僕らは笑顔でゴミを7万円で売っていた。

どうも、今日もいらっしゃいませ!

iPhone愛用中ドコモ店員です。

 

日々、ブログにコメントを頂くのですが、そのどれもがレベルが高すぎて焦っています。
僕はiPhone4→4S→5という流れでスマホを使っているので、
Androidは仕事で使っているだけで、自分のものとして使ったことがありません。

なので、Android端末を日頃から使っているみなさんの方が詳しいのは当然なのです。
でもそんなこと言うと、僕がこうして記事を書く意味が・・・と思っていたところ、ひらめきました!

 

みなさんから頂くコメントを編集し、さらに見やすく役立つ形にして、僕が再び記事にします。
なので、みなさんから頂くハイクオリティな情報を、もっと二重三重に活用させていただきます!
ということで、今後もハイレベルなコメント、お待ちしてます!

そして、ローレベル(笑)=スマホ初心者の方のコメントこそ、実は一番価値があるので、そちらもドンドン書いてくださいね!

ということで昨日に引き続き、来店されたお客様のことを書きます。

では、目次です。

ーーーーーーーーー

1、僕らは笑顔でゴミを7万円で売っていた
2、iPhoneを待つ女性

ーーーーーーーーー

1、僕らは笑顔でゴミを7万円で売っていた

その日来店された女性は、買う機種をほぼ決めていました。
「ARROSW Xをください。」

ARROWS Xと言うと、あの富士通の「ARROWS」シリーズの最新作です。

~~ここから回想~~

富士通のARROWSシリーズは、2年前、「ARROWS X LTE(F-05D)」という機種から始まりました。
当時としてはXi対応!薄くて軽い!カメラは1300万画素!しかもガラケー機能全部入り!」

という謳い文句で、飛ぶように売れました。

本当に「飛ぶように」でした。
2ヶ月くらいはどの店舗に行っても在庫はなく、
やっと40台仕入れても、翌日には完売するような、恐ろしいほどの売れ行きでした。

しかしその数ヶ月後に、雲行きは怪しくなってきました。

ARROWS X LTEを片手に持ったお客様が来店され。
「急に動かなくなったんですけど!」

「再起動を繰り返します!」

「フリーズして、全く画面が動かない!」

「本体が熱くなって、ヤケドしそう!」

「さっきまで電池が90%あったのに、一瞬で0になった!」

という、困って、ちょっと怒っているお客様が、後を立たなくなりました。
ほぼ毎日といっていいくらい来店されるお客様をみて、「これはおかしいぞ。」と誰もが思っていました。

案の定、ピークの一ヶ月間はほぼ毎日。それ以降も、数日にひとりはこの機種を持って故障を訴えるお客様の対応を続けました。
その対応とは、センターに送って修理するか、もしくは新品と交換するのですが、それでも

「これで3台目だよ。何回交換してもおんなじ症状。」
という方も多く、われわれ店員にはどうしようもない状況が続きました。

「僕らは笑顔でゴミを7万円で売っていた。」

というのは、先日、別の記事でコメントを頂いた”auショップ店長”さんのお言葉です。
僕も全く同じ気持ちです。

ちなみにその方はIS04(Regza Phone)を取り扱っていて思ったそうです。
そしてauショップ店長さんのコメントにはこうも書かれていました。

「僕らは笑顔でゴミを7万円で売っていたという重罪があると本気で思ってます。

 「この商品は富士通が作っているから、私たちはわかりません。
私たちは販売が担当ですので、商品の担当ではありませんので。」

というのはもっともな言い訳ですが、
本質的には違うんです。

初めてスマートフォンにするため、ドキドキしながらドコモショップや電機屋に来店されたお客様にとって、
その商品は、目の前にいて、話せて、質問できる、”そのひと”から買っているのです。

僕たちは毎日、何百人というお客様の対応をしますが、
お客様にとってはほとんど選択肢のない、”そのひと”を信頼する他はないのです。

そんな我々が、「これはうちで作ったものじゃないから」
という態度をとることは、あまりにも失礼で、傲慢な態度です。

実質的にも、お客様が富士通の製造部や企画部にクレームを言うことなどできませんから。
僕も、この「知らずにゴミを売っていた重罪」を引き受ける責任があると思っています。

しかし来店されたお客様が「これ、ください♪」と言っている商品を
「これは故障が多いから辞めた方が良いです」と言ってしまうと、

お客様は気分が悪いし、会社にも上司にも怒られます。

なのでそれ以降、僕は
「お客様にも上司にも怒られない程度にさりげなくダメ端末を買わさず、よい端末を売る」

という技術が少しずつ向上していきました。
その技術は今ではかなりのレベルになったのですが、

それでも
EXILEを起用したかっこいいCMと、
ドコモが作った綺麗なカタログを見たお客様を止めることはできません。

世の中にもっと正しい情報が必要だと感じ、このブログをはじめました。

~~ここまで回想~~

2、iPhoneを待つ女性

さて、ここではじめの女性に話は戻ります。
この女性は「ARROWS X、まだありますか?」

と、来店早々に言われました。

このときこそ、日々培っている「さりげなく端末を変えさせる」技術を使うときだっ!

