[公開日]2021/12/19

2021年振り返りと、「本におかえりなさい」

2021年も終わりますねぇ!

この記事では僕の「2021年の振り返り」と「Kindleを出したよ」ということを書くんですが、みなさんに伝えたいことは

振り返り 2:8 Kindleだしたよ くらいの感覚です。

↑これです。まだの人はどうぞ!1週間限定で半額の250円です。それ以降は500円になります。

1月 今年の目標は「爆裂レビューふじさわ」100本だった

この記事を読んでる人で爆裂レビューふじさわの動画を一度も見たことない人はいないと信じたいです。

昨年末くらいから「自分にはこれしかない」と思いははじめて、爆裂レビューふじさわに熱を入れてました。

2021年の正月には「爆裂レビューふじさわを3日に1本出して、年で100本だそう。そしたらチャンネル登録1万人くらいはいくっしょ」と思ってました。

結果、実際には12本になりました。13本目をギリギリだすかもって感じ。

お仕事は、昨年からしてた正直スマホのライター、クラウドソーシングで見つけたディレクターの仕事をずっとしてました。

2月 館山TVの仕事スタート

上記の「爆裂レビューふじさわ」の動画を見て、友人の会社から依頼があり、なんと館山市役所とYouTubeの仕事を始めたんですよ。館山TVです。

同じテイストの動画でも、個人で勝手にYouTubeに投稿するのと、間に会社を挟んで、行政と一緒に仕事をするのは全然違いますからね。

ここだけの話、最初に「館山関連のYouTubeの仕事、一緒にやりませんか?」って話をいただいた時は、泣きましたね。

「爆裂レビューふじさわ」は、自分のスキルや個性や特性をフルに出した、全力投球のコンテンツだったので、それを見込んで声をかけてくれたことが嬉しくて、ほろりときました。

当初は「館山のうまいものお取り寄せ」だったんですが、今は「館山爆裂ニュース」として投稿してます。

3月 モデルのお仕事ふえてくる

2020年の12月から、YScompanyというモデル事務所に所属させてもらって、モデル活動も始めました。

2月くらいから徐々にモデル関連のお仕事も増えてきて。特にウェディングモデルの仕事を多くいただけて、ありがたかったですねぇ!

基本、他のどの仕事もカフェか自宅でパソコンパチパチ系なので、都内に出かけていって、複数人のプロフェッショナルとリアルに仕事すると新鮮で楽しいんですよね!

いままでもフリー素材のぱくたそでモデルしてましたが、最近はもうフリーじゃないモデルですからね!

モデル案件があったら、冗談じゃなく「事務所通してもらわないとダメなんで・・・」て言わないといけないんです。信じられない。

モデルと並行しつつ、ライター、ディレクター、館山TV、タロログ英語などやりつづけてました。

月末にはまるもにもいきました。

4月 YouTubeがんばりはじめる

この時点で、「爆裂レビューふじさわ」「館山TV」「タロログ英語」など複数のYouTubeを運営してたんですが、このままだと爆伸びしないなと思うようになってきて、YouTubeの勉強をジワジワ始めました。

Twitterで「YouTube伸ばすのが得意です」という人のnoteを爆買いです。爆買い。

5万円分くらいはnoteを買いました。

それらのノウハウって、だいたいが「今あるチャンネルを伸ばす」というより、「めちゃくちゃ丁寧にリサーチして、新しいチャンネルをつくって、ドカンと伸ばす」なんですよね。

