しゃべりながらスマホさわる人とは、友だち辞めたくなる。ー前編ー

スマホ 依存症

メリークリスマス!
ふじさわです。

一年で一番浮かれきった気持ちになるクリスマスですが、ふじさわブログはシリアスめの話題です。
しかも2話構成で大事なことガッキシ書きまっせ。

目次からどうぞ。


1、しゃべりながらスマホ
2、全く計算ができてないひと
3、弄ばれる(もてあそばれる)射幸心


1、しゃべりながらスマホ

「ながらスマホやめましょう」
という注意書きを駅のホームなどで見慣れてきましたが、ホントにヤバいのは「しゃべりながらスマホ」でしょうというのが僕の持論。

「しゃべりながらスマホ」は、知らず知らずのうちに人間関係を破綻させていきます。
もちろんしゃべりながらスマホされたからと言ってすぐに友達辞めるなんてことはありませんが、仮に「友達残高」とでも呼べるものがあるとすれば、その残高をかなり消費しちゃってます。きっと僕と同じように思ってるひとはいるはずだ。

もちろん初対面の相手に対してこれをやっちゃうと、ほぼアウトです。
例えばビジネス的な連絡をもらって喫茶店で1対1で会ってるときにこれをやられると、「いやいやいや」って突っ込みたくなるけど、本人はそれに気づいてない。

初対面じゃなくても、1年ぶりとか半年ぶりとか、とにかく定期的に会う仲じゃないけど久しぶりに連絡とりあって会ったよ。みたいな相手でこれをやっちゃうと、「それは違うだろ」と思うのが普通の感覚だと思う。

2、全く計算ができてないひと

僕はこういうひとを見ると
「ああ、このひとは全く計算ができないんだな」と思います。

計算というのは、
「いま相手と向き合うことで得られるメリット」と、
「いまスマホを見ることで得られるメリット」のうち、どちらが大きいかの計算ができていないということです。

しゃべりながらスマホのひとって対して大事なことはしてないんです。

「本当にこの連絡をしないとダメなの!」というほどの用事なら、なぜこの席に座る前にその用事を済ましてこなかったの?と思うのが普通。

そしてなによりしゃべりながらスマホを触られた相手は本能的に
「あぁ、自分は大事にされてないんだな」
「自分は、スマホ以下の優先順位なんだ」と思う。どんなに口で生返事を返していたとしても、僕ならそう思う。

わざわざお互いに時間と場所を申し合わせて2時間くらい時間をとったのに、そこで1秒でもスマホを見るなんてほんとバカバカしすぎる。「じゃぁ会う必要ないじゃん」と思われるのが当然です。相手は、席を立って店を出たくなる衝動に駆られるでしょう。

「ひとといるときは、スマホ0秒」が鉄則だろうと思います。

3、弄ばれる(もてあそばれる)射幸心

僕の中でここ数年のキーワードは「射幸心」です。

「幸せ」を「射る」「心」です。
「射る」わけなので、もちろん外れることもあります。というかほとんどが外れです。

射幸心は、ギャンブルをしているときの精神状態が一番わかりやすいです。あるいは宝くじ。いっしょか。
「次こそは、最高に楽しい結果になるはずだ!」と思いながら、興奮してアクションを続けちゃう状態です。

「次こそは、当たるはずだ!」「次こそは、楽しいはずだ!」「次こそは、幸せになれるはずだ!』
そう思いながらひとはギャンブルをし、宝くじを買い、コマーシャルの間も大人しくテレビの前に座り、絶対に痩せる商品や絶対に儲かる商材を買います。

で、なぜこのワードを出したかというと、スマホをずっと見ちゃう人は常に射幸心を刺激され続けてるんです。

FacebookやTwitterを見ちゃう人は
「最高に面白くて役に立つ投稿が、次に見つかるかも!全てを変えてくれる投稿に、次こそ出会えるかも!」と思いながらスクロールします。

youtube見ちゃう人は
「次に見る動画こそ、最高に面白くて、自分が幸せになれる動画のはずだ!」と思いながら、次の動画をタップします。

ヤフオクやアマゾンやメルカリ見ちゃう人は、
「最高にお得な商品があるはず!」と思い、
まとめサイト見ちゃう人も
「次こそ最高におもしろいまとめなはず!」と思っています。

みんなみんな、「次こそは最高に面白いはず!」と思いながらスクロールを続けています。

けど、そんなに面白くて最高のコンテンツなんて、そうそうありません。そう思いながら見続けてるコンテンツは、どれもゴミのようなものばっかり。
けど僕たちはみんな、ゴミをスクロールしながら「次こそ!次こそ!」と思っています。

そうやってスクロールしてるあなたの顔を、目の前のひとがどんな顔をして見ているか想像する想像力を持てた方が絶対にいい。

スマホ 依存症

あ、おれだ。

「ひととしゃべってるときにスマホ触るひと」は、
「計算もできないし想像力もないし、射幸心に弄ばれてるひと」であると僕は認定し、もれなく友達残高を大幅に減らすか、すぐに席を立って友達を辞める所存でございます。

・・・と、気持ちよくディスったところで今日の記事は以上です。
明日にはフォローの記事として「こういう場合はしょうがないよね」ということを書きます。

けど基本はほんと、「ひとといるときはスマホ0秒」で間違いないと思います。

では、またのお越しをお待ちしております!

後編はこちら

毎月1日に電子書籍を発売してます!

4 件のコメント

  • しゃべりながらスマホの問題は、ふじさわさんが上げた点以外にも、相手の目を見ていない、ということがあると思うのです。
    しゃべっているのに、スマホをじっと見つめて、「ふーん、ふーん」って生返事。
    そんな事されたら、どんな人でも、「この人は駄目だ」って思うでしょう…
    これは私がいつも気にかけている会話のテクニックなんですが、相手の目を見つめる、というのがありまして、それはもう、威嚇するぐらいの気持ちで見つめるのです。
    するとまぁ、ちょっとしたお願いごとから、商談、謝罪まで、割とすんなりいくんです。
    しゃべりながらスマホっていうのは、そういう点でもかなり損してると思います。

    • ♪ざわさん
      ほんとその通りですね。ふーんふーんはまじ最悪。

      相手の目を見つめる・・・ですか。いいですね。基本ですが、大事ですね。
      ちなみに僕は、写真を見てもらえればわかるように、彫りの深い顔をしてますので、どうしてもガッと迫力がついてしまうのです。正面だととくに・・・(笑)

      なので僕の場合は、逆に見つめすぎてプレッシャーを与えすぎないようにしている、というのがありますw

  • 久々コメントですが…
    射幸心の下りはグサッときましたf^_^;)
    面白そうだなーって思いながらみて実際面白いだけでタメになるのか…。
    ならないから次々と見てしまうんですよね(ー ー;)
    昔の記事じゃないですがタダで見てるのでもちろんそんなに有益なものが転がってるわけもない(´・_・`)

    • ♪まったりくろなさん
      グサッと刺さったようで、よかったですw
      ふじさわブログは、面白そうだし、タメになるコンテンツがそろってますよw

      ほんと、お金を払うだけで、ゴミみたいな記事だった注意深く読むようになるし、自分を省みながら読むので、身になるんですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。