[公開日]2018/07/20

SNS発信をマジでがんばりたいなら、iPhoneXおすすめ!僕が買った理由と、安く買う方法。

↓スポンサーの鈴木太郎さんです!↓

ブログを読んでみる。

↓スポンサーのふっさんさんです!↓

ブログを読んでみる。
ふっさんに関する記事を読む。

いらっしゃいませ!ふじさわです。

先日、iPhoneX(アイフォンテン)を買いました。
iPhoneXは、2017年11月に発売された機種で、2017年9月に発売されたiPhone8、iPhone8 plusと同期みたいなもんです。

一応このブログは「ベースはガジェットブログ」なので、発売当時もiPhoneXについて言及しました。
しかし当時の僕の記事はこんな感じでした。

iPhone8、iPhone8plus、iPhoneXを買うくらいならこれを買え!な最近買ったものリスト。

これらの機種は、余裕で10万円を超えることもあり、それ以前のiPhoneと比べて、10万円以上の価値があるとは到底思えなかったので「最新のiPhoneを買う必要ないから、これを買え!」という記事を書きました。

それから約半年が経ちましたが、とうとうiPhoneXを購入するに至りました。
それまでの気持ちの変化、経緯を書こうと思います。

1、SNS×ポートレートモードはマジ神。

僕がiPhoneXを買った理由の根幹は
「SNSや、ブログでの発信をもっとがんばりたい」

と心から思ったことです。
「心から」というのは、今までも「がんばりたい」とは思ってたんですが、そのベースは
「自由に生きたい」
「バイトしないでいいくらい稼げればいいや」
「世界をぶらぶらできるだけの収入があればいい」
という気持ちでした。

「働きたくない」からブログをがんばるというのは、ブロガーになった当初の気持ちのままなのである意味純粋なんですが、今年の1月に世界一周旅行を断念してから「人生の目標を見失いかけた」のです。

一生の夢だった世界一周を終わらし、「これから、どうしよう。」と思ったところで、やはりブログを中心とした発信活動をするしかないだろうと思いました。特にTwitter。フォローはこちら

で、Twitterの発信ていろんな方法があるんですが、そのうちのひとつの要素が「写真」です。
写真がタイムラインに流れてくると、どんな写真でもとりあえず一瞬は見ちゃいます。

そこで、iPhoneXの「ポートレートモード」ですよ、はい。

ポートレートモードとは、対象の後ろ側をわざと機械的にピンボケさせることにより、一眼レフとかで撮影したような写真が簡単に撮影できる撮影モードです。

iPhoneXとiPhone8plusについてる機能で、もはやこの機能のためだけにiPhoneXにしました。

当初は10万円するiPhoneXが高いと感じましたが、こうしていい感じの写真をアップして、SNSを充実させ、フォロワーを増やし、影響力を強めることには、10万円以上の価値があると感じました。

もちろん、ポートレートモードのぼかしは機械的に行なっているので、ガチのカメラ勢からすれば「こんなもの」と思うでしょう。
けど普段SNSを見てるひとからすれば、これだけで「なんかいい感じやん」となるので十分。

そして、ガチのカメラを買う資金も、持ち歩くコストも、写真を移動させたりもトータルで考えて、今の僕にはiPhoneXがピッタリでした。

ポートレートモード以外のカメラ機能も総合的に高いので、どんな場面でも「サッ」と出せてすぐ撮影できて、その場でアップできるのは最強。

SNSでガンガン発信していきたいぜーって人にはiPhoneXマジでおすすめ。投資。

これ以前の僕は「しょぼいアンドロイドスマホ」と「iPadmini」だったので、サクサクとクオリティの高い写真を撮影もアップもできず、多くの撮影チャンスを逃していました。

そうならないためにも、SNS発信をがんばるためには「画質が良くてサクサク動くスマホ」はめちゃくちゃ心強い味方になります。

2、iPhoneだけで仕事できるようになりたかった。

iPhoneXを買った理由の2つ目がこれです。

僕、神奈川県の平塚市に住んでるんですが週に1〜4日くらい東京に行ってます。
東京までの電車。約1時間。

その間にも仕事をできるようにしたいなぁと思いました。
しょぼいアンドロイドとiPadminiでもできないことはないんですが、「機能を統一」させたいなと思ったし、iPadminiって割とでかいので持ち運びに不便なんです。

そして「フリック入力は、ブラインドタッチとあまり変わらないくらい早く文字が打てる」という研究結果があるので(僕の研究)

スマホのフリック入力の方が、パソコンのブラインドタッチより早かった!

ブログ記事も、テキストだけiPhoneでバーッと入力して、あとでパソコンで画像やリンクをつければ、トータルの労力は同じか、むしろ少なくなることもあります。

 

それ以外でも、ZOZOの前澤さんやホリエモンは「スマホだけで仕事してる」というのを聞いて
「かっこええ」と単純に思ったのもあります。

とはいえ、それは「意思決定」や「連絡」「指示」が主な仕事だからできること。
コンテンツ作りをする必要があるうちは難しいですが、そこを目指したい気持ちもあり、今回iPhoneXを買いました。

3、126000円→86000円で買った。

発売時には

「こんなものいらん」

と言っていたiPhoneXを買った理由は、なんだかんだで儲かってきたというのがあるんですが。(詳しくはこのnoteで)
それでも12万円を超える出費はきついです。アップルケアつけると14万円を超えたりする。

それでも絶対にiPhoneXが欲しかった僕が出した結論は、
「この際、中古で、ドコモシムロックかかったのでもいいや」
ということでした。

中古だと、スレ傷や汚れがあることがありますが、そもそもカバーやガラスをつけることは決めてたので、そこまで気にならないだろうと思いました。

ドコモシムロックがかかってることで、海外でサクサクSIMを入れて使えませんが(シムフリー端末ならそれができる)、
それもまぁいいだろと。

この2点を譲歩するだけで4万円違いますからあなた。
で、中古だとメルカリとかヤフオクでもいいんですが、いろいろ不安です。

調べに調べたんですが、GEOだと在庫が検索できるし品質も安心だということになり、
GEOで買いました。

GEO 中古スマホ 検索

中古にもランクがS、A、Bなどあるんですが、まぁケースすれば一緒でしょと思って選びました。
たしか「状態B」を買った気がするんですが、今みたら状態Aでももっと安い。価格はどんどん変化してますね。

この記事はアフィリエイト記事でもなんでもないので、上のGEOのリンクから買っても僕にはなんの得もないんですが、
8万円代でiPhoneXを買ったのはマジ正解でした。

ポートレートモードも、電車内でのスマホも、その他も全てがマジ快適。
中古でも全然気にならないし。4万円浮いたし。

ということで、これからは「iPhoneX信者」「ポートレートモード信者」になります。

もっとガンガンお金稼いで、iPhoneXを買いたい!できたら新品がいい!
という方は、こちらのnoteに、僕がiPhoneX代を稼いだ方法を書いてますのでどうぞ。

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

↓スポンサーのあべゆきさんです!↓

ブログを読んでみる。







↓3日間で500部以上売れたnoteを販売中!↓

人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。