[公開日]2016/02/13
[更新日]2017/05/07

TSUTAYAが始めた「TONE(トーン)」は、速度が遅い点だけ注意ね。【メリット・デメリット】

TONE 格安スマホ

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

dsc_7708-326

みなさん、「TSUTAYAのスマホ」TONE(トーン)が気になってますか?
調べときましたよ。

TONE 格安スマホ

キャッチフレーズは

「すべてのヒトに、安心品質。
月額1000円でスマホの楽しさを」

思えば、去年の5月くらいに渋谷のTSUTAYAで待ち合わせしてた時に、これのセールスに合いました。
ほんの数分、お姉さんと話して「こりゃ、他といっしょだな。」と思ってスルーして以来、ほとんど記憶からぶっとんでいました。

しかしいま改めて見てみると、かなりいいサービスでした。

目次


1、1000円で、これもこれもできる!
2、年寄り刈り取り作戦
3、メリット、評判、評価。


1、1000円で、これもこれもできる!

けっこうビックリすることなんですが、

TONEにはたったひとつしかプランがありません。

そのたったひとつのプランは、月額1000円です。
月額1000円になにが含まれているかというと、

▶︎無制限のデータ通信(500kbpsなので普通より遅い)
▶︎機種代(一種類しか機種はない)
▶︎IP電話の基本料金(通話代はかかる)
▶︎電話でスマホの使い方を聞くサポート

です。
これに加えて、

・IP電話ではない普通の電話番号(090、080など)を利用したい場合は、953円/月。
・高速通信をしたい場合、1GBあたり500円。

などがかかります。

つまり、1000円に含まれてるのは

「ちょっと遅いけどネットは無制限に使える。
音質はちょっと不安だし、通話料はかかるけど電話は使える。
機種は選べないけど、ついてくる。」

という感じです。

TONEモバイル

2、3つの注意点

さて、こんなひとたちが運営しているTONEですが、
契約前に3つの注意点を確認しておきましょう。

ひとつめは

▶︎ネットの速度が遅い

TONEのキャッチフレーズは「月額1,000円でスマホの楽しさを」です。

TONE 口コミ 評判

パッと見は、たしかに安い。

しかし、そのすぐ右下。

TONE 口コミ 評判

年寄りには100%読めない灰色の文字。

グズグズッとした文字でなに書かれてる。

※1 基本プランの通信速度は500-600Kbpsです。短時間における大量通信や長時間通信は制限させていただく場合があります。

基本速度が500〜600Kbpsです。
ちなみにみんなが「わっ!今月、制限かかった!」と言ってる時の速度は200Kbpsくらいです。
これの3倍くらいって、それで大丈夫なの?

と思うかもしれませんが、500〜600kbpsの速度があれば、youtubeの動画は360p(低い画質)までなら問題なくみることができます。

またfacebookやtwitterも、画像や動画の読み込みに多少のストレスは感じますが普通に使えるレベル。インスタは写真だらけなのでちょっとキツイ。

「1000円で使い放題」に踊らせて「ガンガン使ったるぜー!」みたいなノリで契約しちゃダメよ。しかも、その500Kbpsのプランでさえ、「制限させていただく場合があります。」って書いてるので気をつけて。

とはいえ、通信速度が遅くても、wi-fiに繋いでしまえば問題ない
WiMAX契約してしまってもいいし、自宅や会社にwi-fiがあるのなら問題なし。
どうせ外出先はガンガン動画観ることって少ないし、LINEのやりとりとかメールの確認がメインになるので、速度が500〜600kbpsでも問題ありません。

外出先や電車の中でどうしても動画が観たいとかってときには、「高速チケットオプション/1Gあたり324円」を買えばオッケーです。

これを買えば、しばらく通信速度が早くなる。

これを買えば、高画質動画もインスタもサクサク。しかもいま、1GBのチケットプレゼント中なのでお得。
このチケットは月に2回まで購入可能で、月末になると残りは強制没収なので気をつけてくださいね。

