■海外に行く友人に、「気をつけてね」以上のことを言う為に。Part2「守れ」

いらっしゃいませ!
ふじさわです。

今日は、昨日の記事の続きみたいな感じです。

昨日の記事↓
■海外に行く大事なひとに、「気をつけてね」以上のことを言う為に。Part1「死ぬな」

昨日の記事を一言でまとめるなら、
「海外に行くひとに対して、「死ぬ」ことを心配するのは、的外れ。それより、金品を奪われることに注意せよ。その注意の仕方は・・・」
というとこで、本日の記事がPart2です。

目次

ーーーーー

1、とりあえず2パターンに分けるよ。
2、プロ相手には。
3、素人相手には。

ーーーーー

1、とりあえず2パターンに分けるよ。

海外で(国内でもだけど)金品を奪われる犯罪に巻き込まれるとき、それらを2パターンに分けます。

●プロによる計画的な犯行
●素人による突発的な犯行

 

●プロによる計画的な犯行

は、言い換えれば「ビジネス」です。
彼らにとって、他人を騙し、脅し、奪い取る事は、日常的なことで、それによって生計を建てています。

僕があったギャンブル詐欺もまさしくそれで、
■ラオスでギャンブル詐欺に合ったから書き記しとく。
ふじさわnote3のおまけで書いている、中国茶詐欺やボッタクリ風俗もその典型。

彼らの特徴は、
「組織的」で、「技術が高く」て、「計画的」です。
それに加えて、「マーケティング」までしっかりやってます。これはあとで書く。

 

●素人による突発的な犯行

は、例えば「置き引き」です。
彼らは、本来は善良な市民です。

しかし、ホテルの部屋に現金がポーンと投げ出されてるやん。とか。
明らかにこいつ油断しすぎだし、サイフのひとつやふたつ、奪えるんじゃね?とか。
この子、気が弱そうだし、ちょっと脅せば有り金いけるんじゃね?とか。

「こちらが作ったスキと、あちらのちょっとした出来心が出会っちゃった」ことによって起こる犯行です。

これらはあんまり派手じゃないので記事にはしていませんが、この旅でも、この手のことは何度かありました。

例えばラオス→ベトナムの陸路の国境で、午前6時くらいに眠い目をこすりながら現金の両替をしました。
で、両替所のひとに、ガサっとラオスの現金を「はい、ベトナムのお金に替えてね」と渡しました。しかし僕があまりにもガサツで適当なのを、両替所の職員は感じたのでしょう。
渡されたベトナムのお金は、本来両替されるお金の半分にも満たない額でした。

頭はボーッとしてるし、単位も大きすぎてわけわからんけど、数分後にそれに気づいて両替所に戻り「おい!全然金額違うぞ!」と怒鳴り込んでも、あとの祭り。「ハァ?知るかよ。」みたいな対応をされて、終わり。5000〜6000円を失いました。

このパターンは、「素人による突発的な犯行」と言えます。全く技術も練習もしてない素人だけど、「こいつはチョロい」と思った末、犯行に及ぶ。というパターン。

このように、「海外で犯罪に巻き込まれる」パターンには2種類あるので、それぞれの対処法を明確に分けておきます。

 

2、プロ相手には。

「プロによる計画的な犯行」に対処する方法は、大きく分けて3種類。

 

○事前に情報を集めておく。
○マーケティングされてることを知る。
○「こいつはヤバいな」と思ったら逃げる。

 

○事前に情報を集めておく。

こうすることで、かなりの犯行を防ぐ事ができます。
プロによる計画的な犯行ということは、彼らにとって「最適な方法」が、既に見つかっていて、彼らはそれを繰り返しているだけだ、ということになります。
普通のビジネスといっしょで、【まずこうして話しかける→次にこうして誘う→その次はこうする→・・・・→多額の現金を巻き上げる】という、ある程度体系だったフォーマットが存在すると考えます。

逆に言うと、「ずっと同じこと繰り返してる」わけですから、事前に「こういう手口があるんだな」と知っておけば、かなり対処しやすくなります。
このブログのような旅ブログでもいいし、地球の歩き方でもいいし、できるだけ多くのパターンを知っておいたほうがいい。

僕が遭遇したギャンブル詐欺も、中国茶詐欺も、その他の小さな犯行も、どこかには情報は載っていました。
最低でも「国名 詐欺」「地域名 詐欺」くらいでググっておくことが必要でしょう(過去の自分への戒めも含めて)

もちろん犯罪者側も「この手はもう使えねぇ」となったらやり方をブラッシュアップし続けるわけなので、この対処方法は完全とは言えませんが。

 

○マーケティングされてることを知る。

「マーケティング」なんてかっこいい言葉を使いましたが、ここでは要するに
「日本人には日本人向けの騙し方がある。中国人には中国人向けの騙し方がある」と、犯罪者のデータバンクに保存されてることを知ろう。ということです。

彼らはそれぞれの情報を基に、国民性に基づいて、そこを巧みについてきます。なんせプロですから。その能力を別方向に向けろよって思う。

ちなみに日本人は「気が弱い」「断れない」云々もありますが、
「外国のひとと仲良くなりたがっている。現地のひととの触れ合いに憧れてる」
と、彼らに思われています。大正解ですな。

プロである彼らは、容赦なくその点をついてきます。しつこいようですが、僕の遭遇したラオスギャンブル詐欺も、中国茶詐欺も、まさしくその点をつかれました。それに加えて彼らの笑顔の眩しさと言ったら。彼らは、笑顔を作って警戒心を解かせるプロでもあります。僕は人を見る目には自信あるつもりだったけど、その看板は取り下げます。

