スマホにする必要のない人→電話とメールと○○のためだけ

P-01E

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

今日は、そもそものスマートフォンとケータイ電話の違いから書こうかとも思ったんですが、それはやりすぎな感じもするので、

「スマホにする必要のない人々」というタイトルの記事にしようと思います。
「電話とメールしかしないんですけど、スマホにしたほうがいいんですか?」

 

という声を、ドコモ店員時代は一日に5回は頂きました。
いまなら
格安スマホなら月々1000円以下で持てる。
電話とメールしかなくても、スマホにしといたほうがいいよ。

と答えます。

例えば、DMMモバイルなら月々440円からですよ。

ただ、ドコモ店員時代は
「電話とメールだけなら、ガラケーの方が使いやすいですよ。」

と答えていました。
しかしその後は

「でも〜、いまさらパカパカの普通のケータイにするのなんて恥ずかしくて〜。」
という流れで会話が繋がることがほとんどです。

これが、多くのひとのなかで起こっているジレンマですね。

スマートフォンには様々な使い方がありますが、

誰しもがそんなに多種多様な使い方をしたいとは思っていません。

それぞれの生活の24時間は決まっているのですから、使い方を覚えるのも、アプリを探すのにも

時間はかかるしエネルギーもいる。新しいことを覚えないといけない。

僕は20代の男子で、こういう機械モノは好きなのでいくらでも操作を覚えたりするのに時間を割きますが。

世の中にはそうでないひとも大多数いることは、重々承知しております。

 

このようなことをめんどくさいと感じたり、やるつもりが全くないのであれば、

堂々と、ガラケーに機種変更すべきです。

ただ電話とメールと見栄を張るためだけにスマートフォンに変えると、様々な弊害があります。

大きく分けると

●使用量が月6000円〜かかる
ガラケーだと月々2000円程度で済んでいた場合、なんのメリットもないのに4000円以上、
毎月余計にお金がかかることになります。もったいないだけですね。

●操作がかなりしづらく感じる。
メールの文字を入力するだけでしたら、明らかにガラケーの方がしやすいです。
スマートフォンはゲームとか動画とか様々に対応するため、文字入力などの基本操作だけを見ると、
ガラケーの方がカンタンです。

●電池が持たない
今、一番流行のXiスマートフォンだと、ガラケーの3分の1程度しか電池は持たない、と思ってください。
まめに画面をOFFするなど、気を使ったとしても半分くらい。
以上のようなことは、もちろん全てのスマートフォンユーザーに当てはまるのですが、

アプリをとったり、動画を見たりと使いこなしてるユーザーにとってみれば、

上記の3点は「当然の対価」なわけです。

いまであれば、月々1000円以下で使える格安スマホをオススメするんですが。

アプリも動画もほとんど使わない、という方は、上記3点は、「ただのムダ」でしかありません。
迷わずガラケーを選択しましょう。
と、ここまで説明しても、

「でも〜。電車の中とかでガラケー出すのとか、今時恥ずかしくないですか?」

というのが本当の問題なわけです。

確かに、電車の中で、見渡す限りみんなスマートフォンを使っていて、

自分だけ「パカッ」とケータイを開くのは、かっこ悪いと感じるかもしれません。

「他人にどう見られるか?」

が気になるというのは人間の当然の感情なので、その感情まで否定するつもりは全くありません。

なので、電話とメールしか使わないけど、他人の目が気になる。スマホじゃないとださい気がする。

という方は、上記3点のリスクを踏まえた上で、ぜひぜひスマートフォンに変えてください。

 

「このまま普通のケータイは無くなっちゃんですか?」</span>

という質問もよく受けますが、

「はい。なくなります。」というのが答えです。

ただ、1年とか2年という話ではなく、5年とか10年とかのスパンで見るとなくなると思います。

それはもう、ポケベルを見なくなったのと同じくらい必然的に、ガラケーはなくなります。

なのでそれまでの時間稼ぎにしかなりませんが、

周りへの見栄とかの為にスマホを買うぐらいだったら、ガラケーで今まで通りの日常を生きて欲しい。

無理して背伸びする必要はありませんよ。

ということを僕は言いたいです。

一部のドコモ店員はこのように考えていました。
ということで今日の記事はこれで終了です。

この記事は2013年に書かれていますが、
現在では、電話とメールだけでも、格安スマホにするのが正解です

では、またのお越しをお待ちしております!

