[公開日]2017/07/15

3連休でVALUがお休みなので、「VALUの3つの楽しみ方」を解説するよ。

いらっしゃいませ!ふじさわです。
3連休になりました。「海の日」を含む3連休なので、海に行く人も多いでしょうか。
僕は今日から5日間、秋田に行きます。それについてはまた書きます。

ということで

VALUたのしいいいぃぃっっぃっ!!

VALU(バリュー)ってのは、2ヶ月前くらいに始まったサービスで、記事も少し書きました。

参考記事→数年後、僕らは「VALU世代」と呼ばれるのだろうか。現在までわかってることと未来。
参考記事②→VALU→現金にしてみました!ビットコインと現金の出金方法全て書きます。

ザッとポイントだけまとめると、

・VALUは、個人が株式会社のように「株(VALU)」を発行して、それを売買できる。
・ビットコインを使って全ての取引を行う
・平日の9時〜21時しかサイトにアクセスできない

というサービスです。
で、このVALUってけっこういろんな要素が絡みます。

知らん人
で、私にはなんのメリットがあるの?

という方に対して

ふじさわ
3種類の楽しみ方を教えます

というのがこの記事です。どうぞ。

1、クリエイターの資金調達のため

まさしく、この記事みたいな感じです。
参考記事②→VALU→現金にしてみました!ビットコインと現金の出金方法全て書きます。

VALUは、「株」という形をしてますが平たく言うと「その人に出資してる」わけで、「金をあげてる」という行為に他なりません。

「他人に金をあげる」

なんて、狂人がするような行為ですが、現代ではいろんな形でそれが普通になりつつあります。

・欲しいものリストを公開して、商品を受け取る
・銀行口座を晒したら、振り込まれた
・クラウドファンディングで資金調達

などです。
それに対して、お金を出した側は

「いいことした」という満足感や、
「応援したい」という気持ちを満たしたり、
「形のあるリターン」を得ることができます。

詳しくはこちらの記事に書きました。
参考記事→現代は一番クールに「お金ください」を言えた人の勝ちになりつつある。

そんな中でのVALUですよ。ええ。
VALUでは、「お金を渡す」見返りに「そのひとの株券(VALU)」が手に入ります。
そしてVALUの価格は変動するので、「将来、そのひとが有名になったときに売って儲けよう」という気持ちが働きます。

なので、「ただお金をもらう」だけじゃなく、出資する側も「このひとを応援しつつ、自分も儲ける」という、ウィンウィンな関係です。もちろん損したら自己責任。

 

 

ふじさわ
要するに、なにが言いたいかって言うと。

 

 

「クリエイターは、VALUで資金調達しちゃいなよ。」

です。

VALUは、最初は「ブロガー」と「スタートアップ経営者」ばかりでしたが、ドンドンと他ジャンルから流れ込んで来ています。
僕が確認できただけで、

・バンドマン
・漫画家
・モデル
・コスプレイヤー
・画家
・ダンサー
・アーティスト(範囲広すぎ)
・作家(いろいろ)

・・・と、無限のジャンルから参入してきています。

沼乃ぬこ Twitter

ちなみに、ずっと「ピックアップ」の最上段に表示されてて「VALUシンデレラ」(略してバリュデレラ)と僕が勝手に呼んでるコスプレイヤー「沼乃ぬこ」ちゃんとは、ひょんなことで昔知り合ったので、これからは彼女と知り合いってことだけを自慢し続ける人生になりそうです。

で、
「クリエイターは、資金調達しちゃいなよ」
ですが、もちろん「ある程度の情報発信をしてるか?」「将来性を見せられるか?」というのは大事な要素ですが、クラファンとかと比べると、厳密に優待を用意する必要がないのと、プロジェクト単位ではないので長期的に計画を立てられます。
そして「株」だから、あとで売ろうという真理が働くので、買う側も売る側もラクです。

いくら「自分の好きなことで食べていきやすい時代になった」と言っても、トッププレイヤー以外のほとんどは未だに
「茨の道」です。
そんな茨の道を少しでも歩きやすくするためにVALUは資金調達にオススメです。

僕も、もっと売り出していって、資金調達したいです。
で、もっと有名になって初期から保有してるひとにも、いま買った人にも、儲けてもらいたい。

2、強力なつながりを作るSNSとして

VALUの2つめの使い方は「特殊なSNS」です。

というのも、TwitterやFacebookよりも「濃い」つながりを作れる可能性があるからです。
その「濃さ」の源は

「お互いの株を持ってるかどうか」
で生まれます。

TwitterもFacebookも、500人とか1000人と繋がっちゃうと、もはや誰が誰やらわかんない。
それは、繋がるのにコストがゼロだから、繋がりが無限に増え続けることになるからです。
その分、ひとりひとりとの関係は薄まる。

だけどVALUは、お互いに1VAずつ持ったとしても、数百円〜数万円ずつくらいのコストをかけあってるので無限に増えはしない。
一応「ウォッチリスト」の機能はあるけど、「VALU主である」というインパクトが強いのでウォッチリストの価値は低い。

