「糖質制限」を4ヶ月したあと、「糖質無制限」を2週間するとこうなった。

糖質制限

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

6月1日に発売した「糖質制限フジザップ」がとても好評です!

カテゴリ別ランキングでも、
エクササイズ(リアル本含む)では、現在3位です。(カーヴィーも、TRFも抜いた)
ダイエット・エクササイズの新着カテゴリではずっと1位です。新人賞みたいな感じです。嬉しい!

ターザンの最新刊を抜いて1位。

ターザンの最新刊を抜いて1位。

今日の記事は、この「糖質制限フジザップ」の裏側というか、後日談の記事です。
どぞ。

目次


1、糖質「無」制限フジサワ
2、糖質無制限の実態
3、「ずーっと糖質制限するの?」


1、糖質「無」制限フジサワ

「糖質制限フジザップ」は、5月の中旬には書き上げていました。
その段階で、あとは表紙と校正を依頼し、全体を整えるだけでした。

そのとき「本文を書く」という自分の役割が終わった時点で、僕の気は抜けてしまいました。
4ヶ月間ガマンしていた、炭水化物やスイーツへの欲求が、ドンドン表面化していきました。

そして5月の下旬から約2週間、僕は糖質「無」制限フジサワになってしまいました。
その結果がこちら。

糖質制限
5月3日
体重 66.1kg
体脂肪率 17.6%

6月3日
体重 66.4kg
体脂肪率 17.8%

5月と比べてほとんど変化はありませんでしたが、グラフを見てもらえばわかる通り、
「順調に下がっていたペースがピタッと止まった」
という状態であります、はい。

ズドーンとリバウンドをしたわけではないんですが、ドンドン下がり続けていた体重と体脂肪率がピタッと止まったので、確実に数字になって影響は現れています。

2、糖質無制限の実態

この2週間、「糖質無制限」だった僕がどういう食生活だったかを、糖質制限状態と比較してカンタンに書くと。

糖質制限フジザップ時代(1月〜5月中旬)
・3食とも糖質抜き。週に3食ほど、パンや麺や米の食事を食べる。
・完食は、ゆで卵やチーズのみ。

糖質無制限フジサワ(5月中旬〜現在)
・3食のうち、1食は炭水化物を食べる。
・菓子パンやスイーツなどの間食を、1日に2回は食べちゃう。

特に間食がヤバいです。
最近、メロンパンとか、シュークリームのような、どこでも手軽に買えるあま〜い食べ物を食べちゃうんですよね〜。やめられないw。本当に毎日2回か3回は食べてます。

糖質制限的にはダメだとわかってるんですが、電子書籍の原稿を書き終わって以来、気が抜けちゃってるというか。
つまり、僕にとっては「糖質制限して、ダイエットして、電子書籍を出版する」というのがひとつのモチベーションになっていたことが判明しました。

みなさんも、「夏の海水浴にかっこいい体でいく」とか「会社の健康診断でいい数字にする」のような目標を持つのは大変素晴らしいんですが、それが終わるとモチベーションがガクッとくる瞬間があるでしょう。
いいんです。人間ですから。

3、「ずーっと糖質制限するの?」

それでも、以前より焦りも危機感もないのは、
「痩せようと思えばいつだって痩せられる」という自信を手に入れたからでしょう。

糖質制限をしたり、フジザップの電子書籍を読んだ方から、よく
「これからも、ずーっと糖質制限するの?」
という風なことをよく聞かれます。

とんでもない!!

これから一生、おいしい白米や、話題のラーメン屋や、駅前のおいしい匂いのパン屋さんを諦めながら生きて行くなんて、僕はゴメンです。

糖質制限は、ひとによっては「生き方」だし、「ライフスタイル」ですが、僕にとっては「スキル」です。

いつだって、ただ正しい手順を踏み、数ヶ月の時間をかければ、体重を減らせる。
そんな「スキル」が糖質制限なので、使いたい時に使い、使いたくなければ使わなくていいのです。

少なくとも僕は、そのくらいの距離感で糖質制限と接しています。
だって、メロンパンやシュークリームを食べたときの喜びも、僕たちの人生に用意された、ひとつの大事なギフトなんですから!

そのあたりは、「糖質制限フジザップ」のステップ0の「たかが体型の話だから」に詳しく書いています。

250円で買えるのは、あと3日です。
まだの方は、どうぞ。

毎月1日に電子書籍を発売してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。