僕は、文章を書いたりブログを運営することについて、日々勉強し、練習し、ブラッシュアップしてますし、みなさんも自分の仕事については、日々練習し、改善して、もっといい成果をあげようと努力されてることと思います。それと同じように彼らは、「他人に信頼させ、警戒心を解かせる笑顔の作り方」を、日々練習してるわけです。そうとしか考えられない。

ちなみに中国人は「見栄っ張り」とか、そういう感じにマーケティングされてるらしい。他の国の国民性まで分析されてるかどうかは、知りません。

○「こいつはヤバいな」と思ったら逃げる。

これしかない。
プロの犯行は、じっくり時間をかけて搾り取るパターンがほとんど。時間をかけるから、サイフの中の金だけじゃなく、口座から全部降ろさせようとしたり、家族から借りさせようとしたりね。

だから、その長い局面で「こいつはヤバい」と思ったら逃げるしかない。

「用事を思い出した」
「行かなくちゃならない」
「電話だ」
「おれは帰る!!(怒って)」
「ゴメンな、急で。(申し訳なさそうに)」

など、どんなテンション、言葉でもいいのでとにかく強行突破しか無い。
向こうもガッシリ掴んで逃がさないから、多少の勢いではダメ。全速全力で逃げるしかない。

オススメは、「多少の金は置いて」逃げる方法です。相手だって時間的コストがかかってるので、儲け0円では逃がしたくない。10000円せびられたら、1500円くらいは置いとくとか。しゃくだけど、効果あると思う。

ふじさわnote3のぼったくり風俗の話や、
今度書く予定の「フィリピンマニラ馬車詐欺」では、最終的にそのやり方でした。

ちなみに、逃げようとしたら殺されることはほとんどないから安心して。殺すには、彼らにとってもコストがかかりすぎるからね。

3、素人相手には

プロ相手と違って、素人相手はずっとシンプルです。
要するに「隙を見せない」だけなので。
箇条書きすると

○ホテルの部屋に貴重品を放置しない
○露出の大きい格好で危険な地域にいかない(女性)
○気弱な感じを出さない


などなど、書き出したらキリがないので、もっと根本の、基本的な考え方を書きます。

それは
「素人による犯行は、犯行をさせてしまったこちらにも責任がある」
という考え方です。

プロによる犯行は、向こうが100%悪いとして。

けど、ホテルのハウスキーパーにサイフとられたとか、タクシーの運ちゃんにぼったくられたとか、両替所でごまかされたというのは、
何割かは、その犯行をさせてしまった自分にも責任がある、という考え方です。

誰にだって出来心があります。
昨日の「インセンティブ思考」で言えば、どんなに善良なひとでも、リスク0で、いくばくかの現金が手に入る(部屋に投げ出されてるとか)と、手を伸ばすインセンティブ(動機)は十分にあるわけです。

他人の出来心をできるだけ刺激しない、という考え方。

「ああ、この日本人からはなにも奪えないな。」
「この日本人はしっかりしてるからとてもごまかせないな」

と思われるようにならなければ、ダメでござる。
日本人は、他人から安全で無害に思われるのを好みますが、海外においては「あいつに関わるのは辞めておこう」と思われるくらいの、危険な雰囲気をまとうのが正解のように思います。防犯に関して言えばね。
雰囲気なんて一朝一夕に身に付くものではないので、まずは、「他人を犯罪者にさせない」ためにスキを見せない心構えでいるのが正解です。

ラオスとベトナムの国境でも、僕があまりにもだらしなかったから、両替所のひとの出来心を刺激しまった、という考え方。

 

というわけで。
こんな偉そうな記事を書いて僕が被害にあったらダサ過ぎるので、今後も気を引きしてめて旅します。
2015年4月には日本に帰る予定です。

では、またのお越しを、お待ちしています!


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でふじさわをフォローしよう!

スーパーコンテンツ!!

人気ブログの記事をシェアしよう!

6 件のコメント

  • download film terbaru sub indo download film terbaru sub indo has diamond like clarity and also in order for this to be striking you must use both that and.

    download film terbaru sub indo has diamond like clarity and also in order for this to be striking you must use both that and.

  • home decoration ideas Never Ever give up: Even though you fail initially; Dont manage to get a great deal of views at first, do your self a favour, do not give up.

    Never Ever give up: Even though you fail initially; Dont manage to get a great deal of views at first, do your self a favour, do not give up.

  • home decorated Hey, thanks for sharing I always look forward to reading your posts one of the few blogs I still follow home decorated

    Hey, thanks for sharing I always look forward to reading your posts one of the few blogs I still follow home decorated

  • website hosting Hiya! You some kind of professional website hosting? Great message. Are you able to tell me learn how to subscribe your blog?

    Hiya! You some kind of professional website hosting? Great message. Are you able to tell me learn how to subscribe your blog?

  • home interior decoration design ideas I admire the beneficial information and facts you provide in your posts. I will bookmark your blog and have my children examine up right here often. From: home interior decoration design ideas

    I admire the beneficial information and facts you provide in your posts. I will bookmark your blog and have my children examine up right here often. From: home interior decoration design ideas

  • interior design ideas for home and office Aloha, I found your blog on Bing Weblogs and think it is pretty intriguing and delivers fantastic material. Thank you regarding this superb post, I will certainly promote this on Twitter. Have a pleasant day…

    Aloha, I found your blog on Bing Weblogs and think it is pretty intriguing and delivers fantastic material. Thank you regarding this superb post, I will certainly promote this on Twitter. Have a pleasant day on interior design ideas for home and office

  • ABOUTこの記事をかいた人

    ふじさわ

    ブログでご飯を食べるようになってから4年目に入りました。 元ドコモ店員で、昔は「iPhone愛用中ドコモ店員」という名前でやってました。ノークレイジーノーライフ! 詳しいプロフィールはこちら