[公開日]2015/09/11

■「「欲しいものはこれっ!買ってね!」なんて、なに調子のってんの?バカなの?」と言わせておこう。

ほしいものリスト

みんなありがとーうぅっつ!!

誕生日おめでとーう!ぼくー!
ということで昨日、9月10日に28歳になりました。

そして、プレゼントもいっぱい頂きました。
せっかくなのでもらったもののレビューも書きたいんですが、それはまた今度ゆっくり。

 

次。これは最近のこのブログのアクセス数です。

アクセス数 iPhone6s

やっぱみんな気になるのね。

昨日は僕の誕生日だし、「ほしいものリスト公開作戦」でしたが、なんといってもAppleの新商品発表会でしたね。
iPhone6sとか発表になったわけです。

僕が使ってるグーグルアナリティクスというアクセス解析ソフトは、アクセス数の画面をブログに公開しちゃダメなんでこうして絵に書きましたが、昨日はこのブログのアクセス数も爆発しました。
どういうキーワードで来たのかとかは調べてないんですが、とにかく「みんな、やっぱ気になるんやなぁ。ツンデレやなぁ」という感じです。

iPhoneの新商品とかについては、みなさんいくらかは調べてると思いますので、後日ゆっくり書きます。

ということで今日の目次からどうぞ。

目次
ーーーーー

1、まずは本音。
2、なに調子ノってんの?バカなの?
3、そんなもん、雰囲気。

ーーーーー

1、まずは本音。

「ほしいものリスト公開作戦」が終わりました。
振り返ってみると、「#wishlist」とSNSに投稿してくれたひとは、片手で数えられる程度でした。

もちろんそれはTwitterで検索しただけで、FacebookなどそれぞれのSNSを使ってたのかもしれませんが、
全体の印象は「ほとんど誰も、自分のほしいものリストを投稿してない」という感じでした。

これ自体は、僕の発信力不足とか、企画の詳細がダメとかいろいろありますが、
まずは本音を言わせてください。
いざ自分の誕生日になると、


「なにがもらえるかなー?」で頭の中いっぱいで、他のひとのことなんてどーでもよくなってました。

ええ、そういうもんなんですね。人間って。

だからといって僕がいままで書いてきた「ほしいものリスト公開するのっていーよ!」という持論に一片のウソもなく、どちらも本心です。
これからさらにジワジワと大胆に「ほしい物リスト、作って公開しなよ!」というスタンスを取り続けていこうと思います。

だってこれだぜっ!?

ほしいものリスト

このうちのひとつは自分が注文したやつだったとは、言えない。

2、なに調子ノってんの?バカなの?

で、昨日は僕の友人の中でもかなり賢者な男が遊びに来てくれました。
そこで「欲しい物リスト公開作戦」についても話したんですが、また新たな発見。

「やっぱり普通のひとは、「自分の欲しい物は、これです!買ってね!」なんて、恥ずかしいというか、調子ノってるって思われるし、書けないよね」

なるほど納得。そりゃそうだ。
僕はこうしてブログを書いて目立ってやってるので、調子ノってるって思われるのが仕事みたいなとこあるので(!?)なんともないんですが、普通はそうですよね。

この1年で、僕の友人の何人かがそれぞれのSNSに欲しい物リストを投稿してたんですが、みんな「そんくらい、へでもないっす」な男前の生き方をしてる方ばかりでした。自分でビジネス起こしたりとか、自分のブランド立ち上げたりとか。
会社員とかアルバイトとか派遣社員とか主婦で「自分、無害っす。すいません。」な生き方をしてる方にとって、突然自分のSNSに「これ、僕のほしいものっ!エヘ♪」なんて、書けっこないよなぁというのが正直な感想です。

 

これは別にいい悪いじゃなく、「習慣」の問題です。
いつも「他人の目を気にせず、やりたいように、出る杭(くい)として生きてるか」、いつも「できるだけ無害に、波風をたてずに、周りに同調して生きてるか」という習慣。

日本人の国民性もあるし、会社という組織にいる以上、波風をバンバンたてるわけにもいきませんからね。それはそれで。

 

で、僕の友人や読者で、僕に対して「なに調子ノってんの?バカなの?」と思うようなひとはひとりもいないと思いますが、ひょっとしたら、ふらっと検索で辿り着いて、このブログを見て「バカなの?」と思ったひとはいるかもしれません。

自分の欲しい物リストを公開して「買ってね♪」というひとに対して「なに調子ノってんの?」というのは、ごく自然な感情だと思います。僕も一番最初にみたときは、少しだけ思ったもん。

 

3、そんなもん、雰囲気。

けど想像してみてください。みなさんがいつも見てるSNSのタイムラインに、ズラズラと

「私のリストはこれー!→URL」
「結婚したからほしいものリストでーす!→URL」
「出産祝いくださーい!→URL」

と並びだして、AKBや、あゆやジャニーズやお笑い芸人が

「みなさん、無事に第一子を出産しました!→URL」
「私の生誕祝いでーす!よろぴく♪→URL」

と投稿しだしたらどうなるでしょう。

さっきまで「調子ノってんの?バカなの?」と言ってた人々は、いつの間にか「僕もこれが欲しいです!→URL」と投稿してることでしょう。
こうやって「雰囲気」が作られていくわけです。

雰囲気に流されてるひとなんて、無視していいんです。僕たちは雰囲気を作るために行動してるんですから。

 

言ってしまえば、「ご祝儀」とか「香典」とか、全く持って「雰囲気」に支配されてるんですよね。
「文化」と言えば聴こえはいいんですが、雰囲気です。気分です。ご都合です。
しかもご祝儀も香典も、主役の手に渡るんじゃなく、結婚式業者とか、葬儀屋さんの手に渡るわけですよ。クレイジー!!

けど誰も、ご祝儀に対して「え、結婚しただけで3万円ももらいたいの?調子ノってるの?バカなの?おれが働いて稼いだ金だぜ」とは言いません。
なぜならそこは「雰囲気」が支配してますから。

 

つまり僕は現代に「自分のSNSにほしい物リストを投稿して、プレゼントを贈り合う」という文化、雰囲気を作り出したいと思ってるわけです。
もちろん僕ひとりの力でそんなことできるわけないんですが、いろいろな要素を組み合わせると、そういう方向に向かってるように思うし。

そういう雰囲気になるまでは、リストを投稿したひとは「バカなの?」と、けなされる可能性はあります。
けど、その程度の攻撃、へでもない。計算のうち。残り香。
僕は「文化」を作るための仲間を募っていたわけですから。そんな批判に負けない勇者を募っていたことに気づいたのです。

「文化」が出来上がったあとに行動するのはカンタンです。みんなやってるんだから。
けど文化が出来上がる前に、文化を創るために行動したひとは、勇者です。

 

そもそも僕の誕生日である9月10日に、一斉に欲しい物リストを投稿しよう!
というのが、意味の薄い企画でした。

なので次は、みなさんひとりひとりの誕生日、出産、結婚、転職、引っ越しなどなどに、それぞれのSNSに欲しい物リストを公開してみてください。
そして、新しい文化を作る勇者のひとりになりましょう。

そのリストが僕の視界に入ってきたら、ささやかでもギフトを贈らせて頂くと思いますが、はやく「友達みんなにはとてもプレゼントできないよ〜!」という状況になってほしいものです。

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

まだまだ、プレゼントはお待ちしてますよー!( ´▽`)ノ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!







ふじさわ、過去最大級のチャレンジ中!

ふじさわ、過去最大級のチャレンジ中!

人気ブログの記事をシェアしよう!