[公開日]2014/05/27
[更新日]2019/08/20

ドコモ料金プランシミュレーションで本当にちゃんとした料金が出るの?注意点を元ドコモ店員が解説!

いらっしゃいませ!
元ドコモショップ店員のふじさわです。

ふじさわ
ドコモの料金を見直したけど、お店で相談するのは面倒くさい・・・。

という方のために、「ドコモの料金シミュレーター」について紹介します。
シミュレーターはドコモのホームページにあるものなんですが、パッと見わかりにくかったり、誤解を生む部分があるのも事実。

ということでこの記事で、ドコモの料金シミュレーターのおすすめの使い方、注意点などを紹介します。

それに加えて、店頭で普通に契約するよりも安く機種変更や新規契約をする方法を紹介するので、どうぞご覧ください。

 

安くする方法を先にお伝えすると

●待ち時間なし
●事務手数料なし
●限定キャンペーンあり

の、ドコモのオンラインストアがおすすめです。

 

1、ドコモ料金シミュレーターのコツ

ドコモのかんたん料金シミュレーション

ドコモの新料金のシミュレーションは

ステップ1:契約回線数を選ぶ
ステップ2:それぞれの回線のプランを選ぶ

の2ステップで構成されています。

ステップ1の回線数は、家族の人数なので迷うことはないでしょう。
ステップ2のデータ量に関しては、
赤い色の「〜30GB」がギガホ、
青い色の「〜7GB」などがギガライトとなります。

ギガホは、月間30GB使えるプランですが、4980円になるのは2つの条件があります。
・ギガホ割(2019年9月30日までに契約)
・みんなドコモ割(家族3人で契約)
この2つの条件が満たされると4980円/月ですが、そうでない場合は6980円/月なので注意が必要です。

ギガライトは1GB、3GB、5GB、7GBの各段階で、1980円から1000円ずつ増えていくプランなので、とりあえずこれにしとくとよいでしょう。

家族の人数と、それぞれのプランを選ぶと合計金額が表示されます。
こちらの料金は「通話料、基本料金含む」料金なので、基本的にはこの料金だけでドコモのスマホを使うことができます。

↑家族3人、ギガホ、ギガライト(3GB)、ギガライト(1GB)の場合、上記のよう結果が表示されます。

 

2、しっかり料金シミュレーションとおてがるシミュレーションの違いは?

上記のシミュレーションは「かんたんシミュレーション」でした。

ドコモにはさらに「しっかり料金シミレーション」と「お手軽シミュレーション」があります。
それぞれの特徴、違いも紹介しておきます。

しっかり料金シミュレーションは「dアカウント」が必要

しっかり料金シミュレーションは、現在の利用状況を見て、プランを変更した場合にどのように料金が変わるかを見ることができるので、限りなく現実に近いシミュレーションができます。

自分のdアカウントでのログインが必要ですが、アカウントにログイン可能な方はこちらのシミュレーションをするとよいでしょう。

おてがる料金シミュレーションは「端末購入」まで想定されている

おてがる料金シミュレーションは、ドコモショップで端末を購入し、分割払いしたことまで想定してシミュレーションすることができます。

もちろん、料金プラン、2年契約の有無、話し放題の有無まで選べるのでかなり現実に近いシミュレーションをすることができます。

3、ドコモの料金シミュレーションの注意点

では、ドコモ料金シミュレーションのいくつかの注意点を紹介します。

ギガホは家族で分け合えない

ギガホは30GB利用可能なので、ついつい「家族で分け合おう」と思ってしまいますが、ギガホの30GBは、家族で分け合うことはできません。

これ以前の「ウルトラシェアパック」では分け合うことができたので勘違いしてしまいますので、注意しましょう。

その代わり、6980円のギガホは、家族3人で入会すると4980円/月まで下がります。
4980円で30GBはかなり太っ腹な料金で、トータルすると以前のウルトラシェアパックよりも割安となります。

