■ふじさわブログの裏側と、ブログで生計を建てることについてnoteに書きました。

では、目次からどうぞ。

目次

ーーーーーー

1、noteについて
2、電子書籍なんて誰も読んでない。
3、ふじさわnote1

ーーーーーー

※コンテンツ=中身、内容のこと

1、noteについて

今回はnoteというサービスを利用することにしました。
最近始まったサービスなので、ほとんどみなさんご存知ないかと思います。

 

note

まだまだ誰も知らないサービス。

noteはメチャクチャシンプルなページで、文章や写真、動画や音楽を公開することができるSNSです。
その1番の特徴は、それぞれのコンテンツ毎に無料公開、有料公開の設定ができることです。

シンプルで使いやすそうなので利用することにしました。
今回僕の新しいコンテンツを購入する方はnoteのアカウントを作って頂くことになりますが、twitterアカウントやfacebookアカウントとひもづけられるので、とってもカンタンなので、面倒くさがらずにどうぞ。

 

2、電子書籍なんて誰も読んでない。

noteを見つける前は、電子書籍販売をしようとしていました。
KDP(キンドル ダイレクト パブリッシング)というサービスが数年前に始まってから、誰だって電子書籍を発売することができるようになりました。

「やっぱり、自分のブログのまとめとか有料版を作るなら、電子書籍だろう。」
と、ずっと最近は思っていました。

しかし実感として、電子書籍なんて誰も読んでないんですよね。

もちろん電子書籍端末である、koboとかKindle paper whiteとかも発売されてるし、スマホ率もタブレット率も、上がってはいます。
電車の中でも、電子書籍を読んでいるひとはいます。
僕もこのブログの中で、何度も「電子書籍いいよ〜」って言ってきました。

しかし、電車の中で目について、「おっ」って思うということは、逆に言えば、まだまだ少ないんですよね、電子書籍読んでるひと。本当に流行ってたら、「おっ」とも思わないし、僕も電子書籍のことをブログで言及したりりません。

この「電子書籍なんて誰も読んでない」は、言い換えると「電子書籍を読んでるのは、ちょっとしたオタク」とも言えます。一般的ではない。
スマホでブログ読んだり2chまとめ見たり、SNSする人数の、10分の1以下しかいないという実感です。

そんな状況で僕が「ふじさわブログの電子書籍版です!」と発売するのは賢い選択ではなく、「これを機会に電子書籍デビューしてもらおう!」なんて思ってましたが、重い腰はそんなにカンタンには上がらんでしょう。

ということで、「ブログの延長線上で読める」noteを採用することにしました。

 

3、ふじさわnote1

ふじさわnote1トップ

ふじさわnote1

ということでそのコンテンツはこちらです。

ふじさわnote1 ということで、今後、2、3、、、と続いていく予定です。

初回のタイトルは
【僕が誘拐され、監禁され、「ブログについて知っていることを全て話せ!」と言われたらする話。】

です。

価格は300円です!もってけドロボー!

 

ちなみに目次はこんな感じです。

目次
ーーーーーーーー
〜まえがき〜

1章・ふじさわブログの舞台裏
1−1、ブログで収益を得る方法
1−2、ふじさわの生活①〜ケータイショップ店員時代〜
1−3、ふじさわの生活②〜ブロガー独立以降〜

2章・独立できたのはラッキー?
2−1、ふじさわが独立できたのはラッキー?①外部の要因。
2−2、ふじさわが独立できたのはラッキー?②内部の要因。
2−3、「7万円のゴミ」炎上の本音

3章・「私もブログで生計を建てたい」
3−1、「悪いことは言わないから、辞めといた方がいい」
3−2、「それはいい!応援してるよ!がんばって!」
3−3、必要なのは、情熱と根性と計画性。そして文章力と運。あとはパソコンスキルと十分な時間。さらに自分を信じる心と、素直さ。

4章・挑戦する貴方へ。

〜あとがき〜
ーーーーーーーー

では、ここからはnoteへどうぞ。
まえがきと目次は無料で読めるようにしておきましたので、とりあえずそれだけどうぞ。

ふじさわnote1

週末のお供にどうぞ。

では、またのお越しをお待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

オススメ記事&スポンサードリンク

人気ブログの記事をシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ふじさわ

ブログでご飯を食べるようになってから4年目に入りました。 元ドコモ店員で、昔は「iPhone愛用中ドコモ店員」という名前でやってました。ノークレイジーノーライフ! 詳しいプロフィールはこちら