[公開日]2019/04/16
[更新日]2019/06/15

キングダムの「王騎の矛」のクラフトパックが手に入るリポビタンDを買ったので大将軍になってみた話。

いらっしゃいませ!ふじさわです。

先日、アマゾンを徘徊していると

リポビタンD キングダム「出陣! 王騎の矛クラフトパック」

という振り切った商品を発見して、思わず買ってしまったのでレビュー記事にしたいと思います。

1、リポビタンD×キングダムとは

ということで、リポビタンD×キングダムの商品は↑でして、
特設サイトはこちら↓です。
リポD×キングダム特設サイト

「キングダム」という、壮大な中国の戦国時代を描いた有名な漫画がありまして。

この作品に登場する、

「王騎の矛」
「河了貂(かりょうてん)の兜」
「楊端和(ようたんわ)の仮面」

という重要3アイテムのクラフトパック(ダンボールで作れるやつ)が、リポビタンDとセットになってるというものです。

で、このリポD×キングダムのコラボキャンペーン、ツイッターでハッシュタグ「」をつけて投稿しよう!

というものなんですが、なんというか
全然盛り上がってない
感が満載なのです。

さらに#オウキ#カリョウテンをつけることで抽選でそれぞれ王騎将軍の鎧、河了貂の蓑がもらえるのですが、それぞれ20投稿ずつくらいしかないような。

ということで、僕も協力しようかと思った所存であります。

そもそも僕がキングダム好きになったのはむちゃくちゃ最近です。

そもそもは、僕の行きつけの温泉の漫画コーナーの「おすすめ漫画1位」にキングダムがあげられていて。
なんとなく、すごく有名な漫画で名作なんだろうなぁと思ってました。

それで温泉で読み始めたんですが、おすすめにあげてる割には全巻揃ってなかったので、メルカリで全巻買いました。

これが先月(2019年3月)のことなので、このキャンペーンの1ヶ月くらい前です。

名作漫画なので、10年以上ファンの方もいる中で、こんなペーペーが王騎将軍の矛を手に取るのはどうかと思いましたが、そこは目をつぶって購入しました。

この記事はキングダムが好きじゃないと何を言ってるかわからない部分も多いと思いますが、そういう方はぜひマンガ読んでほしい。

あるいはNetflixでアニメもやってますが、NHK制作なので、グロシーンや負傷シーンが大幅にカットされていて楽しさが半減してるので、マンガがおすすめです。

>>Netflisのキングダムのページ

 

さて、リポビタンDに話を戻しましょう。

普通のリポビタンD×10本が970円
キングダムコラボが1577円なので、

王騎将軍の矛、実質507円。切なさの極み。

2、王騎の矛クラフトパック作ってみた

ということで、アマゾンから届いたリポビタンD。
プライム会員ということもあり、注文の翌日に届きました。

 

サイズ感としては「思ったよりデカイ箱きたな」という感じ。
リポビタンD10本も買ったこともあるんですが、それよりもふた回りくらい大きい感じ。

 

で、箱を開いたらいきなりこれです。
「ハァッ!?なにこれ!?」です。

 

そう。なんと、商品のダンボール箱も含めて、クラフトパックになっているんですね。
この企画にめちゃくちゃ力入れてるやん・・・。

中からは、ワラワラと王騎の矛となる予定の紙がでてきます。

 

大量のクラフトパックを取り除いた後、やっと本体のリポビタンDが出現します。
「ついに発見した」感ある。

 

そして「リポビタンD×キングダム」は、ドリンクのラベルもキングダム仕様です。
かっこいいかっこいい。楽しい楽しい。

信、羌瘣、王賁、蒙恬まではテンションあがりますが「このヒゲのおじさん誰や?」って一瞬思いましたが麃公将軍です。あの、本能型でバッタバッタと倒す強いやつです。

「王騎将軍おらんの?」

と思ったかもしれませんが、今回のリポビタンD×キングダムコラボは3種類あります。

・武将ボトル
・知将ボトル
・大将軍ボトル

の3セットあるのです。

この3種類のうち、我らが王騎将軍は「大将軍ボトル」に含まれてるわけですねウン。
僕が買ったのは「武将ボトル」。

さて。クラフトパック作りに戻りましょう。

 