本体代の分割払いが追加される

かんたんドコモ料金シミュレーションで表示される料金結果には、「スマホ端末の購入金額」は追加されていません。

「おてがる料金シミュレーション」なら、機種代も追加されるので安心です。

プラン変更と一緒に機種変更をし、本体代を分割払いした場合、毎月の利用量にスマホ購入金額の分割払いが追加されます。

請求書を見て驚かないように、この点を意識しておきましょう。

有料プランなどをちょこちょこつけることがある

シミュレーションは、あくまで「基本料金」です。基本料金は「通話料、データ利用量」が含まれていますが、ここにさらに有料プランが追加される可能性が高いです。

特に店頭での契約だと、「とりあえずお試し」ということでdビデオ、dブックなど、月々300〜500円の有料オプションの追加をオススメされます。

店頭では機種を購入するときに「頭金」が用意されており、これらの有料オプションに入会することで頭金が無料になる、などのサービスです。

これらのサービスは非常に便利なものですが、月額料金だけ払って利用しないのではもったいないです。
店頭での購入は、非常に親切な説明をしてもらえますが、有料オプションが必須のこともあります。

その場合、ドコモオンラインショップでの購入で、有料オプションをつけず、頭金なしで機種を購入することができます。
オンラインショップは待ち時間なしで購入できるのでおすすめです。

4、ドコモショップはだいたいいつも大混雑

ーーー以下、2014年時点の情報ーーー

「新しい料金プランで安くなるって聴いたけど?」

「はい、調べてみますね。・・・こういう感じですね。」

「えー、むしろ高くなるじゃない!」

「そうですね。しかし通話が無料になるので、いままでより多く通話ができますよ。」

「通話はほとんどしないし、したとしてもほとんどがLINE。」

「家族でパケットをシェアにすれば、さらにお安くなりますよ。」

「・・・私だけじゃ決められないので・・・」

「・・・」

「・・・」

「じゃぁ、家族と相談して、また来ます。」

「はい、ありがとうございました。」

というやりとりが頻繁に起こっているそうです。
こういうお客さんがひとりやふたりならいいのです。

しかし新料金プランは「安くなるかも欲求」を刺激してしまってるので、お客様はどっかどっかとドコモショップに訪れます。
その結果。

待ち時間だけが延々と長くなるドコモショップ。
新料金プランとは関係ない、機種変更、料金支払い、故障、、、などなど。全てのお客さんの待ち時間が伸びていきます。

「ショップでの対応の丁寧さはナンバー1」と、コメント欄でも話題になっているドコモショップなのに、
待ち時間が長くなると、トータルの満足度は下がってしまいます。

そうならないために、新料金プランで自分が安くなるかどうか、家で勉強し、無闇にショップに行かないで良いです。

ーーー2014年情報、ここまでーーー

上記のようなやりとりをするのは疲れるので、それよりはドコモオンラインショップで計算し、手続きする方が有効な時間の使い方と言えるでしょう。

5、「通話はLINEばっかり」なら、かけ放題プランはほぼ無意味。

「ギガホ」「ギガライト」には、追加で通話プランを選択することができます。
通話プランは3種類です。

●通常プラン0円 20円/30秒
●5分通話無料オプション700円 5分国内通話無料。5分以降20円/30秒
●かけ放題オプション1700円 国内通話無料

ドコモは「今一度、コミュニケーションの根茎である、“通話”を見直そう」と言いながら、「カケホーダイプラン」を用意したようです。

●いままでの基本使用料(タイプXi にねん) 基本料743円/月 通話料21円/30秒

●新料金プラン(カケホーダイ) 基本料2700円/月 通話料オール無料

差額は 2700-743=1957円。これはいままでの通話料で言えば約46分です。

月に46分以上通話をしていないのであれば、カケホーダイにしても逆に高くなります。

もちろんこれは、LINEなどの無料通話は除きます。

もはや電話番号でする従来の通話は仕事の関係とか焼き肉屋の予約とかでしか使わない。
家族の間とか、友達とか恋人とはあんまりしない。

家族や友達とは、とりあえずはLINEチャット。LINEでやりとりしつつ、どうしても通話が必要になったら、LINEの画面上に「通話」ボタンがついてるので、エイッとそれを押して通話。以上。
電波が悪いとかで繋がらない場合に、はじめて電話番号での通話を思い出す。