そうして「お互いの株を持っている人」というつながりは、過去のどのSNSでもなかったほど深いものになります。

さらにさらに、「有名な人」「ジャンルが違うけど興味ある人」とは、いままでもSNSで繋がれました。

しかし、相手からしたらたくさんいるフォロワーのひとりになります。
そこで相手のVALUを買うと、グンと存在感が増します。相手だって、無視できなくなります。いや、無視できるんですが、他のSNSと比べて圧倒的に濃いつながりを作れます。なにせ株主ですから。

ちなみに、株でよくある「株を50%持ったら意思決定がなんとか」「33%以上でなんちゃら」「100%でその会社は株主のもの」とかは、VALUでは一切ありません。人間の意思を決めることなんてできませんよ。それも理解した上で売買されてます。

そうして、「VALUを買う(金を払う)」ことで、好きな相手と、SNSよりも濃いつながりを作ることができるのがVALUの特徴です。これって別に珍しいことじゃなくて、株式会社がいままでやってきたことが、個人に変換されたって感じですね。

やらしい話、VALUの「カテゴリ」で「モデル」って選んだら、モデルさんがザーッと出てくるんですよ。まだ20人くらいだったけど。そんな、手の届かない、接点もないような方々のVALU買ってつながり作れるって、なんかすごくないですか。感動しないですか。キモイですか。だけど感動してるんです。いままでは、数十万人のフォロワーのひとりしかなれなかったのに、いまは20人とかのVALU主のひとりなんて。だからどうとかないんだけど。

一応VALUには「優待」という制度もあって、VALUの保有数に応じていろいろサービスがあったりする。

僕の場合は1VALUでも保有してたら、最新電子書籍プレゼントです。

参考記事→VALUの優待つけました。
だけどまだ「優待なし」の方もかなりいるから、「優待」の重要性はこれからって感じ。現状は、VALUそのものの価格変動がメインて感じです。

3、普通の投資対象として

VALUも、基本的んは株式投資とかFXとかビットコインとかいわゆる「安く買って、高く売る」類の投資対象と同じです。

まだまだ市場規模が小さいからアレだけど、新たな投資対象が世の中に生まれたという側面も大きいです。

僕は、VALUを
①自分の資金調達に利用し
②強力なSNSとしても
利用していますが、

実はこの③の投資対象としての楽しみにワクワクしきってます。

安く買って、高いときに売るだけで儲かるなんて最高ぉぉぉっ!

という感じで一日中、VALU見ちゃってます。
というのも「いつかは投資とかしてみたい」と昔から思ってたんですが、「数百万円くらいないと話にならない」と思い込んでたので、VALUで数千円からでもできるのでテンション爆上げです。

しかもこれ「お金を稼げる」という面とは別に「ゲーム的な楽しさ」が強いです。
もうね、VALUの画面を見てる時のドーパミンの量がヤバイ。

僕は「クラッシュオブクラン」を今でも毎日やってて、もうすぐ5年目になる(!!)んですが、基本的にゲームは大好きです。
クラッシュオブクラン以外にも最高なゲームは世にたくさんあるんですがそれら全てにハマってしまうと「人間らしい生活」ができなくなるので控えています。

しかし、VALUはそんなスマホゲームに似た楽しさがあるんです。
しかも報酬は、リアルな現金に変換可能。

ハマらないわけがない。

もちろんこれは「VALU中毒」とか言われる状態なので自制はしてますが、ひょっとしたら30代以降は「トレーダー」として生きるかもしれないと思うと、いまから自分のコントロールに慣れていきたいです。
本業のブログとアフィリエイトもがんばるよ。

「いつかは投資とかしてみたいと思ってた」という方は、投資対象が「人間」なので、圧倒的に他の投資よりやりやすいですよ。(他の投資したことないけどな)

あと「ゲームがめっちゃ好き」という方も、絶対にハマっちゃうでしょう。

まとめと、VALUの裏の目的

ということで、VALUは

①クリエイターは資金調達に使おう!
②すごい感じのひとと知り合うチャンスだよ!
③投資デビューのチャンス!

という3つの側面があります。

それに加えてVALUには「裏の目的」があるとも言われています。
それは

「ビットコインを世に広めるため」

に作られたというものです。
ひょっとしたら裏でもなんでもないかもしれないんですが、VALUにおいて「取引がビットコインである必要性」ってありません。
だけど全てビットコインにしてるという時点で、ビットコインを世に広めるという目的もありそうです。

ということで、みんなもVALUのアカウントを作って

VALU(平日の9時〜21時しかアクセスできない)、

ビットコインデビューしよう!
ビットコインのサイトは、以前はbitfley(ビットフライヤー)を使ってましたが、coincheck(コインチェック)に変更しました。

ビットフライヤーよりコインチェックの方が管理画面がシンプルで使いやすそうだったので。
みんなも、コインチェックでビットコインデビューどうぞ
ビットコインそのものも、勉強して詳しくなろうと思います。

これもFeBeで買った。

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 







人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。