズに変更するのも良い選択です。

 

●iPhone4,4sを使ってるひと → 大人しく新機種に変更しましょう。

いまでもiPhone4や4sを使っている方は、日常的にスマホのもっさり感によるストレスを感じていることと思います。
そろそろ古い機種にお別れを告げて、6sシリーズでも、安くなった6シリーズでも買い替えましょう。5sシリーズでももちろんよし。

●いまはiPhoneじゃないけど「iPhoneもいいかもなぁ」というひと → 6sシリーズでも6でも、どうぞデビューしてください。

そもそも今日の記事を書こうと思ったきっかけが、前回の記事に友人から頂いたコメントです。

きのうふらっとビックカメラに寄ったとき、ソフトバンクの店員さんにいろいろ教えてもらった〜!
来月XperiaからiPhoneに変えようと思ってるって言ったら、6sはマイナーチェンジだから、今は我慢して7にしたほうがいいよって。

おいおい。ビックカメラの店員さん。タイムスパン長すぎやろ。
まだ6sも正式に発表されてないのに、7をオススメするって。

僕はそんな気の長いスパンでは物事を考えません。かといって、「6sはマイナーチェンジだから〜」という理論もわかります。というか「マイナーチェンジ」なんて言葉をお客様に対して使う時点で、親切とは思えませんが。

マイナーチェンジ=大きな変更は無く、小さな手直しがされた程度の新製品のこと。

いまiPhoneじゃなくて、「iPhoneもいいかなぁ。」と思ってる方は、新機種を買う快感が欲しいなら6sシリーズ。コスパ重視なら6シリーズを買うのをオススメします。

●そもそもスマホがカクカクすぎる → なんでもいいから新しいのにしましょう。

現段階で、まだカクカクとフリーズするスマホを使ってるということは、よほど日常生活でスマホに頼る場面が少ないか、金銭的な面で良い状況では無い方でしょう。

そんな方々は、口では「これで十分」とか「別になんとかなってる」と言います。「他にタブレットとか持ってるし」とか言いますが、やはりスマホが、あるレベル以上滑らかになることによって見える可能性は大きい。気になったことを、サッと調べられるのは、やはりスマホですから。

まだカクカクスマホな方々は、もちろんiPhone6sや6でいいのですが、そこまでのテンションがないからそういう現状なわけです。
とりあえずは、僕が問題なく使えてるZenfoneシリーズでもいかがでしょうか?コスパはいいし、iPhoneの9割くらいのパワーはありますよ。

3、真実のチャート

2章では、タブレットやパソコンの使用頻度など、スマホと平行して使われるデバイスについては触れていません。
僕がiPhoneの9割程度の満足度しかないZenfoneを使っているのは、Mac book AirとiPad miniを触る時間が圧倒的に長いので、スマホはコスパ重視にしているからです。

このように、「スマホ、機種変する?」という議論はもう少し複雑なのですが、2章のチャートは、いくらかの参考にはなるかと思います。

 

で、僕がここで声高に主張したいのは
「スマホの性能をちょこちょこ上げるより、タブレットひとつ買う方が、見える世界はグンと変わるよ!」
ということです。

2章ではいくらか「iPhone6や6sに買い替えるといいよ」という話にはなりましたが、実際にはiPadを手に入れた方が、生活の質は圧倒的に変わることがほとんどです。
過去にもいくつも記事を書きましたが、スマホ触ってる時間が一日2時間を超えるような方は、iPad買った方が絶対に効率上がりますから。miniかAirか、Proかという議論は置いといて。
iPad miniをオススメする記事

ということで真実のチャートはこちら。

 

●9月のAppleの発表に合わせて、5万円前後を、自分のデバイス環境を良くするために使う気がある?

NO → 関係無し。寝ましょう。

YES → 次へ進む。

●いまのスマホが、カクカクしてたり、日常的に気になるくらいフリーズする?

YES → iPhone6か6sか、そのへんを買いましょう。

NO → iPadシリーズのいずれかを買いましょう。

以上です。

実際には、iPad mini 4はマイナーチェンジだろうし、iPad Proはディスプレイが巨大でクセのある商品なので、iPad miniの2や3、Airで十分ということもあります。
僕ももうすぐ2年になるiPadmini2を、毎日4時間くらいは眺めてますし。

最新機種でなくてもよい、となると数万円は抑えられますから。

ということで今日の記事は以上です。
残暑を味わいつつ、9日のAppleの発表を待ちましょう。

では、またのお越しをお待ちしております!

ーふじさわの今後のイベント情報ー

毎月1日に電子書籍を発売してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。