ぷららモバイルLTEは、誠実ゆえに地味。地味ゆえに安心。

ぷららモバイルLTE

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

この記事は「ぷららモバイルLTE」の解説ですよ。
どぞ。

目次


1、誠実な「使い放題」。
2、速度の話。
3、僕も契約してたよ。


1、誠実な「使い放題」

 

ぷららモバイルLTE

でた!魔の「無制限!」

ぷららモバイルLTE

だれだって「無制限」が気になる。

「ぷららモバイルLTE 」は、みんな聞いたことのある老舗プロバイダ「plala(ぷらら)」がやってる格安シムサービスです。
スマホセットは売っておらず、シム単体のみでの契約です。このへん、老舗っぽい。

けど、ここで魔の「定額無制限」という言葉がでてきます。
格安スマホサービスにおいて「無制限」「使い放題」というのは鬼門であると、ふじさわブログ読者は知っているはず。

それについてぶちまけた記事はこの記事。
■so-netさん、UQ-mobileさん、U-mobileさん、b-mobileさん、レキオスさん。もう格安スマホで「無制限」とか「使い放題」とかウソ言うのやめませんか。

しかし、このぶちまけ記事に、今回の「ぷららモバイルLTE」は含まれていません。
なぜなら、ぷららモバイルLTEは「本当に使い放題」なのです。そのかわり「普通よりかなり遅いよ」とという感じです。

次の章で、そこらへん詳しく解説します。

2、細かい速度の話。

えー、ちょっと細かい数字の話、いきますよ。
数字とか、単位が苦手なひとは覚悟してね。けどそんなに難しくないですから。

多分、「Mbps(メガビーピーエス)」という単位が出てきただけで思考停止しちゃうひとってかなりいると思うんです。
あんまり深く考えないで、「Mbps(メガビーピーエス)」は、「ネットの速さの単位」ですから。これからは小学校でも教えるべきですよね。
車の速度「km/h」と変わりません。これは「1時間(h)あたりに進む距離(km)」だけど、
「Mbps」は、「1秒(s)あたりに送られるデータ量(Mbp)」ですから。Kbps(キロビーピーエス)になったりする。

で、さっきのぷららモバイルLTEの表です。

ぷららモバイルLTE

この表に全てが書いてある。

定額無制限プランは、「最大通信速度」が 上下ともに3Mbpsです。
定額(7GB)プランは、下り150Mbps、上り50Mbpsです。

で、ドコモとかau、ソフトバンクの「LTE」とか「4G」ってのは、だいたい150Mbpsとか75Mbpsです。
楽天モバイル、DMMモバイルなど、他の格安スマホサービスも、速度は75Mbpsとかです。

つまりぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」は、一般的な契約の10分の1ほどの速度なのです。
うむっ!

とはいえ、「150Mbpsでまーす!」と言ってるとこと契約しても、実際には20Mbpsだったり10Mbpsだったりします。

「最大速度」と「実質速度」には違いがあるわけです。平気で10分の1になったりします。
なので、「50Mbpsでまーす!」と言って実際には5Mbpsしかでない、なんてことはザラにあります。

するとぷららモバイルLTEが「うちは3Mbpsですから!」と言って、実際に2Mbpsでもでれば、「50Mbpsでまーす!」と言ってるところとの差は3Mbpsになります。

なので、ぷららモバイルLTEの「定額無制限プラン」は、
一般的な速度よりは遅いが、許容できないほどじゃない。むしろ、実測値を考えると、全然ふつうに使えるね。というプランなのであります、はい。

3、僕も契約してたよ。

ちなみにぷららモバイルLTEは、僕も2015年5月ごろに契約してました。
当時の記事はこちら。

僕は1.6Mbpsくらいがでてました。3Mbpsのプランでそれなので、まぁそんなもん。
イケダハヤトさんは3.55Mbpsでたそうで。まさかの最大速度超え。高知県だからってのは多分にあるでしょう。

■【格安シム】ぷららモバイルでは余を満足させることはできんな。やはりDMMの力が必要か・・・。旅の写真館オープン!

当時の記事にも書いてますが、
「youtubeの動画は、一番低い画質じゃないとカクカク止まる」とか、
「Huluで映画を見ると、画像が悪すぎて人物の見分けもつかない」
というように書いてます。

それ以外のネットサーフィンも、微妙に遅かったのを覚えています。
ひとつひとつのページが開くのが遅いだけで、ちょっとずつストレスが溜まっていって。

たまにDMMモバイルでテザリングするとサックサクで、複雑な思いをしたのを覚えています。
とはいえ、DMMモバイルとかは「使い放題」とはいかないですからね。

ということで、ぷららモバイルLTEは他社のように「使い放題!」「無制限!」と煽らない替わりに、速度を落とすという誠実なシステムにしています。

しかし、誠実ゆえに地味。地味ゆえに安心。制限がかかることないからね。
そしてホームページも地味。プロバイダ時代のまんまだし、キレイなアイドルのcmも流してないし。

若干時代に乗り遅れてる感はありますが、
初月無料キャンペーンをしていたり、戦う気持ちはあるようです。

ぷららモバイルLTEをオススメするのは、「多少遅くてもいいから、通信制限とか気にせずネット使いたいひと」ですね。
ということで今日の記事は以上です。

またのお越しを、お待ちしております!

毎月1日に電子書籍を発売してます!

2 件のコメント

  • おつかれさまです。
    ぷららモバイルの使用感ですが、正規のアクセスポイントを使用した場合はとてもじゃないですが動画なんか見れないと覚悟してください。
    調子が良いのは深夜早朝ですね。
    正規の場合、、、ですけどねm(__)m

    • ♪匿名さん
      ですね。
      僕もぷららモバイルの時は、動画が最低画質でしか見れなくて、人物の顔も見分けがつかなくてへこみました。

      ただでさえ遅いのに、時間帯によって波があるのでは、とてもハードに使うひと向けではありませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。