カフェえどもんずでタイムワープを体感しろ!【千葉県富津市】

いらっしゃいませ!ふじさわです。
スタンディングデスクから失礼します。

座ってるよりも、立ってる方が2倍から3倍くらいはカロリーを消費するとのことで、加えて眠気対策、集中力向上、環境保全、世界平和のために、立ってパソコンする機会を増やしつつあります。

この、ガチャガチャ動くトランスフォーマーみたいなのは、たった2000円で買ったよ。
けっこう気に入ってるので近いうちにレビューするかもです。

では、目次からどうぞ。

目次


1、カフェエドモンズがある千葉県富津市
2、カフェエドモンズの料金、メニュー、営業時間
3、カフェエドモンズに行ってきた感想


1、カフェエドモンズがある千葉県富津市

何度か書いてるんですが、僕はいま「田舎フリーランス養成講座」通称「いなフリ」の講師のため、千葉県富津市の金谷というところに滞在してます。

ここ。

海と山に挟まれたステキな街ですが、いわゆる「よくある田舎」です。ごめん。

そして今日の話題は、ここにある古民家カフェ「エドモンズ」の紹介です。

古民家カフェエドモンズ 千葉県富津市

一目でかっこいいってわかる古民家。

古民家カフェエドモンズ 千葉県富津市

「薫り高い珈琲」って書いてある。

「いなフリ」が行われてるコワーキングスペース「まるも」から、徒歩3分もかかりません。セブンやガストより近いよ。

「まるも」には、有名無名ブロガーがたくさんいるので、エドモンズのレビューブログなんてゴロゴロあると思って油断してたんですが、あんまり書かれてないので書くことにしました。

この記事で伝えたいことは、
「まるも」とかその周辺に滞在してるひとは、一度はエドモンズいっとけ!です。まるもに遊びにきたひともいっとけ。あと、古民家好きもいっとけ。

なぜなら、「タイムワープ」したかと思えるくらいクオリティ高い店だし、オーナーの青山さんの生き方をチラッと聞くだけでも参考になる。単純にリフレッシュになるしね。

2、カフェエドモンズの料金、メニュー、営業時間

自分のメモ用に撮った写真だから雑で申し訳ないけど、料金、メニュー、営業時間をお伝えします。
古民家カフェエドモンズ 千葉県富津市 メニュー

古民家カフェエドモンズ 千葉県富津市

▶︎営業時間
【金・土・日・月・祝日】
【am11:00〜pm17:00(日没くらい)】

▶︎メニュー
・本日のお薦めコーヒー 800円
・カプチーノ 1000円
・カフェオレ 1000円
・シナモンミルク 800円
・果肉茶 800円
・珈琲220種類 1500円

・バウムクーヘン ハーフサイズ 200円
・バウムクーヘン 丸一輪 400円

・煎豆 1000円

こんな感じです。
コーヒー800円っ!?
たっかっ!!

・・・と言いたくなる気持ちは、グッとこらえましょう。
安いコーヒーが飲みたければいくらでもあるじゃないか。スタバ300円ドトール200円セブン100円。ドリップパックだと一杯20円くらいでも飲める。

いいか。この800円は、コーヒー代じゃないぞ。

 

この800円は・・・

 

 

この800円は・・・・!!

 

 

実質、拝観料である。

▶︎230年の歴史ある古民家
▶︎世界中から集められたこだわりのコーヒー豆、コーヒー焙煎器具
▶︎あとなんかすごくありがたい美術品とか工芸品

これらをじっくりと好きなだけ眺め、鑑賞し、味わうための拝観料だと思えば、800円なんて高くない。
カプチーノ1000円にバウムクーヘン400円で1400円でも、このクオリティなら安い。

3、カフェエドモンズに行ってきた感想

ということで、写真をベタベタ貼ります。

古民家カフェエドモンズ 千葉県富津市

この通り、ガチ古民家。230年前に建てられたらしい。

大雪から守るために、屋根の角度が鋭いんだってさ。

椅子、畳、ソファなどがある。

この建物は「縦長」なので、正面から見るよりもずっと店内は広いぞ!

