[公開日]2017/12/24
[更新日]2018/03/31

超名著「サピエンス全史」がオーディオブック化だぞぉぉっ!

↓スポンサーの鈴木太郎さんです!↓

ブログを読んでみる。
鈴木太郎に関する記事を読む。

いらっしゃいませ!ふじさわです。

昨日ふと見つけたんですが、あの「サピエンス全史」がオーディオブック化されてるっ!

 
12月22日から配信開始されてるので、配信されたばかりですね。
しかも12月31日までは「2017年の本特集」ということで、購入すると400ポイント(400円分)がもらえるそうです。
 
価格は2052円で高いと思うかもしれませんが、今から僕がこれを「安い」と思わせて見せます。
 

1、サピエンス全史とは

サピエンス全史は、2016年9月に発売され、2017年に世界中でベストセラーになっためっちゃ面白い本です。

内容は「人類が誕生して現在まで、どんなことが起きてきたのか」ということです。

僕は上巻しか読んでないんですが、印象に残ってるパートはというと

・猿やゴリラなどの他の生物と、人間を分けたものはなにか?
・なぜクロマニョン人は生き残らず、アウストラロピテクスが生き残ったのか?
・小麦を栽培できるようになって、人類は小麦の奴隷になった
・宗教のすごさ
・貨幣のすごさ

などなど・・・
まぁ、かなりオタクっぽい内容で、これを読んだからって生活が劇的に変わるとか収入が3倍になるとか異性にモテるとかはないんですが、知的好奇心を刺激される内容です。

だし、こうして「人間」についての理解を深めておくことで、世界の見え方が変わるので楽しいです。
こういう「知的好奇心」ジャンルの本は他に「利己的な遺伝子」とか「銃・病原菌・鉄」とかかな。

あと、こういう本を読んでると「賢い人に見られがち」という副作用もあります。

2、サピエンス全史の弱点。

サピエンス全史の弱点は

分厚すぎて、読むのが疲れる。

という点です。
上にあげた2冊もそうなんですが、こういう本て分厚いし、研究結果とか事例が多いし、誤解を招かないように丁寧に書かれてるので文章量がめちゃ多くなる。その分楽しいんだけどね。

だからこそ、オーディオブックでの発売はめちゃ嬉しい。
イヤホンを耳に突っ込んどけば聞けるし、音声の再生速度を上げればどんどん早く聴ける。僕は最近は3倍速で聞いてます。

移動中とか、家事をしながらも聴けるので、本を読むためのトータルの労力は10分の1くらいになるんじゃないだろうか。
だから僕はオーディオブック愛してます。

「サピエンス全史」は上下巻構成なんですが、つい先日上巻を読み終わったところで、さて下巻よ覚悟しろと思ってたとこにこのニュース。
これだと、もう下巻を本で読む気無くしちゃうよ。はやく下巻のオーディオブックも出てくれ〜。

もっかい上巻買っちゃうか。

 
ということで、知的好奇心に震えたい人はオーディオブックをどうぞ。
今「2017年の本」フェアをしていて、サピエンス全史以外でもいろんな本を買うと、400ポイントもらえるそうなのでぜひ見てみて。
 
ちなみに、オーディオブックを4円などのお得な価格で買う方法は以下の記事をどうぞ。
>>オーディオブックを4円で手に入れる方法
 
ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。