「今月も制限かかっちゃった」今後もドンドン通信量は増えるから、大手キャリアは抜けて格安スマホだ。

スクリーンショット 2015-10-21 19.18.40

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

fujisawaBase2a

ふじさわブログの新しいロゴが完成しました。
いま思ったんですが、このブログはロゴ画像やヘッダー画像を変えるサイクルがかなり早いです。

普通は、一度ブログのデザインを決めたらそうカンタンに変更せず、読者やSNSに対して記憶付けすることを目指します。
大きなサイトであればそうなのですが、個人ブログでは本人のパーソナリティがもろに発揮されます。

僕のパーソナリティはこの3年で何度かの変化をしてきており、それがそのまま、ロゴを変えるサイクルに現れているんだと思います。
そして現在は、「スマホ周辺について、日本で一番わかりやすく説明するサイトになる」という目標に向けて進もうかなと思っているところです。

これは、そもそもの「iPhone愛用中ドコモ店員」が始まったときと同じ目標です。
当時は店員として働いていたので多くの情報を持っていたのですが、いまはさらに格安スマホについての情報と経験をガッツリ仕入れました。

大手キャリアを使うことと、格安スマホを使うことの両面から、わかりにくいスマホ分野に切り込んでいきます。

 

ちなみに、前回に続き今回も依頼したロゴのデザイナーさんなのですが、最初はこのブログを見て「やらせてください!」と手をあげて頂きました。
この方には、ブログで食べてけてるの表紙でもお世話になっています。
しかし関東在住ではないのでまだ一度も顔を合わせたことはないし、声も聞いたことがありません。メールとLINEチャット(とクラクラ内チャット)のみのやりとりです。

それでもこうして仕事を依頼し、いいものを作って頂けるというのは、すごい時代になったなぁと思うものです。
在宅ワークとか、クラウドソーシングとか。新しい働き方がドンドン生まれてきてるのを感じます。

では、目次からどうぞ。


1、「今月、制限かかっちゃった」
2、増え続ける通信
3、格安スマホと大手キャリア


1、「今月、制限かかっちゃった」

今日が21日なので、もうすぐです。
これから月末にかけて、ドンドンと「制限かかっちゃった」というひとが増えてきます。

そう。ドコモauソフトバンクのプランにある「7ギガ制限」というやつです。月に7ギガ以上通信してしまうと、制限がかかってネットがメチャクチャ遅くなる、というやつです。

なぜこんなに制限がかかりまくるかをザッと説明すると

・ネット上に動画と画像が増えた と、
・それらの画質が上がった

からです。

「投稿」といえば文字だったはずのFacebookも、いまや画像か動画、あるいは画像(サムネイル)付きのリンクと一緒に投稿しないと、タイムラインで目に留まらなくなりました。
そして、スクロールするだけで勝手に動画は再生されたりします。

インスタグラムは、キレイに撮られたオシャレ画像をスクロールしまくってガンガン見る女子向けSNSですが、
写真がキレイに見えるということは、画質が高いわけです。高画質の画像をガンガンスマホに表示してるので、通信の消費に一役買ってくれています。

そして極めつけはyoutube。「かっこいいPVだなぁ・・・」と思いながら観てるそのアーティストのPVこそが、通信量圧迫の根源です!

2、増え続ける通信量

次の話題は、
「この通信量が、これから2年後、5年後、10年後・・・増えると思いますか?減ると思いますか?」です。
答えはもちろん
「まだまだドンドン増え続けるでしょう。」です。

僕がドコモ店員時代には、スマホのデータ使用量の選択肢は主に2択でした。

・3ギガのライトプラン
・7ギガの通常プラン

そして店員の決まり文句は
「月に7ギガも使用されるお客様は、全体の数パーセント程度ですので、まずは3ギガから試してみるのがいいかと思います〜」でした。
2011〜2012年の話です。

