[公開日]2017/04/26

47歳でクラウドファンディングに挑戦した男の物語。豪華リターンはあと4日!

いらっしゃいませ!ふじさわです。
今日は、紹介したい友人プロジェクトがあるので、こうして記事を書いてます。

そうです。今日の記事は、
47歳にして、
クラウドファンディングに挑戦し、
まもなく成功を収めようとする男と、

それをとりまく豪華すぎるリターンの物語である・・・。

では、目次からどうぞ。

目次


1、秋濱克大(47)
2、やりたいことをやるのに、年齢は関係ない。
3、豪華すぎるリターン


1、秋濱克大(47)

一年ほど前、ブロガー活動をしていた僕は「ひとりで家にいてもつまんない」と思い、似たような価値観、ライフスタイルの友人が多く住む、神奈川県平塚市に引っ越しました。

その友人が、上の写真のメンバーです。
左から、
世界一周してきたダンサーの中込孝規くん、
僕、
油彩画家の大和田いずみさん、
彫金師の秋濱克大さん、
革作家の藤咲和也です。
(それぞれのホームページのリンクを貼っています。)

だいたいこのメンバー+誰かの友達という感じで、ご飯を食べたり遊んだりしてるわけですが、このメンバーの中の親玉的なポジションなのが、秋濱さんです。

秋濱さんは彫金師なので、手彫りでアクセサリーやオブジェを作る仕事をしています。

クールなチョーカー。

虹色のイヤリング。これ、全部手彫りです。

僕がつけてるバングルも。

そんな仕事をする中で、秋濱さんはあることを思いつきました。

「自分の作品の世界観に合った香りの、お香を作りたい」と。

 

うん。

 

「お香を作りたい」
って、すんごいアダルトで熟成された願望だと思いませんか?
まだピチピチ20代の僕からは、こんな渋いことは思いつきません。

とはいえ、本当にクオリティの高い、満足のいく香りのお香を作るには、それなりに資金が必要です。
そこで秋濱さんは、「クラウドファンディング」でそのための資金を集めることにしたのです。

もっともっと深い、お香を作りたい理由は、秋濱さんの言葉でクラウドファンディングのページに書かれていますので、どうぞ。

2、やりたいことをやるのに、年齢は関係ない。

「クラウドファンディングってなに?」という説明はここでは省きます。自分で調べてね。

ハッキリ言って僕は、
クラウドファンディングは、若者の武器だ
くらいに思っていました。

20代前半か中盤くらいで、めちゃくちゃやりたいことがあるけど、資金が十分にない!
という若者が、十分に資金のある大人や、友人から少しずつ支援を受けて、夢を叶える。というイメージを持っていました。

僕の身の回りでクラウドファンディングに挑戦してるひともみんな、20代のうちにチャレンジをしています。29歳になる僕ですら「もうそんな歳じゃない」と、斜に構えてました。

だけど秋濱さんは、47歳です。もうすぐ48。
決して、年齢だけでひとを判断したいわけではないんですが、僕は素直に、この挑戦に驚きました。

「やりたいことをやるのに、年齢は関係ないんだ」と。

そんなエネルギーのあるひとだったからこそ、僕が平塚に移住を決める要因にもなりました。

秋濱さんの今回のクラウドファンディングは、クラウドファンディングにおける年齢の既成概念を吹き飛ばしてくれるだけのパワーがあるように感じたので、こうして記事に書いています。

そして、ふと思ったことがあります。

クラウドファンディングって、大人の方が向いてるのでは?

というのも、若者はいつだって金がない。
20歳やそこそこの友人がチャレンジしたからって、そうカンタンに何万円もポンとは出せない。

だけど、いま40や50のひとにとっては、数万円の支援くらいは屁でもないひとが多いだろう。
もちろん、本人がどんな人間関係を築いてきたかによりますが。
派遣労働者ばかりと友達になってたら、20歳の友人よりキツそうだ。

そうじゃなくて、キチンと仕事してて、余裕のある友人との信頼関係を十年単位で作っているひとにとっては、明らかにクラウドファンディングをするには追い風になる。

もちろんそこには「年配になるほど、クラウドファンディングそのものを理解できない」という別の壁がありますが、そこはがんばりだ。

3、豪華すぎるリターン

「いままでにしっかり信頼関係を築いたひとの存在は、クラウドファンディングをするとき、追い風になる」と言ったのはまさしく秋濱さんを見てて思ったことで、

ほとんどリターンがなんなのかもわからない

という状態にも関わらず、1万円、3万円のリターンがポンポンと埋まっていたのを見て、信頼関係の大切さを痛烈に感じました。「よくわかんないけど、あんたがやるなら応援するよ」ってことですな。

さて、秋濱さんのクラウドファンディングは

▶︎目標金額40万円
▶︎終了は4月29日(残り4日)
▶︎現在、55万5千円。達成率138%

という状況です。
すでにプロジェクトはサクセス(成功)してます。すごい。
しかし60万円に達すれば、2種類の香りを作れるそうです。

で、秋濱さんのクラウドファンディングのページにはリターンが記載されてるけど、さらにパワーアップしたようです。
キャンプファイアーのページは更新に時間がかかるので、僕が替わりに紹介しよう。
リターンは3種類で、3000円、一万円、三万円です。

▶︎3000円のリターン
お香数本と、天使のスタンド

かわいいデザイン。

かわいいデザイン。この試験管みたいなのがお香ケースになってて、ケースの蓋の裏側に、天使スタンドがついてるイメージ。収納にも便利だしおしゃれかわいい。

▶︎10000円のリターン
お香数本、天使のスタンド、シルバーの羽のスタンド、ボックス。
ボックスに、大和田画伯のペイントが入るかも。

箱に収納できて素敵。

いきなり豪華セットになりました。2種類のスタンドを気分に合わせて使い分けてもいいし、ひとつは玄関、ひとつはデスクとかで使い分けてもいい。

ハッキリいってむちゃかっこいい。

▶︎30000円のリターン
お香数本、天使のスタンド、一点ものの手彫りのスタンド。

手彫りなので、全てデザインが違うそう。金か銀。

で、ここまで見て、クラウドファンディングよく知ってる人はわかると思うんですが
リターンが豪華すぎる。
よくあるリターンは、3000円や5000円なら「お礼の手紙」とか「お礼の電話」ってことも多いよ。

もちろん、クラウドファンディングは商品の売買ではないからそれでいいんだけど、今回は3000円の支援でも天使のスタンドがもらえて嬉しい。
いやそれよりも、三万円で、秋濱さんの手彫りの作品が手に入るなんて、レアケース。普通はそんな価格では手に入らないからね。

ということで、
このクラウドファンディングをきっかけに、素敵なお香を部屋に焚く習慣を手に入れて、
やりたいことをやるのに、年齢は関係ない
という熱を感じるひとがひとりでも増えるのを願っています。

とりあえず一度ページをのぞいて見て、グッと来たら支援をどうぞ!

「天使の香」クラウドファンディングページへ

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!







ふじさわ、過去最大級のチャレンジ中!

ふじさわ、過去最大級のチャレンジ中!

人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。