[公開日]2017/03/30

「女の子はこう考えてるんでしょ」という僕の予想がこちら。

いらっしゃいませ!ふじさわです。

「異性の考えてることってよくわからない」

男性は女性の、女性は男性の考えてることがよくわからないことが一般的です。

僕は男なので、男がどう考えてるかはかなり把握できてるつもりです。
もちろん男といっても個人差あるけどね。

だけど世の女性はよく「男のひとがなにを考えてるのかわからない」というセリフを言っているのを耳にします。

そして、男性もまた「女の気持ちはわからない」と言っているのを耳にします。

だけど、

「僕はわかってる(つもり)」

いままでに出会った女の子を研究し、話を聞き、心理学の勉強をし、男女脳についての勉強もたくさんしました。
その結果、普通の男よりもだいぶ、女性の気持ちをわかってあげられてる気がします。

だけど「おれは女の気持ちがわかる」とかドヤ顔で言ってもキモイだけです。
なので普段はそんなこと言いません。

これが答えだ!

そこでこの本です。
昨日発売された、僕の14冊目の電子書籍です。

『マッチングアプリ
ー私、もう格好つけてる場合じゃないのー』

<Amazonサイト紹介文>

地元のメーカーに2年勤めた後、24歳で上京したエミは、自分がいくらか魅力的な女であることを理解していた。そのルックスを武器に、東京で充実した日々を送るつもりだった。

しかし、職場と自宅の往復では、なにも新しい出会いはない。久しぶりに会った高校時代の同級生ユナやユウキとのプチ同窓会でも、「私は、こんな生ぬるい人間関係が築きたいわけではない」と心の中で葛藤を抱える。

理想的な異性との出会いを望むエミは、大胆な行動を積み重ねるー。

序章 横浜駅西口
第一章 繋いだ手は離さない。
第二章 出会いの川
第三章 男たち
第四章 事故
終章 セフレと呼ばないで

要するに、
女の子が主人公のフィクション小説です。

ハッキリ言って、こんな小説を自分が書いてることのキモさに耐えられなくなりそうになりました。
だけどどうしても書きたくて、これを書かないといつまでも「書きたい、書きたい」という気持ちが消えなさそうだったので、えいやーで書き上げました。

女の子が主人公なので、ほとんど全編で、女の子の気持ちを描写し続けています。

つまり、これこそが僕の思う「女の子はこう考えている」という予想の結晶なのです。

僕の考える女の子っていろいろキモくてヤバいところがあるので、ブログには書けないので電子書籍という形にしました。ぜひ買って、読んでみて体感してください。
あ、キモイのは女の子じゃなくて、キモイのは僕の考えね。

具体的にいうと

▶︎女は男をどう見てるか
▶︎出会いのない女の子はどんな行動をするか
▶︎女同士の友情の価値は
▶︎女性の本音と建て前について
▶︎女性の性欲について

などを書きました。
「マッチングアプリ」を読んで、僕の考えが正しいのかどうかを教えてほしいです。

発売から1週間だけは250円で買えるのでどうぞ。

電子書籍の読み方がわからない方はこちらの記事をどうぞ。

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 







人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。