しかしいま(2015年)の、大手キャリアのプランは変わっています。
これはドコモのプランですが、

・データSパック 2ギガ
・データMパック 5ギガ
・データLパック 8ギガ

個人プランの最高が7ギガ→8ギガになっており、7ギガでも足りないひとが続出したことが伺えます。

あとは、家族で通信量を分け合える「シェアパック」というのもあります。

・シェアパック10 10ギガ
・シェアパック15 15ギガ
・シェアパック20 20ギガ
・シェアパック30 30ギガ

これらは「お父さんやお母さんはあんまり使わないけど、娘や息子は月に10ギガずつくらいは使うでしょう」というだけです。

「3ギガから試してみるのがいいですよー」
と言ってた2011年からたった4年で、ひとりひとりの通信量は増えてるし、今後もドンドン増えていくでしょう。

なぜなら、僕らは「もっと速い通信、もっとキレイな画質、もっと多い情報」を求めます。
そのニーズに大企業が応え続ける限り、通信量は増え続けていくのです。

3、格安スマホと大手キャリア

ここで、仮に「月に10ギガくらいは使うでー」という場合の、月の使用量を見てみましょう。

僕がまさしくDMMモバイルで、10ギガプランを使ってます。

DMM mobile データSIMプラン 10GB
こういうプラン。

こういうプラン。

僕はこれの
通話SIMプランの10ギガで、2950円/月です。

それと本体代の分割金1395円を合わせて、税込みで4583円。
通話代がちょっとのっかって、支払いは5000円〜6000円です。

DMMモバイル mvno 格安シム

9月、10月、11月・・・・だいたい6000円くらい。。「内訳を見る」をおすと・・

DMM スマホ 格安 モバイル

全く電話しないと、4000円。

 

では次に、大手キャリアを見てみましょう。

NTTドコモ 料金表

リンク先は相変わらず見にくいのでザッと書くと

基本使用料1700円 +SPモード300円 +データLパック(8ギガ)6700円

合計 8700円。

ここにさらに
■有料アプリを笑顔で強制されることが、ドコモやau、ソフトバンクショップで契約する一番のリスク。

この、よくわからんオプションとかがついて、10000円を超えることもあるでしょう。
機種代は含めずに8700円なので、機種代含めて、オプション含めると12000円とかに平気でなるわけです。

まとめると、
「おー。格安スマホが6000円で、ドコモは8700円かー。」
ではないですよ。

格安スマホの6000円というのは、機種の分割金も含まれてますからね。


僕はこの機種を24回の分割払いで買っていて、それの一回あたりの支払いが1395円です。それをふくめて6000円くらいなので、

ドコモの8700円と比べるべきなのは
DMMモバイルでは、2950円です。

「おー、格安スマホは10ギガ使えて2950円、ドコモは8ギガ使えて8700円かー」
が、正解です。

ドコモや大手キャリアは、この料金で5分以内の通話であれば無料です。なので通話が多いのであれば大手キャリアの方がいいですが、いまどきLINEの通話でオッケー。

できるだけ数字は出さずに説明しようと思ってたんですが、後半はどうしても数字が出てきました。
料金の話してるんだから当然か。

ひとりあたり8ギガや10ギガでは収まらず、ひとりひとりが15ギガ、20ギガ、50ギガと使う未来も見えつつあります。その理由は2章で書きました。
そうなると、格安スマホと大手キャリアの差は開く一方でしょう。

ここまで格安スマホを押しても、まだまだ大手キャリアで契約するひとは多いです。
次回はその理由について書きます。

ということで今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

 

毎月1日に電子書籍を発売してます!

4 件のコメント

  • 興味はあるけどよく知らない世界、私も勉強させていただきます。

    脱大手キャリアは勧めるけど、ご自身は「元ドコモ店員」の肩書は外さず、そのへんは大手キャリア依存なんですね笑

    それは余計かw
    これからも楽しみにしてます!

    • ♪minoponさん
      ハハ!その通りです。
      そう書くことで得られる信用もありますからね。

      大手キャリアを、利用できるところはしつくしていきましょう!という僕なりのメッセージと思ってください。

    • ♪H.HARADAさん
      お久しぶりです。
      この世界も他の多くの世界と同じく、
      新しい情報が次々と出てきて、利権に縛り付けられた規則の間を縫い、自分で知識を付けて勇気を持って一歩を踏み出さねばならない、サバイバルの世界です。
      ともに戦っていきましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。