[公開日]2017/02/10
[更新日]2017/02/21

中国製タブレット【jumper EZpad】レビュー!

いらっしゃいませ!ふじさわです。

今日は、はるばる中国のGearBestという通販の会社から提供して頂いた商品のレビュー記事です。
ちなみにいまGearBestは春のセール中。
Gearbest セールページ

今回提供していただいた中国製のタブレットなんですが、本体とキーボードがガチャガチャ外れたり、WindowsOS だったりと初めてのことばかりでした。
「素直に感じたことを書いていい」と言われたので、正直レビューいきます。

目次からどうぞ。

目次


1、ガチャガチャ動かそう。
2、Windows OSだよ。
3、トータル評価


1.ガチャガチャ動かそう。

どういう製品か言葉で説明しても全然伝わらないと思うので写真の連投でいくぞ。

外見はこんな感じ。裏側の、サラサラ部分。

表側。本体。どっちが裏で表かは定かでは無いけど。

開くとこんな感じでノートパソコンみたいになります。

本体の背中からキックスタンドが出てきて、支えてくれます。

ここがポイント。バッカーンと本体と分離します。

そして、タブレットとして使えます。画面サイズは10.6インチ。

この商品の名前もなんだかよくわからなかったのですが、
Ezpad jumper/中柏(イージーパッドジャンパーなかかしわ?)」
だと思います。

ガチャガチャして、タブレットとしてもパソコンとしても使えるということが伝わったでしょうか。
パソコンみたいに文字が打てるのと、タブレットみたいに遊べる。

僕はタブレットはiPadmini2を愛用していたのと、パソコンはmac book airを使ってます。

で、このEZpadの感想は

どっちも中途半端。

いや、そんなことは誰だってわかってると思うし、こう感じるのは、僕が両方の経験者だからだと思う。
けど実はいま、ぼくはiPadminiは持ってないんです。去年壊れてから、そのまま。

だからいまはmac book airとiPhone6だけでやってるんです。
だからここに、EZpadのようなタブレットが加われば最高にバランスがいいと思った。

なのでワクワクしてEZpadを頂いたんですが、ほとんど使ってない。これが現実。
EZpadを使うくらいなら、iPhoneを使ってしまうのだ。

あえて理由をあげると、起動が遅いとか、動きがなんだかモッサリしてるとか、iPhoneが使い慣れてるとかが原因です。macが壊れたときに文字を打ち込んだり作業をするためのサブパソコンとしてなら価値があるかもしれない。

それはEZpadが悪いわけじゃなく、ブランドの統一の問題です。アップル製品2個使ってるひとにWindows製品持たしちゃダメだ。逆もまたしかり。

とにかく、EZpad Jumperはタブレットにもノートパソコンにもなります。

もちろんタブレット状態でもソフトキーボードで文字が打てるし、
ノートパソコン状態で画面に触っても操作できるし、トラックパッドでの操作もできます。偉い。

2、WindowsOSだよ。

このEZpadに関してはいろいろ初めてな部分が多かったんですが、そのひとつがWindowsOSです。
↑こういう感じの画面。

WindowsOSとは、OS の種類のことですよ。iPhoneはiOS 。androidはandroidOS。macはmacOS。

WindowsOSはみんなパソコンで使ってるので慣れてるだろうけど、それがタブレットとかスマホに搭載されたらかなり戸惑うし、そもそもWindowsのパソコンを個人で持っていたのは何年も昔で、友達のとかをちょこちょこ触ることはあるんだけど、このWindows10の画面にはなれない。

とはいえ、操作は20分もすれば慣れるんだけど、致命的な問題は

アプリが全然ねぇ

ってこと。調べてみると、アプリの総数はiOSが123万、androidOS143万 、WindowsOSが70万本。
いま数を調べたら、iOSやandroidに比べて半分もあるのが驚きだった。体感的には10分の1くらいだったのに。

正直、僕もEZpadでクラッシュオブクランができたら、かなり重宝すると思います。だけどできないからダメ。

みんなも、僕にとってのクラッシュオブクランみたいに、溺愛してるアプリがひとつやふたつはあると思うので、それがダウンロードできるかどうかは重要な問題になると思う。

アマゾンとかFacebookみたいな、超ワールドクラスなアプリなら問題ないけど、ゲーム系とかエンタメ系は期待薄い。

まぁ、ネットサーフィンしてSNSするだけならそれでも問題ないんどけど、やっぱいろいろアプリいれたい。

3、トータル評価

で、トータルでどうかというと

この形(タブレットとノートパソコンをガチャガチャ変えられる形)がクールだと思うひとにとっては、コスパいい」という感じ。
これで価格は3万円代なので、タブレットもノートパソコンも買うと思えば安いもんだ。

ただ、唯一最大の問題として、バッテリーが持たない。

Netflixアプリがダウンロードできたので、ベッドの中で横向きで映画を観てたんですが。

2時間バッテリーもたねぇ

映画の1時間30分くらいのとこでシャットダウンがかかったとき、「こいつはもう使わないな、、、」と、確信しました。

それに起動の遅さも加わり、なんだか立ち上げるのが億劫になり、3ヶ月近く引き出しのなかで眠ってました。
ただ、いまパソコンとかタブレットを持ってない方は、これひとつ買えばどちらにも使える。

それに画面がデカイので、子供にyoutube見せるのとか最高でしょう。2時間は見せ続けないだろうし。

ということで、EZpadを買うならApple製品を薦めたいのが正直なところですが、そこはコスパの問題。
この価格でパソコンもタブレットも手に入る、という選択肢は、案外悪くないはず。サブPCとしてもいいね。

購入はこちらのサイトからできます。セール中!
Gearbest セールページ

というところで今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

クラウドファンディング挑戦中です。コンサルリターンもあります。

クラウドファンディング挑戦中です。コンサルリターンもあります。






人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。