僕の友人には、「LINEで通話ばっかりして、パケットの限界にすぐいくわー。」というのがいて、
「ソフトバンク同士なら、夜じゃなかったら無料だからそっちでいいじゃん」と言ったら
「うわっ!そうか!普通に電話番号の通話もあるのか!忘れてた!」と言っておりました。

この友人は極端なパターンですが、キャリアの電話番号を使った通話の頻度は、どんどん下がっているように思います。

従って、ドコモのいままでの料金プランの方も、ほとんどは月に46分も通常通話してない。
特に通話が多いという自覚がないのであれば、かけ放題プランは不要です。

6、とりあえずシュミレーション。ショップに行くなら平日お昼。

とりあえずシミュレーションを試してみて、

●よっぽど安くなる → ドコモショップへGO!かドコモオンラインショップ

●どっちかというと安くなる → 契約の手間や、シミュレーションに反映されていない部分によって、結局は変わらないか、高くなる可能性あり → めんどくさければいかなくてオッケー。

●あんまり変わらない → 家にいましょう
●高くなる → 家にいましょう。

シミュレーションはかなり甘めに作られているので、そのシミュレーションでも辛いプランが出た場合は、潔く諦めましょう。
そして、ドコモショップに行くのであれば、できれば平日の昼間(14〜17時)にすれば、待ち時間は少なめだと思います。そうそううまくこの時間に行けないからこそ空いてるわけですが。

以上、現役のドコモショップスタッフから寄せられた「新料金プランのせいで店が混雑しすぎです」
という声に対する応急処置の記事でした。

また、店頭は混雑したり待ち時間があることも多いので、丁寧な説明が不要でオンラインでの手続きに抵抗がないのであれば
ドコモオンラインショップでの手続きをお勧めします。

ドコモオンラインショップは、
▶︎待ち時間なし
▶︎頭金、必須オプションなし
▶︎限定キャンペーンあり
▶︎公式なので安心

と、メリットが多いので、オンラインで手続き可能な方は、こちらで機種変更などをすることをお勧めします。
購入から2日程度で、自宅にスマホが届きます!

 

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしています!

人気ブログの記事をシェアしよう!

18 件のコメント

  • ふじさわさま

    梅雨より先に真夏日でダウンしてました。docomoの新プランで、こちらのサイトを思い出し、覗かせていただきました。
    おしゃれに進化しててビックリ!

    FOMAガラケー通話のみの私。
    しばりなしの月額2000円カケホーダイに切り替えようかと思いました。
    国内ならどこでもOK!に、メリット感じました。
    でも、SNS込みのMバリューで足りてるので、小心者の私、まだ踏み切れません。
    ハーテイ併用できるのが、意外でした…が、やっぱりトキメキ不足で踏み切れません。

    しばらく鬱陶しい季節ですが、皆様、お身体だけは大切に。

    • ♪迷子の小躍りさん
      LINEを使わず、それでいて通話が多い場合は、いいプランですよね。カケホーダイにしてみてもいいと思います。

      梅雨入りしましたね・・・。
      鬱陶しい季節ですが、夏を待ち望みつつ、耐え忍ぶ事にします。。。

  • 我が家は次男がガラケーからスマホに変えたいという要望があり、
    自分と妻のスマホを含め、3台を iPhone に機種変更してきました。
    長男もスマホなのでスマホは合計4台です。

    なので、新料金プランの方が安くなるので予約をしてきました。

    パケットは10GB + 2GB(U25) + 3GB(iPhone) = 15GB なので大丈夫だと思います。自宅はWifi環境もあるし。

    しかし、お昼頃行って、終わったのは夕方...orz
    これだけが残念なことでした。

    • ♪ヴァンさん

      おー。iPhone3台!おめでとうございます!( ´▽`)ノ
      家族全員でいっしょにショップに行って、せーのでプランの確認をしておけば、安心ですね☆
      ぜひぜひ、次男さんにもスマホの世界をエンジョイさせてあげてください☆

