[公開日]2018/07/31

男性用化粧品「バルクオム」のリアルイベント「バルクオムバー」行ってきたよ!

↓スポンサーの鈴木太郎さんです!↓

ブログを読んでみる。
鈴木太郎に関する記事を読む。

いらっしゃいませ!ふじさわです。

このブログのキャッチフレーズ、
「イケメンは、つくれる。」じゃないですか?

で、見た目とかダイエットとかいろんな要素で構成していくし、それこそ
「イケメンをつくる7つの習慣」というコンテンツも作ってる途中なんですが。

うすうす気づいてはいたんですよ・・・

お肌のケア

に関しては、むっちゃくちゃ適当だなって。

そんな中、男性用化粧品「BULK HOMME(バルクオム)」の定期購入者限定のリアルイベントに当選したので、行ってきました。

バルクオムのホームページ

バルクオムのことはよく知らないんですが、年齢も30才になり、自分がイケメンであり続けるためにも。

イケメンコンテンツを作るためにも「スキンケア」って絶対に避けられないなと思ったので、このイベントをきっかけに変化するかもと思って参加してきました。

1、バルクオムバー開催。

バルクオムは、男性用化粧品の会社で、基本的にはネットで買えます。
アマゾンでも買えるし、街中の量販店でも売っているところはあります。

しかしこの日は特別に「バルクオムの製品をイメージしたバーを限定でオープンする」という、レアイベントの日でした。

 

 

場所は、渋谷の奥の方でした。

 

 

店内は、最大でも15席くらいしか座れないくらいの、コンパクトなバーを限定で借りている感じでした。
内装は全部モノトーンで、無骨なバルクオムのイメージが再現されていました。

 

 

バルクオムの製品が並べられています。
バルクオム製品でも使ったことのない製品もあり、

「こんなにあるんだ〜!へ〜!すごぉい!おっしゃれ〜!」

という小学生みたいな感想を持ちましたが、この日の服装は結婚式帰りのスーツだったし、こんなオシャレな場所なので

「ふむ・・・なるほど・・・よい雰囲気ですね・・・」

くらいに留めておくに至りました。

 

 

バルクオムの製品は「洗顔」「化粧水」「乳液」を中心に9種類あります。
詳しい製品情報はバルクオムホームページへどうぞ。

 

 

バルクオムの製品をイメージしたオシャレで美味しい食べ物がたくさんありました。

 

 

パッと見はすごくオシャレなんですが、よくよく聞いてみると
「バルクオムの洗顔のときの泡をイメージして、鮮魚のマリネには泡がついてる」
とか、

「製品パッケージの黒と白をイメージした白黒の胡麻豆腐です」
とか、

 

 

割とぶっ飛んだコンセプトのメニューが多かった
という印象でした。
普通に全部美味しかったし、栄養豊富なお料理でした。

 

 

こちらは「ブラックパインリキュールのヨーグルト割り」

店全体、ブランド全体から
「お子様のためのブランドじゃなくて、洗練された大人のブランドですよ」
というメッセージを感じます。

 

 

フォトセッションもちょっとだけしました。

2、男のお肌ケアって必要なの!?バルクオムの社員さんに聞いてみた。

ここで、このイベントを担当しているバルクオムの上本さんにお話を伺うことができました。

ふじ「あの、ぶっちゃけ僕、お肌のケアはバルクオムにする前は
ボディソープで体を洗いながら、そのまま顔面も洗ってスッキリしてる
って感じだったんです。

それでも周りからは「肌、綺麗だね」「ピチピチだね」って言われるので、これ以上ケアをする必要ないんじゃないかと思ってるんです。」

上本さん「そうですね。そういう方は多くいらっしゃいます。
ただ、ボディソープや市販の洗顔ですと肌の表面の油分などが取れすぎてしまうことが問題ですね。
今はまだそのやり方でも構わないですが、これから年齢が上がるにつれ、お肌がカサカサになったり白く粉を噴いてしまうかもしれません。」

ふじ「あー・・・確かに、冬には肌がカッサカサになってます。」

 

 

ふじ「じゃぁやっぱり、バルクオムの製品を使った方がいいんですかね?

というか、さっきボディソープや既存の洗顔だと、脂がとれすぎてしまうのが問題とおっしゃっていたので、バルクオムの製品は脂がとれすぎないんですか?」

上本「その通りです。バルクオムの製品は、必要な栄養分だけお肌に残して、不要な老廃物や多すぎる脂分を取り除きます。」

 

 

 

 

 

魔法かよ。

ふじ「すごいですね〜!けどぶっちゃけ、バルクオムを使うっていうより、洗い方にもポイントがありそうですね。」

上本「そうですそうです。洗顔なら、付属の泡だてネットでモッコモコの泡を作って、その泡でお顔を包み込むように洗ってください。ゴシゴシと手で直接洗ってはダメですよ。泡が汚れを吸着してくれれば、必要な栄養は残したまま、不要なものを肌から取り除くことができます。」

 

 

結論。

▶︎バルクオムの製品(洗顔)は、他のものよりも洗浄力が高いわけではなく、むしろ必要な栄養素は取り除かない、優しい洗顔

▶︎洗顔に関しては、バルクオム製品を使うことも大事だけど、手でゴシゴシ洗わず、モコモコの泡で洗う洗い方の方がむしろ大事。

ということで、バルクオムバーイベントは楽しく終了しました。
振り返ってみると「洗顔」のことしか質問しておらず、「化粧水って必要なの?」とか「乳液ってベタベタでいやだ」などの質問はできませんでした。

洗顔に関する質問も、イベントでバーッと話した内容を僕の記憶を頼りに書き起こしたものなので、正式なバルクオムの考え方と一致していないかもしれません。

ちなみに、洗顔も化粧水も乳液も3000くらいします。
できる男の化粧品はできるお値段だ。

3、バルクオムのBASICコースの内容はこれだ!

ちなみに、僕が定期購入している「BASICコースセット」はこんな感じです。
薄暗い部屋の撮影ですまん。

BASICコースセットは、
「洗顔」「化粧水」「泡だてネット」「ボトル」「乳液サンプル」のセットです。
合計すると6100円なんですが、初回限定で500で購入できました。

こういう「初回500円」とか安いやつだと「3ヶ月は必ず契約してください」のような罠があるんですが、バルクオムはそんなこともなく、むしろ23日間の返金制度があるので安心です。

「乳液も欲しい」という方は、2380円の「3ステップコース」も用意されてます。

バルクオムのホームページ

けど僕のように
「ボディソープで顔も洗ってる」
レベルの人は、とりあえず500円コースで洗顔と化粧水を試してみるのがいいと思います。
バルクオムのホームページ


ホームページには、まだ僕も理解していない「全ての製品に共通で含まれる成分」とか「窪塚洋介さんのPR動画」もあります。
注文も、アマゾンアカウントとの紐付けで一瞬でできたのでカンタンでした。

ということで、バルクオムバーにも行き、定期コースに入会したので、これからちょっとずつバルクオムの製品を試していこうと思います。
またブログでレポートを書くかもしれないので、お楽しみに!

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!


↓都内で行われるイベント&オフ会受付中!↓

人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。