▶︎最低契約期間が2年。

よくある質問。
これはしっかり確認しておきたい。
TONEは、24ヶ月以内の解約であれば9800円の違約金がかかります。

格安スマホって「2年縛りがない」ってイメージがありますが、TONEは違います。とはいえ、どうせこんなに安いんだし2年後も4年後も使うひとが大多数なのでそれほど大きな問題ではない。

他の格安スマホの最低契約期間は、だいたいが「データ契約/0ヶ月か、6ヶ月」「通話契約/6ヶ月か、12ヶ月」です。
TONEのように24ヶ月契約が必須なところはあんまりありません。

まぁ、たいした問題じゃない。

▶︎機種とセットでしか買えない。

シム単体での契約ができず、TONEが用意したスマホを買わないと、契約できません。
この2機種から選べます。

TONE 機種

ふっつーの、シンプルデザイン。

しかも、左のm14は3Gしか対応してないそうです。LTEが使えないってことです。
TONEがはじまってしばらくはこの機種しかなかったそうで、みんなから見放されてたそうですが、いまは違う。

最近、LTE対応のm15が出てきて助かった。という感じ。
2017年3月現在、m14は販売が終了してるので、ほぼm15一択。
機種はm15にしておけば間違いありません

3、TONEをオススメする3つの理由。

dsc_7719-334
さてここからはTONEをオススメする理由を書きます。
一言で言いましょうか。

成人してて、スマホガンガン使うよーってひとは間違えてもTONEにしちゃダメ。
逆に言うと
「お年寄り」「学生」には最高。

その理由を3つ説明します。

▶︎電話で相談できる。

オペレーターに電話したら、なんでも教えてくれます。
契約する前でも、後でも電話できるから、ガンガン電話して聞いてしまえ。

TONEモバイル

お年寄りは自分で調べられないので、
「とりあえずスマホのことで困ったらここに電話して!」って言っとくといいかも。

▶︎TSUTAYAで申し込みできる。

TONEスマホは、全国にあるTSUTAYAで申し込みできます!すげー!

とはいっても、申し込みするのってTONEのホームページからサクサクッと入力するだけなので、わざわざTSUTAYAまでいく必要なし。
ネットで申し込んで、わからないことがあったらTSUTAYAに行くのがベスト。

DVD返しに行くついでにスマホのこと聞いちゃえ。

▶︎Tポイントが貯まる。

200円の使用で1ポイントのTポイントが貯まります。
1000円プランで、月に5ポイント=5円か。

決して貯めやすいわけではないけど、Tポイントはなんにでも使えるから嬉しい。
TSUTAYAでDVD借りて観るような方にはオススメ。
ポイントがまとめられてよさそう。

ということでメリットデメリットを書いたんですが、総括するとやっぱり
「お年寄り」「学生」には最高。

1000円で契約して、中レベルのスピードがずっと続くという契約は、成人で仕事してるひとには全然向かないけど、とりあえず連絡がとりあえて、LINEやメールができて、動画とかゲームのときはwi-fiに繋げばいいだけ。

電話も、営業さんみたいに四六時中電話するわけでなく、必要な連絡をとりあうだけなら十分すぎる。

TONEモバイル

ー2017.3.14追記ー

テレビCMをガンガンはじめたTONEモバイルですが、なんと「19歳以下は、1年間無料」
というキャンペーンが始まりました。

19歳以下なら、1年間無料のキャンペーンだよ。

なにがどう無料になるのかって、そもそも月額1000円なのに、その1000円が一年間0円になる。
さらに29800円の端末も10000円引きなので、19800円で端末を買って、1年間は無料で使える。2年目以降は1000円ていう状況。すごい。

「スマホ持ちたいスマホ持ちたい」ってうるさい学生に買ってってあげてください。中学生か高校生くらいか。

僕はわりとマジで「スマホやコンピュータに触れるのは、若ければ若い方がいい」って思ってます。
だってこれから10年後には、いまよりもっと仕事も消費もネットに移ってるんだから、それに対応できなきゃダメでしょ。

念のため。TONEはLINEもできるしスマホゲームもできるしインスタグラムもツイッターもできます。

TONEモバイル

ということで今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!







人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。