頼んだのは「本日のオススメコーヒー」と「バウムクーヘン ハーフ」です。合計1000円。

で、いっしょにタイマーが添えられてます。僕も同じのを買ったので知ってるんですが、ダイソーのです。
店員のお姉さんが「これが鳴ったらこの棒をグッと下げてください」と教えてくれました。

コーヒー童貞だったら、このマシンを見て「なななななんだこれは!!どうすればいいんだぁぁぁっっ!!」ってうろたえるかと思いますが、僕は違います。コーヒー好きの友達によって鍛え上げられてるので、これが「フレンチプレス」という抽出方法であることは知ってます。

なるほどフレンチプレスできたか・・・(名前しか知らない)
千葉県富津市 カフェエドモンズ

フレンチプレスして、自分でカップに注ぎました。

タイマーが鳴ったのでフレンチプレスの棒の部分をググっと押し込みます。
そしてトトトーッとコーヒーを注ぎます。だいたい3杯分くらいありました。

コーヒーの味は

普通にめっちゃウマイ。

「普通に」と「めっちゃ」という言葉を重ね合わせることが最大においしいことの表現だなんて、日本語は難しいです。とにかく美味しいです。

バウムクーヘンは、写真から想像できる通りの味がしました。おいしかった。

火鉢

ちなみにこの日は8度という寒さだったので

あの・・寒いんですけど・・・。

と店員さんに言うと、ちょうど、火鉢に炭を入れるところでした。

千葉県富津市 カフェエドモンズ

炭がアカアカと燃えてます。

火鉢はゆっくり暖かくなりました。

ちなみに、店員さんの女性と、オーナーの青山さんはめちゃ気さくで優しい方でした。

僕が一度「寒い」って言ったもんだから、

「ひざかけありますからね」

「半纏もありますよ」

「靴下が濡れてるなら、靴下脱いで乾かすといいかも」

「火鉢は、体で包み込むようにすると暖かいですよ」

 

 

と、無数のホカホカアドバイスをくださいました。このアドバイスのおかげで、体より心が温まった。

僕はカフェエドモンズで4時間くらいパソコン作業したんですが、その間も

「電源はありますからね。」などと声をかけてくださいました。やさしい。
wi-fiがあるかどうかは聞いてない。

千葉県富津市 カフェエドモンズ

11時に来た時はお客さん2,3人だったのに。

僕が来た時はガランとした店内でしたが、帰るときにはお客さんがたーくさんでした。

カップル、家族、なんかの団体さんで7人で来てるとか・・・

それでも店内はそうそういっぱいになるようなことはなく、余裕がありました。
けど、雨の日でこれなので、天気のいい日曜日だったら満席で入れなくなることとかもありそう。

カフェエドモンズのレポートは以上ですが、お伝えしたいことがあります。

 

この記事、カフェ・エドモンズの魅力の30%くらいしか伝えられてない

です。
そもそも、コーヒーマニアでも、古民家マニアでもない僕が書いてるのが問題かもしれませんし、写真ももうちょっと気合入れろよって話。ザッと未紹介部分をあげると

▶︎カフェエドモンズには2階もある
▶︎2階には、たくさんのありがたい美術品が飾られてある
▶︎2階にあがれば、古民家の屋根の構造が生々しく見られる
▶︎カフェの入り口ではちょっとしたありがたい雑貨も売ってる
▶︎指定した豆をその場で焙煎してくれる「珈琲220種類 1500円」も飲んでない
▶︎店長の青山さん、たぶんめっちゃ面白いひと

青山さんは、金谷に住んでるんじゃなく、中目黒から毎日車で通ってるらしい。エドモンズの近所に住んでるわけじゃないのね。そしてエドモンズはいまオープンして6年くらい経ってるらしい。

ということで、書き出していけば、この記事はカフェエドモンズの魅力の10%くらいかもしれない、と自虐気味になっております。

なので、この記事を読んだみなさんは、ぜひ足を運んでみて残りの70〜90%の魅力を発見してみるといいと思うよ。

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

スーパーコンテンツ!







人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ふじさわ

ブログでご飯を食べるようになってから4年目に入りました。 元ドコモ店員で、昔は「iPhone愛用中ドコモ店員」という名前でやってました。ノークレイジーノーライフ! 詳しいプロフィールはこちら