なので、このあたりから新しいYouTubeチャンネルを作り始めます。

ちなみに4月にはバンジージャンプ飛びました。

5月 新YouTubeチャンネル作る

5月はめちゃくちゃ働きました。

ライター、ディレクター、館山TVの動画でほぼスケジュールはいっぱいなんですが、新しいYouTubeチャンネルも作りました。

クライアントワークをしつつ、自分のチャンネルの動画も作るのって大変ですね。

だけどちょっとずつ結果がでて嬉しかった。

6月 新チャンネル登録1000いく/記事広告たくさん

5月から取り組んでいたYouTubeチャンネルの登録者が1000に到達して、くっそテンアゲでした。

肩書きだけで言えば「1ヶ月でYouTube収益化成功!」なんですが、1000を超えてから大幅減速し、全然伸びなくなり、そのチャンネルは今日まで鳴かず飛ばずです。

収益は5000円/月くらいにはなったんですが、伸びなさすぎて心が折れました。

ありがたいことにモデルの仕事もたくさんいただき、ライター、ディレクター、館山TV、YouTubeの勉強で割といっぱいいっぱいでした。

僕、ブロガーになってからクライアントワークをこれほど同時に大量に抱え込んだことがなくて、仕事量の調整が上手じゃなかったんですよね。(今もそんなに上手じゃないですが)

あと、サバゲーに参加して、BB弾がちょうどApple Watchに当たって破壊されて鬼萎えしました。

7月 YouTubeチャンネル作りまくる

あまりにも仕事量が増えすぎ、疲弊したのでディレクターの仕事だけ辞めさせてもらいました。

だいぶ時間が空いたので、ゲーム系のチャンネル以外にも、新しいチャンネルを3つくらい作りました。

で、ガシガシ動画あげていた時期。リフレッシュで行った本屋さんでこの本を見つけたんですよね。

なぜかこの「あやうく一生懸命生きるところだった」というフレーズが心に刺さって。

「おれ、めちゃくちゃ一生懸命生きちゃってる」と、なんかこう、今の生き方違うかもな、みたいな感覚になったんです。

で、実はなんですが、最近出したKindle本はめちゃくちゃこの本に影響受けてます。

で、「あやうく一生懸命生きるところだった」を読んで、ちょっと肩の力を抜いて、冷静になってみよう、と思ったわけです。

あと、とりたてて書いてないですが、ビーチバレーは通年でやってます。やりたい人いたら連絡くれね。

8月 ウェディング、ウェディング、ウェディング

ありがたいことにウェディングモデルのお仕事をたくさんいただけて、毎週のように撮影してました。

お仕事はライター、館山TV。

あと、誰にも見とられることなく、ひっそりとタロログ英語の更新が止まりました。タロウさんお疲れ様でした。

あと、8月末にはほくろ除去もしました。もうほとんど治ってるよ。

9月 どのYouTubeも伸びずに焦る

YouTubeチャンネルを複数更新してたんですが、どれも伸びずに焦りまくりでした。

ちゃんと1万円のnoteの通りに作ってるのに。

そんな中、34歳になりました。ほしいものリストでプレゼントくれた方、ありがとうございます〜!

で、このあたりで、2021年最大くらいの気づきをしてしまうんですよね。

その日はダラダラっと、ブログ関連、YouTube関連の売上を見てたんですが、5年前くらいに発売したKindleから、いまだに毎月1万円前後くらい振り込まれてるんですよね。なんの宣伝もしてないのに。

方や、毎日毎日YouTubeを作ってて、動画をアップし続けてるのに、1円にもなってないたくさんのYouTubeチャンネル。

で、YouTube動画を作ってる時って楽しいっちゃ楽しいんですが、どう考えても、電子書籍に自分の書きたいことをダダダダダーッ!と書いてるときの方が楽しいんですよね。フロー状態に近い。

つまり、YouTubeよりKindleの方が

  • 息の長いコンテンツが作れる
  • 作るのが楽しい
  • 収益も上がりやすい(感じがする)

