■時間は、大事にすればするほどムダになる。【モモ】byミヒャエル・エンデ読みました。

 

昨日、ミヒャエル・エンデさんの【モモ】という本を読んで、脳が泣くするほど楽しめました。

「モモっていういい本があるよ!」

というのは、

「iPhoneっていう、素晴らしいスマホがあるよ!」
とまではいかなくても、
「NAVERまとめっていう楽しいサイトがあるよ!」

くらいのノリで聞こえるかもしれません。
「そんくらい、知ってまんがな。」な方が多いでしょう。

しかしそれ以上に「へー、そんな本あるんだ」という方の方が多いのは目に見えています。
ということで目次からどうぞ。

目次


1、だいたいの内容と、出会い
2、灰色の男は僕のもとにも。
3、大事にすればするほど、ムダになる。


1、だいたいの内容と出会い

だいたいの内容は、「モモ」というゆるふわな少女と、「灰色の男たち」という悪党どもとの「時間」を奪い合うバトルです。
そう。灰色の男たちは「時間泥棒」です。

灰色の男たちは街のひとに「もっと時間を節約しましょう。あなたの人生はムダで溢れています。もっと時間を節約すれば、成功できますよ。」と言ってまわります。
それに納得した街の人々は、時間の節約に勤めます。
それまで1時間かけていたことを30分で終わらすようになり、友人との会話を減らし、もっと効率よくし、ムダを省いていきました。

すると段々、街の雰囲気が変わっていきます。仲の良かった友達とおしゃべりする時間が減り、みんななんだかピリピリしていきます。
それにまだ巻き込まれていないモモは、みんなの奪われた時間を取り戻しにいく・・・。

という感じの物語です。

実際、僕は友人からこのくらいの説明をされ、「このモモっていう本はとってもオススメだよ!」と言われて、あーはいはいと思ってました。
けどその友人は、僕が自分でその本を買わないことを察すると、こないだの誕生日の「欲しいものリスト作戦」に乗じて、プレゼントしてくれたのです。ナイス。

欲しいものリスト作戦は、リストに載ってない商品でも買って送ることができます。
普通はそんなことせず、大人しくリストのものを買ってくれるのですが、とにかくこの友人だけは、そうまでして「モモ」を僕にくれました。

それで昨日読み終わったというわけです。

僕はいつも「人生で一番大切なのは、自由に使える時間だ」と言ってるくらい、「時間」に関してはうるさい男です。
そんな僕なので、これから何回かは「時間とはなにか?」という記事が続くかも、続かないかもしれません。

2.灰色の男は僕のもとにも。

勘のいい読者であれば、上の説明を読んだだけで「現代社会に似てるなぁ」と思ったことと思います。
多くの優れた物語がそうであるように、モモも現代の世の中を象徴する部分が多くあります。

僕が注目したのは、灰色の男たちのセリフと、その扱いです。

「もっと時間を節約しましょう。あなたの人生はムダで溢れています。もっと時間を節約すれば、成功できますよ。」(実際にはもっと長いよ)

これはそのまんま、本屋にいけば「時間節約術!」とか「10倍の成果を上げる方法」とかっていうタイトルで大量の書籍があります。
しかしモモの中でこのセリフを言う灰色の男たちは「悪役」として描かれているのです。
ということは、現代社会ではビジネス書こそが「悪役」で、「時間泥棒」なのかな?とすら思います。

 

ではその、現代の悪役候補であるビジネス書の言うことを実践した、僕はどうなったかを書きます。
僕は「効率化!」とか「ムダな時間をなくして!」「成功しよう!」という話は好きで、ずっと実践してきました。
そしてその結果、幸せになったか?不幸になったか?と問われれば、メンドクサイ話になります。YesともNoとも言えます。

ひとつ例を出すと、先月くらいに「ブロガーとしての強さは、とにかく記事数だ!」というアドバイスを真に受け、毎日2,3記事更新していた時期があります。
毎日2,3記事は、僕にとっては楽な数字ではなく、その期間はギスギスした気持ちでした。
もちろん、内容を削ったり、ライトな内容を増やせば、5記事でも10記事でも書けるのですが、それはまさしくモモの中で描かれる人物と同じなのです。

誇りを持って仕事していた左官屋が、「あんな手抜き工事やらされるなんて!」と嘆き、
街の景色を楽しみながら道路掃除をしていた老人が、体の限界までスピードアップして道路を掃除する。

そうして仕事を楽しめなくなったり、仕事に誇りを持てなくなる場面と同じでした。
僕はブロガーとしての仕事を楽しめなくなってきていたし、昔は自分の過去記事をニヤニヤしながら読んでいたのですが、大量生産した記事は、読み返したくなくなっていました。
やっぱり、週に2,3記事の方が、日々の幸福感を保ちながら、誇りを持った仕事ができるなぁと感じます。

3、大事にすればするほどムダになる。

僕の例では、「一日の時間を有効活用するには、3記事は書かないとダメだ!時間がムダになる!」という気持ちで動いていました。
しかし実際はどうでしょう。

自分でたてたノルマに追われて不幸な気持ちで過ごし、自分でも読みたくないような記事を量産してしまいました。(そして、アクセスもたいして増えていない!)
不幸な気持ちで過ごし、自分でもいらないものを作るなんて、まるでつまらないアルバイトみたいなもんです。しかも時給は発生しないのでアルバイトよりたちが悪いです。

せっかくブロガーとして独立できているのに、なんだそのムダな時間の使い方は。

そう、「時間を大事にしようと努力した結果、時間をムダにしてしまった」のです。
なんというパラドックス!コペルニクス的展開!

・・・

いま、この話題についていろいろガーッと書いたのですが、複雑な迷路みたいなわかりにくい文章ができたので、全部消しました。

とにかく「時間」には、「大事にすればするほどムダになる」という性質がある。というひとつの結論で留めておくことにします。

「節約しようとすればするほどムダになる」
「効率的にしようとすればするほどムダになる」
「ムダを減らそうとすればするほどムダになる」

と、いろいろ言い方はありますが、また次の記事で、この話題について深堀りしようと思います。

とりあえずみんなも「モモ」読んでみてね。
字も大きいし漢字も少ないし、子供用の物語みたいなのだから、サクサク読めるよ。

ということで今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

オススメ記事&スポンサードリンク

人気ブログの記事をシェアしよう!

4 件のコメント

  • download film terbaru sub indo download film terbaru sub indo has diamond like clarity and also in order for this to be striking you must use both that and.

    download film terbaru sub indo has diamond like clarity and also in order for this to be striking you must use both that and.

  • home decoration ideas Never Ever give up: Even though you fail initially; Dont manage to get a great deal of views at first, do your self a favour, do not give up.

    Never Ever give up: Even though you fail initially; Dont manage to get a great deal of views at first, do your self a favour, do not give up.

  • home decorated Hey, thanks for sharing I always look forward to reading your posts one of the few blogs I still follow home decorated

    Hey, thanks for sharing I always look forward to reading your posts one of the few blogs I still follow home decorated

  • website hosting Hiya! You some kind of professional website hosting? Great message. Are you able to tell me learn how to subscribe your blog?

    Hiya! You some kind of professional website hosting? Great message. Are you able to tell me learn how to subscribe your blog?

  • ABOUTこの記事をかいた人

    ふじさわ

    ブログでご飯を食べるようになってから4年目に入りました。 元ドコモ店員で、昔は「iPhone愛用中ドコモ店員」という名前でやってました。ノークレイジーノーライフ! 詳しいプロフィールはこちら