クラフトパック作りは、まぁまぁ大変です。
大変だけど、その分おもしろい。

 

しかし作りはとても丁寧で、セロハンテープもハサミも要りません。
ただ型紙からちぎって、指定の場所をはめこんでいくだけなのでカンタン。

 

王騎将軍の矛は2メートルにもなるそうで、かなり大きい。
全部作るのに40〜50分はかかりました。

 

ということで完成。
完成した時、どのくらいのテンションだったかというと、この表情くらいのテンションでした。

こうして写真で見ると
「まぁまぁじゃん」
と思うかもしれませんが、ボール紙みたいな素材なので、かなりモロいです。

特に持ち手部分と刃部分をつなぐ黄色い部分はグラグラで、実際の矛のように振り抜くと一発で折れます。

セロテープで少し補強して、そ〜っと持たないといけません。

 

自転車に乗って、片手にこの矛を持って「王騎将軍ごっこ」をしたらほんのちょっと楽しくて、500円分くらいの元はとれた感じがしました。
作ってる時間が一番楽しかった。

3、4月19日に、映画公開!&新刊発売!

最近はブログの更新が減ってて、もうひとつ運営してるアフィリエイトサイトばっかり更新してます。

こっちのブログも含めて「金が稼げる記事」「検索エンジンに向いてる記事」ばかりしか書かなくなったので、久しぶりに「書きたい記事」を書いてみたらこんな感じになりました。

あと書くことと言えば、4月19日にキングダムの映画公開と、新刊54巻が発売されることくらいです。

リンクだけ貼っておきますね。
キングダム 映画 公式サイト

試写会には応募して落ちました。

 

1月には「YouTuberになる」的なことを言っていたんですが、ブログも引き続きがんばるのでよろしくお願いしますドスコイです。

ーーー2019.6.15追記ーーー

この記事で書いている、
「ツイッターでハッシュタグつけてツイートすると5名に王騎将軍の全身甲冑がもらえる」
という企画ですが、なんと

当選しました!

なんというか、当選DMが来た時は笑うしかなかったというか、

「こんなとこで運つかっちゃったwww」という感じでした。

いや、むちゃくちゃ嬉しかったですよ?
だけど、当選は5名だけで、そんな少数のキャンペーンに当選するとかそうそうないので驚いちゃいました。

 

そして

と  ど  い  た

ここからは写真メインでお楽しみください。

王騎将軍の全身甲冑 在中

かなりデカイ

説明書もちゃんとしてる。

パーツもむちゃくちゃ多い。

途中経過

途中経過その2

素材はクラフトパック(薄い段ボールみたいな)なのでちゃっちい感じはするんですが、ご覧のように複数のパーツを組み合わせることによって、重厚感を出そうとしてくれています。

製作陣の努力にマジあっぱれ!

パーツが多いのと、仕組みがけっこう複雑なので制作にはけっこうな時間がかかります。
2人で作ったので30分だったので、1人だと1時間はかかりそう。

 

そして完成したので、着用し、
矛も手に持って、家の外で撮影しました・・・。

奥にぼんやり見える王騎将軍。

この顔である。

このポーズである。

マントからは折り目の跡が消えることはない。

さながら春秋戦国時代の戦場のよう。

「一人十殺するまで、倒れるのを許しませんよぉ!」

参ったか。

本当にまぁ、こんな感じです。
これ以上はありません。

王騎将軍になりきれて楽しかったです。
甲冑を着ることでわかったのは、肩幅が広すぎてドアの間を横にならないと通れないということです。

 

あと、みなさんが「動いてる王騎将軍」も見たいと思ったので見てください。
こちらの記事では大沢たかおさんのことディスりまくってるのに、、、まぁそこは別物と考えてくださいね。

ーーー追記おわりーーー

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

人気ブログの記事をシェアしよう!

3 件のコメント

  • こーゆー記事は楽しいね!
    ドラクエ脱出、これと似たような仕掛けがあったよのよ〜

    なんか顔つきが優しくなったね!w
    ブログ更新がんばれー♪

  • 久々の更新面白かったです。
    動画に行ってもうブログ更新はないのか思ってました。
    ブログ更新楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。