毎月1日に電子書籍を発売してます!

12 件のコメント

  • そうそう、書き忘れてました

    私自身、スマホを買って試してみたけれどガラケーで十分派の人間です。

    一つの視点として

    「スマホは色々な事ができる、が…貴方は外出先で何度その便利な機能を使ってますか?」という点です

    携帯端末のメリットは、携帯して外出先で利用できる点にありますが
    そもそも、外でどれだけ便利な機能を使いましたか?と大勢に問いたいです
    キャリアで年間8万近く料金を支払う人、便利にスマホを外で使った回数で割ってみて下さい。
    1回あたり幾らですか?本当にそれだけのお金を払う価値はありましたか?

  • つい最近、スマホからガラケーに戻っちゃいました。
    スマホは大きい分、重いですからね。

    スマホ使って来て分かったことは、無闇ににアプリを無効化にしてはいけないこと・・・ですかね。

  • 情報有難うございます。ガラケーを恥ずかしいとは思わないのですが、外でインターネット接続する必要がないので、携帯を使っています。
    iphoneでWiFi環境でネット接続はできるが、電話回線は電話とメールだけという設定は可能でしょうか?
    携帯+iPodのような使い方で、パケット定額を契約しないというのは可能でしょうか。

    • 可能だと思いますが、パケット定額を契約しないのは事故った時(気づかずにキャリアのパケット通信に接続してしまう等)、いわゆるパケ死すると思います。
      一番安いパケット定額はつけた方がいいと思いますよ。

  • 一番良い奴をください、これは特に間違った買い方ではない気がします
    というのも、スマホ等の機器はメモリが少ないと本当に使い方が制限されてしまうので
    知識がない人こそスペックに余裕がある物を選んだほうがストレスが減ると思うからです
    そして、自分にとって何が必要かを理解せずに買い物をしているというのもおかしな文章です
    世の中の買い物の大半はそんな感じですし、スマホだけがそう言われるのは何か違和感があります
    普通の携帯電話からスマホへの過渡期だからこそ、必要ないと否定され続けてしまうのかもしれませんが
    個人的には極一部でいいので物理キーが付いたスマホが選択肢として用意されているならばスマホも悪くないと思います

    • ♪匿名
      そうですねー。「一番いいやつをください」って、僕も別の業界では言っちゃいます(笑)

      そして、世の中の大半のひとが、大半の商品を「自分にとってなにが必要か理解せずに」買い物してます。間違いないです。

      なので僕はこの記事で「世の中はみんな、自分にとって必要なモノを理解せずに買い物している!」と書いてもよかったのですが、
      そんな大きすぎる話をされてもハァ?ってなるだけなので、あえてスマホに絞っただけです。

      「一番いいやつをください」の真意は、自分のお金を出して、自分が使うものものなのに、その選択権を見ず知らずの店員にいきなり預けてしまう態度に問題がある、と指摘しているだけです。
      自分も含めての戒めと思っていただければ。

  • 「一番良い奴をください」←家電を買う時にすぐに出てくる一番愚かしい一言
    通勤で使う車にわざわざダンプ買う馬鹿はいない。必要な機能を満たしていて一番安いものを買うのが当たり前。ところが大抵の場合「何が必要なのか」自体が分かっていない。実はこの場合、そもそも買う必要すらないんだけども、さらに決まって出てくる言葉が「周りはみんな買ってる」愚かしさ極まれり

    • ♪匿名さん
      少し言葉は汚いですが(笑)、まさしくそうだと思います。

      それはきっと、スマホが世の中にでてきてまだ日が浅いので、「そもそもスマホとはなにか?」が世の中に浸透してないからという部分が大きそうですね。

      ダンプみたいに見た目にわかりやすければいいんですが、ハタから見ても、スマホとはなにか?がわかりにくいという原因もありますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。