[公開日]2017/05/24

ビーチバレーで足が熱いので、サンドソックス買ったら最高だった!

いらっしゃいませ!ふじさわです。

えー、ブログで記事にするのは初めてなんですが、この夏は「ビーチバレー」にハマっております。

神奈川県平塚市、平塚駅から徒歩10分くらいの「平塚海岸」は、常時10面のビーチバレーネットが張られています。
日本代表クラスも練習に来るような、ビーチバレーのメッカ的なポジションです。

で、僕はそこに歩いて5分で行ける場所に住んでるので、ビーチバレーをガンガンやるようになりました。

去年もちょこちょこやってたんですが、今年は
「こんなに楽しいんだから、みんなにも来て欲しい!」
ということで、フェイスブックやツイッターで呼びかけながらワイワイやっております。

しかしそんな中、問題が生じたのです。
ということで、目次からどうぞ。

目次


1、ビーチバレーすると、足が熱い
2、ビーチバレーは、靴下があるといい。
3、ビーチバレー用にサンドソックス買ったよ。


1、ビーチバレーすると、足が熱い

みんな、真夏に海水浴にいくと思います。

で、砂浜につくと「アッチ!アッチ!砂が熱い!」
となった経験はありますでしょうか。僕はあります。

ビーチサンダルを履いてるならいいんだけど、履いてなくて素足だと、子供なら泣くレベルです。
ダッシュで走って、海の家やパラソルの日陰に入り込むか、ビニールシートの上に飛び乗るか、海に入ってしまうでしょう。

ビーチバレーは、そのクソ熱い砂の上でするスポーツです。

足の裏はジリジリと焼けていって、地獄という言葉で例えるのが一番わかりやすい状態になります。

ただ、ビーチバレーのとき、コートの中はメンバーが動き回ってて、砂が移動してるのでそれほど熱くならず、なんとかなります。
あと、プレイに集中すると、足の裏の熱さなんてどうでもよくなります。
あとは、足をグリグリと地面に埋め込んで穴を掘れば、地獄から解放されて極楽浄土にいけます。

とはいえ、コートの外にボールを拾いにいくときや、コートまで移動するときは、足の裏が熱すぎて悲惨です。

さて人類は、この「ビーチバレーのとき、足の裏が熱すぎる問題」にどう対処するべきでしょうか?

2、ビーチバレーは、靴下があるといい

ビーチバレーの砂の熱さ対策としてもっとも手頃なのは「靴下を履く」です。
靴下を履けば、砂の熱さはほとんど緩和され、プレーに集中できます。

しかしいくつかデメリットもあるので、紹介します。

▶︎靴下のデメリット①洗濯が大変

特に、上の写真の左端のような五本指ソックスは、足の指が自由になるのでプレイに適してるように思いますが、実際には砂が絡みまくって、洗濯がめちゃくちゃ大変になります。

五本指ソックスでなくとも、靴下に絡んだ砂はとれにくので、洗濯機の中で他の洗濯物まで汚してしまうんじゃないかと懸念があります。

実際に靴下を履いて参加した友達は
「洗うのがめんどくさくて、その靴下、捨てた」
という報告もありました。靴下さんドンマイ。

▶︎靴下のデメリット②砂が入る

写真の右側のような、いわゆる「くるぶしソックス」だと、横側から砂が入ります。残念です。
プレイをしていると、靴下の中にだんだんと砂が溜まってきて、少しずつ重くなってきます。

すると、試合の途中で「ごめん、ちょっと待って」と言って、砂をザザーッと出す必要があります。
そのとき、

「そんなに砂が入ってたの!?」

と周りから言われるくらい砂が入るのがデフォルトです。
ちなみにくるぶしソックスじゃなくても、スネまであるソックスでも同様に砂が入ります。

▶︎靴下のデメリット③ダサい
写真がないので部屋で撮影しました。

ダサイのやだ。
ダサイのヤなので、くるぶしくらいまで下ろすんですが、そうするとデメリット②の「砂が入る」が加速しちゃいます。グヌン。

ということで、靴下だと以上の3つのデメリットがあります。

あと、ビーチサンダルを履いてプレイしてもまぁまぁいいんですが、やっぱりちょっと動きにくい。
あとは、僕が履いてるKeenのユニークってサンダルは動きやすくていいんだけど、それを言っちゃうと今日の話は終わるし、このサンダルは12000円するので、ビーチバレーにそこまで金かけるひとはいないでしょう。

関連記事→この夏、僕はKEEN(キーン)のサンダルに12000円かけることにしたよ。アマゾンの夏のセールで20%オフで買った!

keen uneek キーン ユニーク サンダル

3、ビーチバレー用にサンドソックス買ったよ。

ということで、「サンドソックス」
というジャンルの商品があることを知ったので、amazonで買いました。

これで砂はほとんど熱くないし、動きやすいし、砂もそんなに入ってこないので、
万事解決です。

上の写真で履いてるのは、友達から借りたやつです。
これを買ったらしい。

 

で、僕が買ったのはこれ。

どっちもほとんど変わりません。
2500円とか3500円のもあるけど、僕のも友達のも1000円前後のです。

アマゾンを見ればわかりますが、

「マリンシューズ」
「ウォーターシューズ」
「アクアシューズ」
「スキンシューズ」
「ヨガシューズ」

など、
いろんな人にあだ名をつけられて、本名がわからなくなった
みたいになってます。

僕は「サンドソックス」と呼ぶことにします。

海の岩場で足が滑らないようにするとか、
フィンを直接履くと痛いからこれの上からとか、
室内で軽めの運動をするとか、
用途もたくさんです。

裏側はこんな感じで、薄いゴム製です。
コンクリートの上を歩いたらすぐに破けそうな感じ。

クニャックニャです。
クニャックニャ。

緑色の部分は、ポリエステル。

これで、足の裏が熱くないのでビーチバレーに集中できます。
やったー。

ということで今日の記事は以上です。
ええ、これだけです。
だってこれ以上言うことないんだもん。

ちなみに僕は、学生時代に入っていた寮のレクリエーション大会のとき、めちゃくちゃバレーの練習しました。
同じ部屋の住人がバレー部で、しかも全国選抜に選ばれるようなヤツで、彼が「おれがいるチームが負けるわけにはいかん」とか言って、「ふじさわに上手くなってもらう必要がある」ということで、集中特訓を受けました。
そのときの練習が、いまもほんの少しだけ活きてるような気がしないでもないので、バレーはちょっとだけ得意です。
この夏は、だいたい週にいっかいくらいのペースでビーチバレーしてるので、どなたでも来てください。

ちなみに、一回とか二回だけビーチバレーするなら、靴下があれば大丈夫です。
告知はTwitterFacebookでしてるので、フォローどうぞ。

またのお越しを、お待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

セール

セール

クラウドファンディング挑戦中です。コンサルリターンもあります。

クラウドファンディング挑戦中です。コンサルリターンもあります。






人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。