[公開日]2021/03/08

【iPhone修復】iMobieのAnyFixでiPhoneのあらゆる問題を解決する!

いらっしゃいませ!ふじさわです。

iPhoneやiPadを使っていると、故障してフリーズし、すごく困ることが必ずあります。

  • リンゴマークが出たまま動かない
  • 勝手に再起動を繰り返す
  • 濡らしてしまって動作が不安定

このような時は「とりあえず内部データだけでも確保したい!」とか「できたらもう1年くらい使いたい!」とか様々な気持ちがあります。

しかし実際に自分でできることは少なく、復旧業者に依頼すると数万円がかかると言われて、萎えてしまったことがある人も多いと思います。

実際に数万円で復旧業者に依頼したことのある人もいると思いますが、この記事では数万円でiPhoneのトラブルを復旧できる可能性のあるソフトの紹介です。

AnyFixでできること

この記事で紹介するのは【iMobie】という会社の「AnyFix」というソフトです。

このソフトは、WindowsかMacのパソコンにダウンロードし、ケーブルでiPhoneやiPadと接続し、iOSの修復を行うソフトです。

iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、合計で130以上の種類の問題を修復します。

上記機種の以下のような症状に対応しています。

  • 充電できない
  • 起動できない
  • 再起動を繰り返す
  • フリーズ
  • 「アップデート確認中」から進まない
  • ぐるぐる画面でフリーズしている
  • ズーム表示のままフリーズ
  • あらゆる画面表示のまま動かない、繰り返す

要するに「操作ができず、自力ではどうしようもないあらゆる状態」に対して効果を発揮する可能性があります。

そのほかにAnyFixでできること

AnyFixはApple端末の修復以外にも、便利な機能が複数あります。

以下の機能が使えれば、あらゆるあ症状に対応できます。

iOS/iPadのアップグレード/ダウングレード

iOSは、アップグレードの時こそ積極的に通知をして知らせてくれますが、ダウングレードは簡単にはさせてくれません。

ダウングレードが必要な場面は多くありませんが、古いOSでないと動かないソフトがあったり、「OSを戻したい」と思うことはたまにあります。

他にもダウングレードする方法はありますが、いずれの方法も手間がかかることが多いので、AnyFixを使ってダウングレードできるのは嬉しいです。

パスワードなしでもリセット

  • 強制リセット
  • クイックリセット

の2種類があり、特に「強制リセット」は、iPhoneのパスワードを忘れてしまった場合に使えます。

パスワードがわからなくても工場出荷状態にできるので、訳ありのiPhoneを使いたいときに効果を発揮します。

iTunes同期エラーを修復

なんらかの理由で、iTunesとiPhoneが同期されていない症状をリカバリできます。

これも、基本的にはiPhoneの修復と同じ手順でiTunesとの接続状態を修復します。

リカバリモードの切り替え

リカバリモードとは、iPhone、iPad、iPod touchなどで強制的に初期化が必要になる状態のことです。

このモードには手動で入ったり出たりが容易ではなく、特殊な操作が必要ですが、AnyFixがあれば1クリックでリカバリモードに入る/解除ができます。

AnyFixを実際に使ってみた

ということで、AnyFixを実際に使ってみます。

ホームページからAnyFixをダウンロードし、macとiPhoneとケーブルでつなぎます。

AnyFixを解答すると、以下のような画面になりました。

この画面で、行う操作を選びます。幸いにも僕のiPhoneはなにもトラブルには見舞われていませんが、今回はメインである「システム修復」をしてみようと思います。

すると「iPhone」「iPad」「iPod touch」「Apple TV」などの選択肢が出るので、自分が操作したいデバイスを選びます。

すると「標準モード」「高級モード」「最高級モード」の3種類が選べます。

今回はデバイスのデータを消す必要のない「標準モード」にします。

「高級モード」「最高級モード」は、よりiPhoneの深いシステムにまで働きかけます。その分時間もかかりますが、デバイスの状態によって使い分けるとよさそうです。

その後、macに新たなファームウェアのダウンロードを要求されます。

ファームウェアのダウンロードに5〜10分程度かかります。

僕のiPhoneは特に異常がないはずですが、「とりあえずアップデートしてはどうでしょう」との提案を受けたので、アップデートすることにしました。

アップデートの処理が始まり、iPhone画面がアップルマーク表示になりました。

15〜20分ほどでiOSアップデートが完了しました。(とはいっても違いはわかりませんでした)

今回は、iPhoneにとくにトラブルがない状態でのテストだったのでこのような結果で仕方ありませんでしたが、実際にiPhoneが動かなくなったりフリーズしたらとても助かる機能でしょう。

AnyFixの料金は4,580円〜

AnyFixは無料でも使えますが、「iOSシステム修復」などメインの機能はPro版を購入しないと使えません。

無料だけで使える「リカバリモード」「OSアップグレード」「デバイスのリセット」は、ソフトがあれば便利ですがなくてもできます。

動かなくなったiPhoneやiPadの修復のためには、必ずPro版を購入しないとダメです。

 

AnyFixの料金は以下です。

  • 月間プラン 4,580円 1デバイス/1mac
  • 年間プラン 4,980円 1デバイス/1mac
  • ライフタイムプラン 6,980円 5デバイス/1mac
  • マルチユーザープラン 7,980円 10デバイス/1mac
  • マルチユーザープラン 8,980円 15デバイス/1mac
  • マルチユーザープラン(それ以上)要問い合わせ

「とりあえずその場で修復できればいい」場合は月間プランでもいいですが、400円しか変わらないので年間プランでもいいかもしれません。

あるいは「今後のiPhone関連のトラブルはこれで解決する」つもりで、ライフタイムプラン(生涯プラン)でいいかもしれません。

iPhone/iPad/iPod touch/Apple TVのトラブルはAnyFixで!

まさしくAny(なんでも)Fix(直す)の名前の通り、iOS製品のあらゆるトラブルを解決してくれるシステムです。

iPhoneやiPadが動かなくてやばくなっている場合は、ぜひAnyFixの購入を検討してみてくださいね。

 

人気ブログの記事をシェアしよう!