「ARROWS Xもいいですし、Xperia Zがやっぱり一番売れてますね~」

「あ、ほんとですか!?」

「はい。ちなみになんでまたARROWS Xにしようと思ったんですか?」

「なんか友達からいいって聞いて~。それに安いですよね。」

そうなんです。

ここ最近、ARROWS Xの価格は「ダイレクト割」と言われる、安く購入できる特別価格になったのです。
厳密には安くなっているわけではないのですが、
「月々サポート」という割引がなくなったのです。

2年以内に機種変更した場合、いま他の端末を買うよりもARROWS Xを買う方が、数万円、安くなるのです。

つまり、2年間、機種を使い続けるつもりの場合はXperia Zなどの方が安く、

2年以内に機種変更をする場合はARROWS Xの方が安いと。

「近いうちに機種変更される予定はありますか?」

「え~、多分2年間使いますよ~」

「そうですか、じゃぁあんまり価格も変わらないですね。」

「そうなんですか~。じゃぁどっちがいいんでしょうか?」

「そうですね~・・・」

 

ここから僕は、非常にさりげなく、昔あったARROWS X LTEという機種がどんな事件を起こしたかを伝え、

その後継機であるこの機種をわざわざ買う必要はなく、

Xperia Zを買った方がいかに安心かということにフォーカスして会話しました。

あくまでさりげなく。誰も不快に思わない程度に。

数分後。。。

「じゃぁ、ARROWS Xにしますっ♪」

失敗。

ARROWS X LTEの悲劇から2年経ち、技術も向上しているとはいえ、絶対にXperia Zの方が安心なのに・・・と思いながら手続きを進めました。

その日はXperia Zの在庫がなく、ARROWS Xは在庫がありました。
なので店の売り上げ的にはARROWS Xで良かったのですが、この女性が困った顔でARROWS Xの故障を訴えてくる日がくるかもしれない、と思うと、残念でなりませんでした。

もういまさらなので書いてしまうと、かなり美人さんで、性格もほがらかで、話しててとても楽しかったです(笑)
しかしどの機種を買うかはお客様の自由意志。

我々はあくまで情報を提供するだけで、私見を挟むことではありません。
そして手続きは進み、数十分後、機種変更の手続きは完了しました。
しかしその帰り際、その女性はびっくりするような発言をするのでした。

「ドコモからアイフォンが出るって噂、ありますよね?
もしアイフォンが出たら、すぐに変えられるように、
値段が安いARROWS Xにしちゃいましたっ!
どうも、ありがとうございましたっ!」

あーれま・・・。

僕がこれだけ頭を悩ませながら接客しても、iPhoneを待つ為に価格の安い機種を買うだなんて・・・。
恐るべし。あいほーん。

このブログの中でも、

「iPhoneが欲しいひとはもうドコモの外に出てるから、いまさらドコモからiPhoneが出てもさほど影響はない」

ということを何度か書きましたが、

目を血走らせて待っているひとはもういなくても、
ゆる~くiPhoneを待っているひとはかなりいるような気もしますね。

僕の持論を揺るがした、印象的な出来事でした。

というところで今日の記事は終わりです。
ではでは~。

こちらにメアドを登録していただくと、更新の度にメールが飛びます。


 

P.S.2.

スマホの通話料が下がるかもしれない!?IP電話に関する記事はこちらです。

HOTなお知らせ!

HOTなお知らせ!

詳細はこちら

ソフトバンクでiPhone7の予約できます。

毎月1日に電子書籍を発売してます!

454 件のコメント

  • 初めまして。
    元Arrowsユーザー、現Xperia Z5ユーザーです。
    私は、今となっては数少ない国産品マニアで…

    2013年の春先に買った初スマホがArrows A(ソフトバンク版の廉価モデル)でした。
    その頃スマートフォンの悪評はいろいろ聞いていたので覚悟してましたが、実際使ってみた感じは、電池持ちがあんまり良くなくて時々熱を持つくらいで、手書き文字入力や指紋センサーなど富士通独自の多機能が気に入ってました。

    その後、ドコモに乗り換えて、Arrows NX F-01F、F-02Gを使ってきましたが、この頃の富士通スマホは電池持ちもデザインも圧倒的に良かったように思います。

    最近またソフトバンクに戻ったら、Arrowsがソフトバンクから撤退していたので、国内メーカーのハイスペック品ということでXperiaを選びましたが、正直、Arrowsがソフトバンクから撤退したことはすごく残念でした。

    Xperiaに関しても、最近ソニーのスマホ事業が赤字だとか不穏な噂があるようで。

    まあ、今は海外勢が強いので、これも時代の流れなんでしょうね。

    • ♪starlightさん
      なるほどなるほど。
      実際、アローズX LTEを使っていても、全く問題ない方もいましたので、starlightさんはそのラッキーな部類だったんですね。
      よかったよかった。