■【7年経っても1.2】レーシック手術リアル体験談 第2話「失明はしない」

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

僕が7年前にしたレーシック手術について連載で書いてます。今日は2話目です。
いまでも視力は1.2あります。

では、目次からどうぞ。

目次


1、資料に埋もれる。
2、ネガティブ情報
3、申し込みした。


1、資料に埋もれる。

2008年6月。社会人になって2ヶ月が経とうとしていたころ、僕はレーシック手術の資料を取り寄せまりました。
ネットで調べて、片っ端から「資料請求フォーム」に自分の住所を打ち込みました。
といっても何十社もあるわけではなく、しっかりしてそうな5社。

5社から届いた資料をじっくり見た感想はというと。
「どれもいっしょに見えるわー!」
でした。

それは僕がまだ20才でアタマが悪かったからではなく、カタログとかパンフレット特有の「いいとこしか書いてない」という性質からです。
いまでも、ドコモショップとauショップとソフトバンクショップに行ってカタログをもらってきても、どこがいいのかなんて決められません。
どこも似たようなサービスを、似たような価格で提供してるわけですから。

決定のための明確な基準がないときに、多くのひとが頼る基準を採用しました。
つまり「一番有名」「症例数ナンバー1」です。

この基準を用いることでいつも正しい結果に辿り着くとは限りません。しかしそもそも「正しい結果」があるかもわからないし、このときの僕にはこの基準以外に頼れるものはありませんでした。
そうして選んだのが
「品川近視クリニック」でした。

一番有名で、症例数ナンバー1だし、検索しても一番に出てくるし。(あれは広告だったのかもしれないけど)

2、ネガティブ情報

ネットで調べれば、当然ネガティブな情報も多く目につくようになります。
「事故」「被害」「失敗」「難民」・・・・
ここに書く必要もないくらい多くの情報があります。

では、それらを僕がイッパツでだまらせてみましょう。

コンタクトだって十分に危険ですから。

毎日毎日、自分の目を、消毒もろくにしてないような指で触るわけです。毎日2回。一年で700回近く。しかも、僕もあなたもめんどくさがりやでしょう。
必ずするように言われてる「こすり洗い」をせずに保存したことだってあるでしょうし、洗浄液がなくて、水道水で保存したことも一回くらいはあると思います。

それよりは、きれ〜な手術室で、完璧に消毒したドクターに数分瞳の中をいじられる方が、どんなに清潔かわかりません。

・・・と、ケンカをふっかけたいわけではありません。

実際には他にもいろいろな要素があります。いまレーシックでの事故数とコンタクトレンズの事故数を少し検索しましたが、どうもよくわからない。
「どこからが事故なのか」「なにをもって失敗とするのか」という定義が曖昧で、しかも個人の感覚によるところが大きいし、主観バイアスがお互いにかかりまくりなので、全く正確な情報が出てきません。

このときに僕が考えた点は、2点でした。

●大々的にビジネスとして成立しているということは、ほとんど(99%以上)は安全で、そこに一部の事故や例外があるのは仕方ない。
●中谷彰宏さんがやってる。

やっぱり、中谷さんにされた刷り込みは大きかった。
レーシックに限らず、迷ったときは自分よりずっと高いレベルで生きてるひとがどう判断するかを参考にするってのは、とてもいい戦略だと思う。

あとは
●どう失敗しても、失明はしない。
という情報を知って、強気になりました。

このことは、いま調べ直しても、間違いなさそうです。
水晶体のみに手術をほどこすレーシック手術では、どう失敗しても失明することはありません。
もちろん、失明以外の失敗パターンはいくつかあります。光が眩しすぎる、とか、目薬が手放せなくなる、とか。

とはいえ、この「失明はしない」という事実が僕の背中を押してくれたのは、確かです。

3、申し込みした。

そして申し込みをしました。
問い合わせフォームに入力したら電話がかかってきて、そこでいろいろ決めました。

諸々の説明や質問を受けたあと、日程を決めます。
決めるのは
・検査日
・手術日
・(必然的に)翌日検査日
です。検査をした後なら、いつでも手術できます。

こうして僕は、大きな一歩を踏み出したのでした。

またのお越しを、お待ちしております!

第3話「ギロチンの下に」に続く。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

オススメ記事&スポンサードリンク

人気ブログの記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ふじさわ

ブログでご飯を食べるようになってから4年目に入りました。 元ドコモ店員で、昔は「iPhone愛用中ドコモ店員」という名前でやってました。ノークレイジーノーライフ! 詳しいプロフィールはこちら