iPhoneを格安シムで使う方法。

もしもシークス iPhone 格安スマホ

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

「格安シムにするとiPhone使えなくなるんでしょ?」

という声を聞きます。

今日はキッチリこの質問に答えます。
この質問がめんどくさいのは、
複数の会社のサービスが入り交じっているからです。

しかしこの記事に必要なことは全て書きましたのでどうぞ参考にしてください。

「いま使ってるiPhoneを使う」「一括で買う」「分割で買う」
の3パターンに分けて解説しました。

目次
ーーーーー

1、いま使ってるiPhoneを格安スマホで使う
2、一括でiPhone買いたい
3、分割でiPhone買いたい

ーーーーー

1、いま使ってるiPhoneを格安スマホで使う

ドコモ、au、ソフトバンクで買ったiPhone6sかiPhone6s plusを使っているのであれば、購入から180日経っていれば、SIMフリーにできます。


それぞれのショップに持っていって「SIMロック解除したいんですけど」と言いましょう。
3000円程度の手数料でSIMフリー化できます。
これで、あらゆる格安シムサービスを使うことができます。海外でも使えるようになります。


これはiPhone6sと6s plusだけの話です。
6以前のiPhoneは、この方法ではSIMフリー化できません。残念!6も6 plusも5も5sも5cも4sも4も!

しかし、6以前のiPhoneで格安シムを使うことは別の方法でできます。条件があるけど。

ドコモで買ったiPhone→ドコモ系mvnoを使える
auで買ったiPhone→au系mvnoを使える
ソフトバンク→ムリ

です。

au系mvnoは、UQ mobilemineoなどです。
auでiPhoneを買った方は、これらのサービスに申し込んで届いたシムをさせば、iPhoneを格安シムで使うことができます。

ドコモ系mvnoは、DMM mobileU-mobileなどです。

いま日本で「格安スマホサービスです!」といっているサービスは、90%以上がドコモ系なので、ドコモで買ったiPhoneを使っているひとはかなり有利です。

ソフトバンクで買ったiPhoneは、残念ながらこの方法は使えません。まだソフトバンク系のmvnoがないからです。
iPhoneユーザーは圧倒的にソフトバンクが多いのに。皮肉なものです。

 

6以前のiPhoneをSIMフリー化する方法は、存在しないわけではありません。
大きく分けて2種類の方法があり、
「ゲタを履かす(専用の機器を買って自分でやる)」と、
「ファクトリーアンロックする(業者に頼む)」があります。

「ゲタを履かす」というのはこういうのを買って自分でやるやり方です。

「ファクトリーアンロックする」というのはこういうサイトを見つつどうぞ。
iPhoneファクトリーアンロックサービスまとめ Naverまとめ

上記2種類のどちらにも言えるのは、「完全に自己責任である」ということと、「うまくいけばSIMフリーになって、格安スマホが使えるようになる」という点です。
どちらも網の目をくぐるようなやり方なので、うまくいくかどうかはハッキリ言えず、誰からも保障されない、上級者向けの方法です。

2、一括でiPhone買いたい

一括でiPhone買って格安シムを使いたいなら、そのまんま、
「どこかでiPhone手に入れる」→「格安シムサービスで“シムのみ”契約する」という手順を踏むことになります。

となると、自然に「どこで買えば一番安いか。」という話になります」

iPhone6の16GBで、新品最安値がアマゾンの49000円。値段はコロコロ変わると思うけど。

中古でよければヤフオクでもメルカリでももっと安いのはあると思う。

で、実はもしもシークスはiPhone取り扱ってます。

もしもシークス iPhone 格安スマホ

トップにデデンと書いてある。

僕が調べたmvno25社の中でiPhoneを取り扱ってるのは2社のみ。1社がもしもシークスです。
で、さっきもしもシークスのカスタマーサービスに電話してみました。
すると案の定、

「iPhone含めて全ての端末は、一括請求になります」ということでした。「分割払いにしたければ、クレジットカード会社と契約してください」ということでした。
ということは、わざわざもしもシークスでiPhone買うメリットはなく、純粋に価格勝負になります。iPhone6は、アマゾンで買ったほうが安いわ、という結論になりました。Appleストアよりはもしもシークスの方が安いけどね。

6sも見てみよう。

もしもシークス iPHone 格安スマホ

もしもシークスで6s 16GB 85400円。

Apple iphone 格安スマホ

Apple storeで6s 16GBが86800円。

アマゾンはそれらよりも高いので、iPhone6s 16GBに関しては、もしもシークスで買うのが一番安い。

これらの値段はちょこちょこ変動するものなので、もしもシークス、アマゾン、Appleストアあたりを見て、一番安いところで買うのがよい。

で、iPhoneを入手してしまえば、好きなとこでシムだけ契約してしまうと完了。
カンタン。

3、分割でiPhone買いたい

で、mvno業者の中でもう1社、iPhoneを扱っているとこがありました。

それが、我らがDMM mobileです
iPhoneじゃないけど、僕もDMMmobile使ってます。

DMM iphone 格安スマホ

しれっと置いてある。

「新古品」というのは「一度販売されたけど一度も使用されていない」というヤツで、さらに未開封と書いてます。
きっとAppleストアとか量販店の倉庫までいったけど、戻ってきたということだと思う。

DMMmobileで契約すれば、月々の使用料金から24回分割払いで、iPhone6が使えます。
もちろんトータルえは一括払いよりは高くなるけど、一括払いとか、クレジットカード払いがイヤな場合はこれは使える方法。

DMM mobileのサイトでiPhone6が紹介されてるの見つけたときは、かなりビビったもん。

「格安スマホサイトでセットで買えるスマホは、しょぼいのばっかり」というイメージを払拭してくれたので、良い仕事したなぁという感じ。

ということで、分割でiPhone使いたいならDMMモバイルで買うか、
2章に書いたもしもシークス、Appleストア、アマゾンなどからクレジットカードで分割払いにするか。ですね。

ということで今日の記事は以上です。

まとめると

「いま使ってるiPhone使いたい」→「6か6plusなら、購入から180日待って、シムロック解除してもらおう」
→「それ以外なら、自己責任でシムロック解除するか、あきらめるか」

「一括で買いたい」→「もしもシークスかアマゾンかAppleストアで買おう」
「分割で買いたい」→「DMMmobileで買うか、アマゾンとかでクレジットカード分割払いか」

という感じですね。

グッドiPhone&格安シムライフを!
またのお越しを、お待ちしております!

ーふじさわの今後のイベント情報ー

毎月1日に電子書籍を発売してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。