格安スマホデビューして半年。DMMモバイルの使い心地レポート。

DMM mobile テザリング

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

いつも「こうすればスマホが安くなる!」みたいなことをずっと言ってますが、
僕も1年前までソフトバンク使ってました。2014年10月までですね。

それで、半年間バックパッカーして、
2015年4月に、はじめて格安スマホデビューしました。

なので、いま(2015年10月)で、まだ格安スマホ歴半年です。
世間には、5年も6年も前から格安スマホを使ってる方も多いので、僕はまだまだお子ちゃまユーザーとも言えます。

お子ちゃまなりに、この半年の感想と、サービスを選んだ理由を書いておきます。

目次


1、僕がDMMを選んだワケ
2、使い心地
3、マイページが見やすい


1、僕がDMMを選んだワケ

僕はいま、DMMモバイルというサービスを利用し、毎月6000円くらいで使っています。

DMMモバイル mvno 格安シム

だいたい6000円くらい。。

DMM スマホ 格安 モバイル

全く電話しないと、4000円代。

このうち1395円が本体の分割金で、1500円くらいが通話料です。
それで6000円なので、大手キャリアと比べるとずっと安いです。
きっと大手キャリアを使うみなさんの半分くらいでしょう。

●僕がDMMモバイルを選んだワケ

決定的な理由はありません。
格安スマホは、どこもほとんどサービスはかわりませんから。

「●ギガで、◯○円」は、どれも似たようなものです。

それについてはこちらの記事で詳しく書いています。
■ステップ4.「つべこべ言わずに申し込んでみる」16社比較したけど多分どこでもいっしょ。

それでも、ゆる〜く理由があるとすれば、「使いたいスマホがあった」ということです。

格安スマホを検討しているときは、バックパッカーから帰ってきたばかりで、新しい家を契約しなきゃでお財布に余裕が無いのに、iPhoneはスられて手元にありませんでした。

◯格安シムの契約 と、
◯新しいスマホ本体

が必要で、しかも資金は少なかったです。

スマホ本体を一緒に買うプランはどこのサービスにもあるんですが、そのなかでも「Zenfone(ゼンフォン)」というのが使いたかったんです。
友人が2人使ってて、それを少し触ってみたらなかなか使い心地がよかったからです。

なので、「Zenfoneが使えて、月々も安いところ」
を調べていくうちに、DMMモバイルにいきつきました。

DMM mobile

2、使い心地

そのDMMモバイルを半年間使ってみての感想ですが、一言で言うと
「文句なし!」ですな。

●ネットはビュンビュン早いし、容量は自分で調整できる。
●通話も問題なく使える。(電話番号もあります)品質もフツーにいい。
●Zenfoneも快適。

ですぞ。

●ネット

最初は月に1ギガのプランでルータと併用していたんですが、すぐに「DMMモバイルは、スピードも早いし、信頼できるぞ!」と感じました。
なので翌月から10ギガのプランに変更しました。

容量の多いダウンロードなどは自宅のwi-fiでします。

カフェにパソコンとiPadを持っていって、DMMモバイルのテザリングで作業することも多いです。(2日に1回くらいはする)
それでも10ギガのタフさに助けられて、容量オーバーしたことはありません。

DMM mobile テザリング

左奥のスマホがZenfone。彼のテザリングで、macがネットに繋がってる。

ドコモauソフトバンクで月に10ギガを使おうと思ったら、ファミリーパックを使ったり追加で容量を購入したりで、それだけで7000円以上になります。
DMMだと、2950円ですぞ!

●通話

格安スマホには「データ専用プラン」と、「通話付きプラン」があります。
データ専用の方が使用料は安いですが、
通話付きだと電話番号がもらえて、電話ができます(MNPもできる)。

僕はこの通話付きプランです。
けどそもそも、いまどきは通話はほとんどLINEでオッケーです。

電話番号で電話をするのは、お店の予約をするとか、役所にするとか、実家のお母さんとか、とても限定的です。
それでもまだまだ電話番号がないと不便ではあります。物件探すときの不動産屋さんとの連絡とかあるしね。

この通話機能も、全く問題なく使えています。

●Zenfoneも快適。

Zenfone。クセがなく、快適に使えています。
iPhone大好きな僕がこの機種を使っているのには理由があります。

それは「Mac book airもiPad miniもあるし、スマホ使う頻度減ってきてる」からです。
なので、8万円以上するiPhoneではなく、3万円程度で済むZenfoneにしました。

■DMM モバイルでZenfoneを3ヶ月使った僕がこっそり教える、3つのダメポイントと、2つの本音。

この件についてはこの記事に詳しく書きました。

3、マイページが見やすい。

あとは、マイページが見やすいです。
データ通信の残り容量がメッチャわかりやすいのが助かってます。
ドコモとかソフトバンクで、これの見方がわかってるひとって少ないはず。
これが便利。

DMM モバイル 通信量 確認

スマホからでもPCからでも、残りが一目でわかる。

という感じですね。
ちなみに、余った容量は翌月に繰り越して使えます。

結論。DMMモバイルは誰にでもにおすすめできます。
とりたてていいところがあるわけではありませんが、

●大手キャリアよりも5000円くらい安くなること と、
●僕が使ってるからとりあえず安心

という2点で十分。

あとは、使っていけば毎月DMMポイントが溜まりますが、これの使い道についてはこちらの記事に書きました。

■DMMモバイルで貯まってくポイントの使い道を検証したよ。

ということで、僕の知り合いには、僕が使って問題ないDMM mobile
をオススメしてます。

今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

毎月1日に電子書籍を発売してます!

2 件のコメント

  • DMMはamazonで初期費用500円でsimを入手できるのがいいですね。
    (今だけかもしれませんが。)

    低速オンリーで車の中でネットラジオを聴いてますが、問題なく使用できます。
    低速SIMとして普通の速度が出てるってだけで、他社より優れてるのかどうかまでは分かりませんが。

    • ♪大福丸さん
      そう。いままで、アマゾンとかでシムを買うことに全く触れてこなかったんですが、それって、けっこう大事な裏技というか、テクニックですよね。
      3000円の事務手数料って、地味にダメージなんですよね。「安くするぞー!」って思ってる出鼻をくじかれるというか。

      低速シムの比較までは僕もカバーしてませんが、ラジオが問題なく聞けてよかったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。