TSUTAYAが始めた「TONE(トーン)」は、速度が遅い点だけ注意ね。【メリット・デメリット】

TONE 格安スマホ

オススメ記事セレクション!

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

dsc_7708-326

今日はTSUTAYAがはじめた「TONE」という格安スマホについて解説しておきます。
知り合いからもちょくちょく聞かれるので。

TONE 格安スマホ

「月額1000円でスマホの楽しさを」
というキャッチフレーズ。

思えば、去年の5月くらいに渋谷のTSUTAYAで待ち合わせしてた時に、これのセールスに合いました。
ほんの数分、お姉さんと話して「こりゃ、他といっしょだな。」と思ってスルーして以来、ほとんど記憶からぶっとんでいました。

格安スマホ25社を比較する記事を過去にいくつか書いたんですが、最近25社から27社になったうちの、追加された1社がこのTONEです。

目次


1、CCCとフリービット
2、年寄り刈り取り作戦
3、メリット、評判、評価。


1、CCCとフリービット

社長メッセージ

石田宏樹

そもそも「社長メッセージ」のページには氏名がなくて、会社概要までいかないと書かれてないってどうなの。

TONEのサイトを徘徊してて、社長メッセージで出てきた顔に見覚えがあると思ったら、

フリービットモバイルの社長さんでした。
フリービットとCCCグループ(TSUTAYAの会社ね)が協力して、TONEをやってるようです。

フリービットグループといえば、格安スマホ業界にいち早く参入したものの、
CMにgoosehouse(グースハウス)を起用したことくらいしかいいポイントのなく、あとは「遅い」「端末がしょぼい」というイメージだけを垂れ流していった会社です。このブログでもちょっとだけ書いたことがある。

そのfreebit mobileが、名前を変えてTONEになったようです。ちなみに同じ会社がDTI SIMもやってるけど、料金体系とか違うので、同じ事業を別ターゲット向けにやってるみたいですね。

2、注意点・デメリット×3

さて、こんなひとたちが運営しているTONEですが、契約前に3つの注意点・デメリットを確認しておきましょう。

ひとつめは
▶︎ネットの速度が遅い
TONEのキャッチフレーズは「月額1,000円でスマホの楽しさを」です。

TONE 口コミ 評判

パッと見は、たしかに安い。

しかし、そのすぐ右下。

TONE 口コミ 評判

年寄りには100%読めない灰色の文字。

グズグズッとした文字でなに書かれてる。

※1 基本プランの通信速度は500-600Kbpsです。短時間における大量通信や長時間通信は制限させていただく場合があります。

500〜600Kbpsが、基本速度です。

ちなみにみんなが「わっ!今月、制限かかった!」と言ってる時の速度は200Kbpsくらいです。
これの3倍くらいって、いったいどんなものなのか?

500〜600kbpsでは、まずyoutubeの動画は360p(低い画質)までなら問題なくみることができます。

またfacebookやtwitterも、画像や動画の読み込みに多少のストレスは感じますが普通に使えるレベル。インスタは写真だらけなのでもうちょっとキツイ。

「1000円で使い放題」に踊らせて「ガンガン使ったるぜー!」みたいなノリで契約しちゃダメよ。しかも、その500Kbpsのプランでさえ、「制限させていただく場合があります。」って書いてるので気をつけて。

とはいえ、上記は全てwi-fiに繋いでしまえば問題ないこと。
外出先や電車の中で使うときには、「高速チケットオプション/1Gあたり324円」を買えばオッケーです。
これを買えば、高画質動画もインスタもサクサク。

このチケットは月に2回まで購入可能で、月末になると残りは強制没収なので気をつけてくださいね。

▶︎最低契約期間が2年。
よくある質問。

これはしっかり確認しておきたい。
格安スマホって「2年縛りがない」ってのが最高メリットじゃなかったんですか?大手キャリアから脱出の大きなテーマのひとつなのに。
TONEは、24ヶ月以内の解約であれば9800円の違約金がかかります。

他の格安スマホの最低契約期間は、だいたいが「データ契約/0ヶ月か、6ヶ月」「通話契約/6ヶ月か、12ヶ月」です。
TONEのように24ヶ月契約が必須なところはあんまりありません。

▶︎機種とセットでしか買えない。
シム単体での契約ができず、TONEが用意したスマホを買わないと、契約できない。
この2機種から選べます。

TONE 機種

ふっつーの、シンプルデザイン。

しかも、左のm14は3Gしか対応してないそうです。LTEが使えないってことです。
TONEがはじまってしばらくはこの機種しかなかったそうで、みんなから見放されてたそうです。

最近、LTE対応のm15が出てきて助かった。という感じ。
3Gのみのスマホで勝負なんて、所々、なに考えてるかわからんです。

3、メリット、評判、評価。
dsc_7719-334

ちょっとディスりすぎたので、メリットも書きます。

▷電話で相談できる。
オペレーターに電話したら、なんでも教えてくれるみたい。
これ、かなりコストかかると思うから、このコストが、他を圧迫してる感じがする。

 

▷リアル店舗が全国に17店ある。
17店といっても半分は東京だし、あとは大阪、福岡みたいな都市部にしかないのであんまり意味ないかも。
四国も、香川に1店舗あるだけだし。

こりゃ、イオンスマホに勝てる気がしないわ・・・。

▷Tポイントが貯まる。
200円の使用で1ポイント貯まるそうです。1000円プランで、月に5ポイント=5円か。

楽天モバイルなら100円で1ポイント、
DMM mobileなら10円で1ポイント。使い道狭いけど。

Tポイントは貯めやすいとは思わないけど、なんにでも使えるから嬉しいね。
ということでメリットデメリットを書いたんですが、総括すると

リアル店舗合戦で、イオンに勝てるんかいな。というところ。
TSUTAYAとイオンを比べると、圧倒的にイオンの方が年寄りとか、スマホの知識がないひとが来る頻度が高い。
TSUTAYAの方がまだリテラシー高いひとが来るでしょうから。

ただやっぱり、1000円で契約して、中レベルのスピードがずっと続くという契約がいいなぁと思う方は、ぜひどうぞ。

ということで今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

オススメ記事&スポンサードリンク

オススメ記事セレクション!

人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ふじさわ

ブログでご飯を食べるようになってから4年目に入りました。 元ドコモ店員で、昔は「iPhone愛用中ドコモ店員」という名前でやってました。ノークレイジーノーライフ! 詳しいプロフィールはこちら