[公開日]2015/09/05

■あなたのサイフの中の金をどう使えば、あなたは幸せになれるのか?【欲しいものリスト晒し作戦まであと5日】

ここ数日で気になるニュースはこれですね。youtubeに有料会員が取り入れられるとかられないとか。

「YouTube有料化」説が広がる 実際は「YouTubeが有料会員サービスの導入を検討」報道なので注意

むしろ「youtubeが有料化される」という噂の方が大きく流れましたが、10億人ものアクティブユーザーのいるyoutubeが、わざわざ大幅にユーザー数を削ることになる有料化をする可能性はありえません。
今回は「一部に有料サービスが導入される」という段階で、9.99ドル/月で広告が表示されなくなる、というもののようです。

僕はまさしくこの有料サービスの対象となるユーザーで、毎日youtubeで「作業用 ○○」と打ち込んでは、2時間とか3時間、流しっぱなしです。
気分良く音楽を聞いているのに、途中で(しかも15分ごととか!)銀行口座開設のCMとか、車買いませんかのCMとか、やたらとうるさいスミノフレモンのCMが流れます。それらのCMを全く気にしなくてよくなるのであれば、月に1000円やそこら、喜んで払います。

まだ、正式にはなにも決まっていないようですが。

では、今日の目次です。

目次
ーーーーー

1、金で幸せを買おう。
2、誰かのため。
3、欲しいものリストは、幸福リスト。

ーーーーー

1、金で幸せを買おう。

現代は価値観が多様化していて、10も年齢が違えば考えてることは全く違うし、地方と都市部でも価値観が違いすぎて、お互いに歩み寄るのに多大な労力が必要です。
しかし幸いなことに、根底にある価値観まで掘り進めば、みな考えてることは同じです。

それは「幸せになりたい」の一言に尽きます。

しかしどうでしょう。僕たちは、現代人は幸せになれているでしょうか?
いや、幸せになるために、正しい活動ができているでしょうか?

幸せになるための時間の使い方。
幸せになるための話し方。
幸せになるためのお金の使い方・・・・。

人生を構成するあらゆる要素は「幸せになる為に」存在するはずなのに、僕らはそれがヘタッピです。

「怒られないための」時間の使い方。
「波風たてないための」話し方。
「できるだけ失敗しない」お金の使い方・・・。

日本人である僕たちは、これらが大得意。「国民性」などという謎の要素がそこには介在しますが、とにかく日本人は「幸せになるための」ことより、他のことが得意なひとが多い。
それは全然、悪いことじゃありません。

ただ、今日は僕が「幸せになるためのお金の使い方」を提案します。
ただの提案なので、気に入らなければムシすればいいし、少しでも試そうかな、と思ったら、どうぞそのサイフの口を開いてみてください。

そう。金で幸せを買う方法を教えます。

2、誰かのため

この話題は以前も別の記事が書いたことがあるので、ヘビーな読者は気づいていることと思います。
■LINEクリエイターズスタンプを衝動買いした雨の日。幸福を金で買う方法。
「他人のためにお金を使う」ことで、僕たちは幸せになれます。確実に。長期的に。コスパ良く。

そのときにも紹介したTEDの講演の日本語書き起こしが、こちら。

TED マイケル・ノートン: 幸せを買う方法

ここで改めて確認できるのは 幸福感を得るためには お金の使い道よりも だれかのために使ったという事実の方が 重要だということです

この講演では、「お金をどのように使えば幸福感を感じられるか」という複数の実験結果を端的に報告しています。
そもそも「幸せ」というのは主観的な感情で、「自分の感じてるこの気持ちと、相手が感じた気持ちで、どちらがより幸福か」ということは、意味のない議論です。数字で表せませんからね。

しかしいま重要なのは数字ではなく、「そういう風に感じる人が多い」という事実で、この実験でも、他の様々な報告でも、僕の実体験でも。
お金を誰かのために使うことで、自分のために使うよりも幸福な気持ちになれる。

ということはほぼ確定していると言えます。

 

最近僕がハマって、勝手にライバル視してる坂爪さんという方の名エントリーに、これがあります。
いばや通信 「センスのある損」をする奴が新しい。ー LOSS IS MORE!(服を選ぶように損を選ぼう!)

ちょっと長い記事ですが、タイトルがその独自の切り口を表しています。

 

僕が「金で幸福を買う」と言うのはわざわざ昭和な言い方してますが、平成っぽく言い換えると、「自分を気持ちよくするお金の使い方」という感じですかね。
とにかく「欲しいものリスト晒し作戦」も、「誰かのためにお金を使う」も、かなり新しい価値観だけど、ワクワクするし、僕は押し薦めて行くのです。

3、欲しいものリストは、幸福リスト。

 

幸せ 金 ほしいものリスト

らくがきたのし。

みなさんのSNSにタイムラインに、「他人のほしいものリスト」が流れてきたら、それは「金で幸福を売っている」リストだと思ってください。

この落書きでは、なんとなく「more」「Most」などという書き方をしましたが、実際は違います。
例え500円で買った「HAPPY」でも、そのハッピーの大きさは10000円と大差ありません。もちろん10000円分のプレゼントをした方が大きな幸福を得られるでしょうが、そこに20倍もの差はありません。せいぜい2倍くらいでしょう。

今日のこの記事を書くにあたって、その「HAPPY」の気持ちを思い出すため、友人の欲しいものリストからプレゼントを買ってみました。1000円足らずのプレゼントでしたが、やはり心の中に生まれる幸福感はなにものにも代え難いです。

そして信じられないことに、半年ほど前にも僕は友人にほしいものリストからプレゼントしたんですが、そのときのことを思い出すだけで、今でも心の中がほんわり温かくなるような気がします。これを「幸せ」と呼ぶのかはわかりませんが、心地よい気持ちになります。たった800円くらいだったのに。

 

ほしいものリストは、幸せな気持ちを金で買えるリスト。
それも、相手ではなく、あなたの幸福です。金を払うあなたが、友人にプレゼントすることで、幸せな気持ちを買うのです。

「喜んでくれるかな?」と、注文した瞬間から思います。

「そろそろ届いたかな?」と思うたび、幸せな気持ちになります。

「ビックリするかな?」という気持ち、しばらく味わってないんじゃないですか?

いままで、お金をおいしい食べ物を買ったり、綺麗な洋服を買ったり、美容院に行ったり、旅行に行ったり、車を買うために使ってきたことと思います。
これらも、それなりにみなさんを幸せにしてきたとは思います。

しかし、今回みなさんが目にするリストは、それらのどれよりも高いコストパフォーマンスで、みなさんを幸せにしてくれるでしょう。
もちろん、自分の家計にとって打撃になるほどのお金を使っては本末転倒なので、むやみに買いまくればいいわけではありませんが。

それでも、それぞれが許す範囲でお互いにプレゼントを贈り合う文化が生まれれば、それはそれは素晴らしい未来になると思うのです。
欲しいものリスト晒し作戦まで、あと5日!

今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

セール

セール

クラウドファンディング挑戦中です。コンサルリターンもあります。

クラウドファンディング挑戦中です。コンサルリターンもあります。






人気ブログの記事をシェアしよう!