【連絡】ふじさわブログのコメント欄はなくなりました。これからはSNSで。

fb

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

今日はカンタンな連絡だけです。

このブログから、コメント欄を無くしました。

少し残念なお知らせですが、これもひとつの変化の流れ、と思っていただければ嬉しいです。
これからはツイッターか、フェイスブックページにコメントをお願いします。

読者のみなさんがコメントを残してくれて、そこに僕が返事をすることによる交流は、このブログ開始当初からの貴重な交流の場だったので、いつも書き込んでくれたみなさんには申し訳ないです。

【コメント欄をなくした理由】

「僕が返信作業をしたくなくなったから」というのが主な理由です。
このブログのコメント欄には、誰にでも書き込めます。
誰にでも書き込める分、どんなひどいことでも、罵詈雑言でも書き捨てることができます。

インターネットは匿名が可能とはいえ、SNSならアカウントを取得する必要があり、本名を公開していなくても、過去の投稿や、人となりはいくらかはわかります。

その「アカウント」というシステムがあることで、罵詈雑言の最低限のセーフティネットになっています。どんなに匿名であろうとも、ネット上で「アカウント」という形で人格を存在させていることで、いくらか発言にはブレーキがかかります。

そのブレーキのかからない、このブログのコメント欄は時に書き捨てるような汚い言葉が並びます。アカウントのない完全な匿名は、ひとつ前のインターネット時代のシステムのように感じました。

 

その結果、僕にとって、「コメントの返信をする」という仕事が全くやりたい仕事ではなくなりました。
そもそも僕が、アルバイトを抜け出し、ブロガーや電子書籍作家としてやっているのは「やりたいことを仕事にしたい」というベタベタな理由からです。

とはいえ、やりたい仕事のなかに「やりたくない仕事」が生まれるのはある程度は仕方ないことなんですが、「コメントの返信」を自分の仕事の中から外すことにしました。
もちろん、コメント欄の半分以上は、とても頭の良い、分別のある、親しみのある読者さんとの交流のスペースとして機能しています。
それでも僕の気持ちがノらないせいで、コメントの返信が1ヶ月以上遅れてしまうことが頻発しています。こんなスピード感ではいかんということで、その読者のみなさんとは、ツイッターかフェイスブックページでの交流が続ければいいなと思っております。

今後も、ツイッター上などでは罵詈雑言を投げかけられることがあるかもしれませんが、それはあくまで「アカウント」という、仮とはいえ人格を持った相手との対話です。
いままでの、アカウントすら持っていない、透明人間との不毛な対話は終わらせます。

そして、親しみのある読者さんとは、SNS上で、より深みのある対話ができることを望みます。
ツイッター フェイスブックページ

ということで今日の記事は以上です。

昨日のキンドル読み放題のときに「奴隷区」というマンガの1巻を紹介したんですが、読み放題なのは1巻だけで、それ以降は通常販売でした。
内容もかなり面白かったので、まんまと2巻以降を大人買いしてしまいましたよっと。

ーふじさわの今後のイベント情報ー

毎月1日に電子書籍を発売してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。