  • 私が分かりやすく説明します。
    今、通信業界では、通話よりもパケットの方が伸びているんです。LINEもSkypeもパケットの仲間です。これらVoIPといわれるサービスが出てきたことにより、純粋な意味での“通話”は減っているのです。もちろん、固定回線等必要としている人がいるので通話は今のところなくなりません。通話は減ってきているけど、パケットはどんどん伸びている、ドコモの狙いはそこにあります。
    ドコモを昔から使っている人、その多くは、いつでもどこでも電話できたらいいなという思いでNTT(電電公社)の看板を背負ったドコモを選んでいるのです。
    通話が無料。これは大きな魅力です。しかし、その裏側には基本料を上げて二年縛りをくっつける意図、そして、あまり使わなくてもパケット料金を搾り取る意図があります。
    家族全体でシェア。これは、家族全体で安くなる可能性がある一方、家族全体を囲い込むことができます。
    メリット、デメリットがありますので、よく考えた上でお店にご相談ください。よく考えないで相談に行く方、経験上、さんざん待たされた結果、安くなりませんので変えない方がいいですよと帰されることになりかねませんので、十分覚悟してお店に向かって下さい。

    以下、変えた方がいいかどうか、参考にしてみて下さい。
    1.通話が多い人
    月に100分通話する人:今使っているのがxiスマホなら対ドコモ比率を考えてどうするか考えてください(xiカケホーダイ)。FOMAでも新料金のカケホーダイ(スマホ2700円、ガラケー2200円)は組めますが、FOMAの人はタイプMバリューで二年縛り(ファミ割MAX50かひとりでも割50)を付ければOKです。
    2.パケットが多い人
    単独なら、xiスマホの人は変えないのが吉です。新しいプランは使えるGB数が少ないです。
    FOMAの方、今まではたくさん使っても遅くなることは無かったかもしれません、xiに比べれば元々遅いですからね(短期間でホントにたくさん使う方は遅くなります)。しかし、今後は来月まで我慢、もしくはスピードモードでパケ死なんてことがあり得ます(昔はパケ死よくありましたなあ)。
    明細書をよく見て、自分が使っているGB数がどのくらいか確認してください。FOMAの方はパケット数で書いていますから、一億パケット以上とか書いていたら注意してください。
    3.タブレットとか、ルーターを使っている人
    使い方によって大きく変わります。単独でたくさん使いたいか、サブで使っているか、これは人それぞれなのでなんともいえません。

    スピードモード、気をつけてくださいね。青天井ルールですからね。

    家族でシェアとなると、計算が変わってきます。使う人、使わない人が混在している場合、安くなる可能性はあります。これは各家庭で使用頻度が違うし、誰がまとめて払うの?ということにもなりますので、一概にどうとは言えません。一番契約期間が長い人とか若い人とかを親回線にしておけばいいのではないでしょうか。

    以上を踏まえた上で、自分で色々考えてみて、インフォメーションセンターではラチがあかないなと判断したらお店へGO。どうなるのか分からない(計算したけどわからない、計算するのが面倒だからしてもらいたい、計算の仕方がわからない)方は待たされるのを覚悟してお店へGO。計算して安くならない方は行くだけ無駄なのでドコモショップには行かない(量販店でも新料金プランは受付けているようですよ)。が賢明です。

    • ♪テキヤのケンチャンさん

      詳しい解説、ありがとうございます( ´▽`)ノ
      その通りですね。

      スピードモードは確かにヤバい。

      • ハジメマシテ!
        スピードモードは何処まで増やすかを決められるので青天井では無いです

        データSパック(3500円)にスピードモード1GB(1000円)なら
        2GB越えるまでは3500円で3GBまでなら4500円
        3GB越えると今まで通り128kbps通信てな感じです

        実は青天井も存在していますが、それはスピードモード無制限ってオプションだけです

        横から失礼しました

        • ♪ショップ勤務二年目さん
          おー。これは失礼しました。
          訂正、ありがとうございます( ´▽`)ノ

          無制限がヤバいんですね。なるほど。

  • 少しだけご指摘しますと、通話だけで見ると確かに割高感が否めないのですがパケットと全体で見ると、プランやシェア次第で大差なくなったりします。
    なので、通話プランだけで単純に差額が46分の通話料と書いちゃうのは乱暴な気がします。

