「ブログで食べてけてる」のnote版が発売になりました!

note用に作ったらなんか禍々しくなった。

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

ゴールデンウィークが終わり、これから60日以上は祝日が無いそうです。カレンダー通りの仕事のみなさんは、ガンガン現実逃避しながら、お盆まで耐え抜きましょう。

目次からどうぞ。

目次


 

1、「ブログで食べてけてる」note版発売!
2、そもそもnoteってなんぞや。
3、noteとKindleの違い。


 

1、「ブログで食べてけてる」note版発売!

今年の1月1日に発売された電子書籍「ブログで食べてけてる」の、note版が発売になりました。

↑これが電子書籍

 

note用に作ったらなんか禍々しくなった。

note用に作ったらなんか禍々しくなった。

↑これがnote「ブログで食べてけてる」

そもそも「ブログで食べてけてる」は、ふじさわブログパーソナルの方でほとんど全て読めるんですが、一週間ごとの更新だし、なかなか完結しないので、電子書籍かnoteをオススメします。
そしてパーソナルで連載してる方は、あと一ヶ月後くらいに全て非公開にします。なので、それ以降は電子書籍かnoteでしか「ブログで食べてけてる」は読めなくなります。

ということで、「電子書籍はよくわからんけど、noteなら読む」という方は、ぜひ買ってね。価格は電子書籍と同じ777円ですよ。

note「ブログで食べてけてる」

2、そもそもnoteってなんぞや。

いきなりノートとか言い出してビックリしたかもしれません。
note(ノート)は、SNSとしての機能もあるサイトですが、最大の特徴は

「クリエイターがいろいろな作品を勝手に売れる。勝手に買える。」
というサービスです。それこそ、文章でも、音楽でも、写真でも動画でも、カンタンに売買できるシステムが整ったサイトです。

スマートでおしゃれなデザイン。

スマートでおしゃれなデザイン。

note

みんなもアカウントとれば好きな作品を買えるし、好きな作品を売れます。

ヘビーなふじさわブログ読者はご存知かもしれませんが、僕は2年前からnoteやってます。(←ここ重要)
といっても3つのノートを出してお小遣いのような売り上げをあげただけですが、そのときに

「ノート、やりきった」感があったのでここ1年くらいは手をつけていませんでした。

しかしバンバン電子書籍を出してくうちに「noteで出してくれたら買うのに」という声を何度も聞くようになったので、今回発売するに至りました。

ちなみに当時発売してたnote一覧はこちらから見れます。

・ブログ論
・名言集
・「タイでオカマにだまされた」の原型

です。どれもいまよりはずっとクオリティが低いので、買わなくていいですw。

僕の未熟で恥ずかしい過去を見たい方だけ、どうぞ買ってください。頃合いを見て3つとも消すでしょう。

3、noteとKindleの違い。

noteとKindle(電子書籍)の、「ブログで食べてけてる」の違いはというと。

noteは横書き。
Kindleは縦書きです。

僕は「本」を作りかったし、願わくば「小説」を書きたいところがあるので、縦書きにこだわりました。横と縦が変わるにあたって、「第一章」が「Chapter1.」になっていたりと変更を加えています。
それ以外はなにも変わりません。

で、noteとKindleの、クリエイターから見た違いはというと。

noteはホントカンタンに作れます。
アメブロでも更新するような感覚で作れるので、手軽に、気軽に、誰にでも作れます。

一方のKindleは、なんだかんだめんどくさいです。
textファイルじゃなくてepubファイルを用意しろだとか、表紙の画像は最低でも1028ピクセルは必要とか。銀行情報とか税金情報とか納税者番号が必要とか。アメリカの会社(アマゾン)と契約するから必要になるんですがね。

Kindleで作品を出版するのは、めんどくさいです。こういうことに慣れてないひとには全然オススメしません。ただその分、電子書籍を出すと「迫力」があります。なんだかんだ言って「出版」の部類に入れることもできますし。

noteはいくら背伸びをしても「出版」とは言えませんからね。

あとは、noteは自分で作品を公開したら自分でお客さんを集めないといけません。自分のSNSかブログがないと、お客さんを呼ぶ手段がかなり限られるわけです。
一方のKindleは、その部分がかなりラクです。あらゆる種類のマーケティングを駆使してアマゾンが僕の本を売ってくれます。もちろんそれで左団扇になるわけではありませんが。

例えば僕の「東南アジアでだまされた」は1週間無料ダウンロードにしたんですが、最初に僕の直接の友人と読者だけで300ダウンロードされました。それによって「Kindle本無料ランキング」で1位になってからは毎日300〜500ダウンロードされ、合計で1500ダウンロードもされました。
これこそ、Amazonの力。noteにもこういうランキングというか、「おすすめ」みたいな機能はありますが、アマゾンの電子書籍ランキングを見る読者数と比べると、吹いて飛ぶようなスケールでしょう。

ということで僕はKindle本をガンガン出しているわけですが、そういうめんどくさいことはこのへんで。
大事なのは、

「電子書籍を読むひともいるし、noteを読むひともいる」

という当然の話です。
僕だって、洋画は見るけど海外ドラマは見ないw。コンテンツの内容そのものじゃなく、フォーマットによって購入するかしないかを決めるのが、消費者というものです。

ということで、noteしか読まないひとに、「ブログで食べてけてる」が届きますように!

note用に作ったらなんか禍々しくなった。

note「ブログで食べてけてる」

では、またのお越しをお待ちしております!

ーふじさわの今後のイベント情報ー

毎月1日に電子書籍を発売してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。