だったんですよね。

それに加えて、今のイケイケな若者はみんなYouTubeがんばってるんで、Kindleの方がブルーオーシャンかなとか思ったりしたわけです。

そんなこんなで、10月からKindleを書き始めました。

10月 Kindle書き始める

10月に入ると、ほぼ全てのYouTubeチャンネルの更新をストップしました。

お仕事はライターと館山TVのみ。だけどそれだと収入低いのでチビチビ案件探しつつ。

Kindleガシガシ書くタイムです。しかし書籍ほどの長文を書くのが久しぶりだったので、強制的に書くため、先に表紙を作ってしまいました。

ご近所のイラストレーターめいちゃんに表紙イラストをお願いし、長年お世話になってるデザイナーさんにデザインしてもらい、表紙が完成しました。

ちなみに二人には

「11月1日には出版したいのでお願いします!」と、めちゃくちゃ急かして作ってもらいました。実際の発売は12月16日ぃ。

で、イメージ通りの表紙はできたものの、それから10月、11月、12月と執筆することになりました。

あと10月は、近所の友達と焚き火をたくさんしました。焚き火は最高。

11月 仕事と執筆

11月には、ライターの新しい案件がTwitter経由で決まり、再び忙しくなりました。クラウドソーシングでいくら探しても仕事決まらないのに、ツイッター経由で一発で決まってツイッターすごいってなりました。

なので、ライター案件×2と館山TV、モデル、Kindle執筆の月でした。

ここまで書いて、一度も「コロナ」という文字を書いてなかったですが、この辺りで緊急事態宣言が明けて、都内にも遊びに行ったりしました。

るってぃたちとスマブラしたりしました。スマブラのこともいま初めて書きましたが、ずっと毎日1〜2時間くらいはしてます。モテアマスにも初めて行きました。

12月 Kindle発売しました(訳:買って)

昔住んでた街に立ち寄って、昔住んでたアパートを見てきました。

狛江市に住んでた6年くらい前は、今ほど友達もおらず、借金はあったし、自信過剰でニートみたいなブロガーだったなぁ・・・などといろいろ感じました。

ということでKindleを発売しました。こんな感じで右往左往しながら書いた本です。普通の本の半分くらいのボリュームなので、サクッと1〜2時間で読めるかと思います。

これで振り返りは終わりです。2021年、ライター、動画、モデルなど、お仕事させていただいたみなさんには大感謝です。来年もよろしくお願いします。

「本におかえりなさいませ。」

7月ごろに本屋さんで「あやうく一生懸命生きるところだった」を買った時に挟まってた栞がこれでした。

「本におかえりなさいませ。」僕の2021年をこれほどピッタリ表す言葉は他にないです。

3年くらい前から動画をがんばってきたけど、YouTubeという修羅の世界で心折れて、表現方法を文章に戻しました。

それに合わせて、僕自身もYouTubeやSNSよりも、本を読む時間が増えました

本を読むのって、やっぱいいですよね。動画もいいけど、本もいい。

何かを表現するには、その媒体をインプットする必要があると思うんですが、

今後の人生、「動画を見ながら動画を作り続ける人生よりは、本を読んで本を書く人生の方がいい」と思ったんですよね。

いや、また飽きるかもしれないですけど。より息の長いコンテンツを作りたい、という気持ちもありますし。YouTubeって、ヒットしても3日くらいしたら一瞬で再生数が減るので、萎えるところあるんですよね。

ということで、そんな紆余曲折を経て書いた「すぐ飽きるのも、才能だよね。」ひ買って下さい!

より多くの人が買ってくれたら、僕のモチベーションも上がって次も書こうって思えます!

Kindleアンリミテッドの読み放題で読んでくれても嬉しいです!

いいなと思ったら、友達に勧めてくれたり、SNSで投稿してくれても最高です!アマゾンレビューも嬉しいです!

なにとぞ、なにとぞ〜!

 

ーーーーー

 

ということで、最後まで読んでくれてありがとうございました!

人によってはしんどい一年だったかと思います。というか誰しもがそれなりにしんどいし、楽しいこともあるし、がんばった一年だと思います!生きていることに感謝ですなほんと。

あと、バチェラー・ジャパン4は最高だったしスマブラは相変わらず最高です。

少し早いですが、よいお年を〜!

人気ブログの記事をシェアしよう!