珪藻土(けいそうど)のバスマットを買って1ヶ月経ったので口コミ書いとく。

fb

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

ここ最近で「これは買ってよかった!」と思えるアイテムのひとつに、
珪藻土(けいそうど)のバスマットがあります。

アマゾンで買って、1ヶ月が経つのですが、けっこういいのでオススメします。

目次


1、珪藻土(けいそうど)とは
2、珪藻土バスマットが家に届いた。
3、乾燥した感想。


 

1、珪藻土(けいそうど)とは

珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。

-wikipediaより

要するに、藻(も)みたいなものの化石です。

この藻の化石が、なぜか水分や油を吸収する能力が高かったり、耐火性や断熱性が高かったりするので、いろいろなものに利用されてます。

そんな珪藻土のもっとも一般的な商品はといえば、「バスマット」です。僕も最初はバスマットで知りました。

珪藻土 バスマット 口コミ

アマゾンより。

足からすぐに水分を吸収してくれるし、すぐに乾く。だから清潔。ってことですな。

確かに普通のバスマットって、かなり頻繁に取り替えないとベチャベチャで気分悪くなるよね。

ということで僕が買ったのがこれ。

これが60cm×39cmで、一般的なバスマットのサイズだと思う。ぼくんちは一人暮らしだけど、一人暮らしだろうが一軒家だろうがバスマットのサイズはこんなもんでしょう。

見ての通り2000円という爆安なんですが、これより安いのもありました。1700円くらいで。
ただそれは「B品 斑点あり」とのことで、そこまでケチる必要もないかと思って2000円のにしました。

逆に、同じサイズで5000円とか6000円とかのものがあるんですが、どんな違いがあるかというと「柄が付いてます」とか「日本製です」とか「臭いも分解する」とかでしたが、まだ珪藻土童貞なのでそこは狙いませんでした。別に僕のも臭いがするわけじゃない。

 

2、珪藻土バスマットが家に届いた

ということで、安定のアマゾンプライムクオリティで、あっという間に家に届きました。

珪藻土 バスマット

わりと重い。

珪藻土 バスマット

わりと分厚い

持った感触としては「石」か「土の塊」という感じです。
ちょっと高いとこから手を離すと、パッキン割れちゃう感じです。

ちなみに上の写真は、汚れてない裏側の写真。表側は、一ヶ月使ったのでちょっと汚れてます。

珪藻土 バスマット

これじゃわからんか。

珪藻土 バスマット

シミがある。

すぐに乾くとはいえ、許容できないこともあるようですね。
特に僕は家の構造的に、「バスマット兼キッチンフロアマット」になってしまってるので、なにかしらの汚れが飛んじゃったのかもしれません。

さて実験。

珪藻土 バスマット

びしょびしょの足で立ちます。

珪藻土 バスマット

1分でそこそこ乾きます。

珪藻土 バスマット

10分でほぼ乾きます。

 

3、乾燥した感想

珪藻土のバスマットを一ヶ月使ってみての感想は、冒頭に書いた通り「いい買い物した」という感じです。

体がびしょびしょの状態でこれの上に乗ると、もちろん足の裏の水分だけじゃなく、全身からポタポタと水が垂れます。けっこう思いっきりびしょびしょにするんですが、1時間もすれば乾いてくれてるので助かります。

僕は一人暮らしなので、家族が多い家庭はまた違うでしょう。
しかしその分、僕は海から5分のとこに住んでるので、遠くからきた友達といっしょに海で遊ぶ→みんなで順番にシャワー浴びるということがちょくちょくあります。
そのときにも、友人たちから

「このマット、めっちゃいいね!」と称賛されることが多くて嬉しい。

実際、これの前はインドで買ったヨガマットだったので、吸水性もクソもなく、いつもべちょべちょで不快でした。

珪藻土 バスマット

インドの「ヨガの聖地」と呼ばれる町で買ったヨガマット。完全に用途違い。

やっぱりヨガマットにバスマットの役割を任すには荷が重かったようで。
餅は餅屋。バスマットには珪藻土が最適でした。

珪藻土バスマットだと、びしょびしょで上に乗ったあと、足の裏はほぼ一瞬で乾くので、そのままテクテクと部屋の中を歩くこともできます。タオルの用意がしてなかったらだいたいそうなる。
もちろん体から水は落ちるけど、多少はしゃーない。

ということで、2000円でこの効果なら、「買い」だなと思った次第であります、はい。
むしろ家族が多すぎてバスマットが乾くヒマがない、という家にこそ必要かも。

アマゾンのレビューでは「冬は冷たくてイヤだ」みたいなレビューもあるんですが、冬はなんだって寒いだろ。いや、僕も冬になったら「冷たくてイヤだ」って言いだすのかも。

では、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

毎月1日に電子書籍を発売してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。