    現在Xiライトプランのユーザで家族三人で通話が400円ぐらいなら、シェアパック10つけてとんとんぐらいじゃないかなぁと思います。

    あとは、私とかそうなんですが仕事で固定電話等にかけるのが多い人には新しいプランがおすすめですかね。

    だれしもLINE電話と言うわけのはいきませんので。

    • ♪まんじゅうさん

      ですね、かなり乱暴に書いています。シェアパックとかを書くと、家族のパケット使用料が入ってきて、試算ができなくなってしまいますので。

      プランを変更した結果、わずかに安くなったとしても、シェアパックによってよりキャリアの変更のハードルが上がる事や、手続きそのものの手間を考えると、そんなに意気込んで変更するものではないよね、ということでございます。

      LINE電話は、どうやらまだまだ僕の実感よりは信憑性が低いみたいですね。みなさんのコメントを見ていると。

  • 3G回線の通話が使い放題・・・・とうとうやってきてしまいましたね・・・・
    IP電話が普及発展してきたとは言えど、通話品質がとても良い状態というのは結構限られます。安心して使用できる3G回線が使い放題というのは中々衝撃的な事だと思います。

    ウィルコムが新規契約で基本料金が1480円、誰とでも定額が980円で2460円・・・・
    誰とでも定額パスで1400円・・・・
    一応、まだアドバンテージを維持してはいるものの・・・携行する機材が減るというのは大きいですね・・・・!頑張れ!ウィルコム・・!通話品質はお前のほうが上だ!

    しかし、FOMA端末で通話し放題がないのが優しくないですね・・・。

    • ♪Feさん
      ですね。まだまだ細かい課題は多いですが、「パケット=使い放題」の時代が浸透したように、「通話=しほうだい」の時代が確実に迫ってきていますね。

      FOMA端末をカバーしてないのは・・・やっぱりスマホ持ってくれないと月々の料金が少なすぎるんでしょうね☆

  • カケホーダイは魅力ですよ。Line電話でかけてくる人もいますが、まともに通話出来た例がない。双方の電波条件がいいというのは、相手の電波状況を調べられない状況下では難しい。田舎では特に。
    たしかに料金は高くなりますが、田舎であればニーズはあると思います。
    インターネット電話の「遅延」や「繋がらない」があるうちは普通に電話すると思います。

    • ♪やややさん
      なるほどなるほど。僕はLINEではほぼ100%満足できているので、地方によって違いますね。確かに僕も、実家に帰るとLINEのチャットすらままならないですからね。LINE通話が快適なのは、都心に住んでるひとのみみたいですね☆

  • 料金プラン変更。
    僕は先ずdocomoサイトで確認&試算、次に不明点はdocomoインフォメーションセンター(151)に問い合わせ、用件を固めたらdocomoショップで手続、という流れです。
    長時間の順番待ちはツライから手続き以外でdocomoショップに行く事はまずないですね。
    「カケホーダイ&パケあえる」はFoma回線 49円/月とか iPhone回線 0円/月とかの維持回線がほとんどで、MNP特典付きのiPhone運用回線でも2,981円/月の僕には完全にハマらないのでスルーです(笑)

    • ♪LockOFFさん
      ハハー!
      LockOFFさんのように、自分で機種も回線もプロデュースできてしまう方には、全く縁のない話でしたね。
      どちらにしても、情報弱者狙いのプランに見えてしまいますね( ´▽`)ノ

  • 050とLINEの音質が気になりドコモショップ行ってみました。

    パケット定額については安くなるんですが他社、固定電話への通話となると微妙です(^_^;)

    ショップのお姉さん曰く今までの方が使いやすいとのことで今回は見送りました。

    • ♪シゲちゃん
      あれ、まー。
      ショップのお姉さんがそう言ってましたか。やっぱり、家族でパケット共有とか、かなりめんどくさいですよね。

      僕はLINEの通話の音質が気になったことはありませんが、地方や環境によるみたいですね。