[公開日]2017/06/25

タンスのゲンのハンモックが快適でコスパ最高なのでみんな仕事なんかするな!

いらっしゃいませ!ふじさわです。

みなさん、元気にしてますか?
僕が滞在してるコワーキングスペース「まるも」にハンモックが導入されました。
導入されたというか、ほしいものリストでプレゼントしてもらったそうです。テルくんありがとー!

価格も機能も大満足なので、レビュー書いちゃいます。

1、タンスのゲンのハンモックは6000円代

このハンモック、機能の割にめちゃ安でびっくり。

写真で見てもらえば一目瞭然ですが、このハンモックは「寝る部分」だけではなく、骨組みもついてくるので最高です。
東南アジア旅のときに、カンボジアでいわゆる「寝る部分」だけを800円くらいで購入して、それ以降のゲストハウスでひっかけて遊びまくってたのが懐かしい。

カンボジアのゲストハウスにて。

こういうふうに「寝る部分」だけ購入するのが一般的で、「自由っぽい」ので素敵ですが、その実、ひっかけるところを探すのにメチャ苦労します。
あげくの果てに、フィリピンの語学学校で窓の柵を利用してのんびりしてたら、窓の柵を破壊して怒られたことがあります。

なので、タンスのゲンのハンモックは、脚の部分もついてて
ステキィッィィィ!!

2、タンスのゲンのハンモックは角度調整できる

さてみなさん、上の写真を見てなにか思いましたか?

「なんかリゾート感が少ない」

と思いましたか?
やっぱりハンモックといえばリゾート感。リゾート感といえば

このくらいタユンタユンのほうがいいですよね?
背景がコワーキングスペースなのでリゾート感もクソもないとかそういう話は置いといて。

ちょっと写真では見にくいですが、脚部分に4箇所、このような金具がついていて、角度を調整できます。
一番沈み込むモードにすれば体が「く」の字になり、
水平に近いモードにすれば体は水平に保たれます。

ということで「く」の字に挑戦してみましょう。

ケツが地面に当たるんやけど・・・・

これは僕の座り方が悪いとかじゃなく、誰がやってもそうなります。

まるものオーナー、まつさん(@matx2_n)が使ってもこんな感じ。ちなみにいま、まつさん中心でクラウドファンディングしてます。よろしくお願いいたします。↓
コワーキングスペース「まるも」のトイレ改修を通して選択肢を提示したい!

ということで、一番沈み込むモードは「観賞用」か「お子さん用」ということになりそうです。多分。
やっぱり、一番沈み込まない、水平に近いモードの方が快適に過ごせます。

3、タンスのゲンのハンモックは、体重93kgでもオッケー

ちなみに、コワーキングスペースにいた体重93kgのNさんにも試してもらいましたが、

「ちょっと沈み込みが激しい気はするけど、快適だよ」

との感想をいただきました。
体格の大きい人でも安心。

設置する場所は、屋外の方が雰囲気出るけど、値段が値段なので、風雨にさらしちゃうとワンシーズンもたなそう。
僕らはいまのところコワーキングスペースの室内に置いてますが、場所をとるので今後はどうなるかわからない。

置く場所さえちゃんとあるのなら、

▶︎コスパ最高
▶︎超快適
▶︎角度調整もできる

お得商品ですよ。

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!







ふじさわ、過去最大級のチャレンジ中!

ふじさわ、過去最大級のチャレンジ中!

人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。