[公開日]2019/06/03
[更新日]2019/08/20

【砂糖0のプロテインバー】ムキムキになるため、体重を12kg増量したのでその過程全部書く。【クーポンあり】

いらっしゃいませ!ふじさわです。

今年の2月から運動と食事をコントロールしつつ、体重を増やしてます。

体重を増やすと言っても、ラーメンと揚げ物でメタボになるんじゃなく、いい感じのムキムキボディになろうとがんばってます。

 

つまり、「腹に脂肪をつけて体重を増やす」わけじゃなく、
「全身にいい感じに筋肉をつけて体重を増やす」にチャレンジ中です。

まずは、僕の体型の歴史を軽く振り返りましょう。

2016年2月〜5月には自己流で糖質制限ダイエットして、74kg→66kgまで落としてました。
その経験を電子書籍にして、あれよあれよというまに書籍出版までできました。

このときの腹筋の割れ方が人生最高だったなぁ。

そして2017年4月、リバウンド。

そろそろ正直になります。もう僕は腹筋割れてません。

 

そして2018年7月は鈴木太郎くんのサイトの企画でダイエットして、2ヶ月で-8kgしました。

このダイエットを始める前は割と「腹に脂肪ついてる」系のデブだったので、76kg→68kgに痩せられたのはほんとよかったです。

と、ここまでは「体重を減らす」いわゆる「ダイエット」の話題でしたが、いまは体重を増やしてます。

1、体を大きくしようとしている3つの理由

これがいまの体型。写真ではそんなにわからないけど、会う人会う人に
「でかくなったね!」って言われる。

ということで、2月〜5月まで、3ヶ月ちょっとの間、増量しまくって71kg→80kgまで増量しました。
毎月3kgペース。

この写真は記録用として撮影してるだけなので、もっと仕上がったらワセリン塗ったりカメラマンお願いしてかっこよく撮りたい。

こうしてると、
「なんでわざわざ体重増やしてるの?」
と高頻度で聞かれます。

これにスパッと返答するのは、口頭では難しいです。
しかし文章なら一言で伝わります。

 

「これは、貯筋してるんだよ。」

 

ドヤァ・・・

 

貯金じゃなくて、貯筋。
時は人生100年時代。

なにも考えずに生きて、70才で寝たきり人生になるか、100才まで自分の足で散歩できるかどうかは、若いうちからの貯筋にかかっているのです。

僕はできるだけ死ぬ直前まで自分の足で歩きたいし、できるだけ旅行もしたいので、いまのうちから筋肉を貯めてます。特に足。
もちろん「老後のためにがんばってる」は理由のうちのひとつです。

 

2つ目の理由は「日々の生産性と、幸福感を高めるため」です。

巷では「筋トレが最強のソリューションである」という、テストステロンさんの著書が話題です。

また、最近大好きなメンタリストDaiGoさんの動画でも頻繁に「筋トレ」の効果は話されています。

↑この「人生の悩みをほぼ解決する科学的手法」とは、筋トレです(ネタバレ)。

このように、筋トレには
「リフレッシュ」
「リラックス」
「ストレス緩和」
「ポジティブになる」
「アンチエイジング」
「自信がつく」
など、様々な効果があります。

僕も、自分の仕事と人生を充実させるために「筋トレ」を始めた次第です。

 

3つ目の理由としては、わかりやすく「もっとモテる為」ですね。
「100枚のTシャツより、1枚の胸筋」を合言葉に、誰が見てもかっこいいカラダにしようと思います。

そのためには、体重を増やした後、脂肪を落とすために体重を落とす必要があるけどね。
モテのために一番必要な筋肉は「うで」「むね」「しり」など様々な説がありますが、その全てをちゃんと鍛えて、魅力的になろうと思います。

魅力的な異性と時間を過ごすためには、自分も常に魅力的でいたいものです。

 

以上の3つの理由「老後のための貯筋」「幸福感と生産性アップ」「モテるため」があるので体を大きくしてますが、
ネガティブな理由として、僕は「自宅勤務のパソコン仕事」なので、黙ってるとすぐに運動不足になります。

運動を意識的にしないと、家から一歩も出ずに、一日中座ってることもできてしまうのです。
駅まで歩いたり、電車で立ったりという運動すらしないので、なおさら運動の習慣は大事だなぁと思った次第です。

2、具体的手法 運動、栄養

めちゃくちゃシンプルに書くと

「ジムに週3くらいで通って体を鍛えて」
「炭水化物もタンパク質も野菜もバクバク食べてる」

という感じです。
詳細はそれほど気にしすぎてめんどくさくならないよう、大雑把にやってます。

これから運動(ジム)と食事管理について書きますが、前提として重要度は食事の方が高い

ダイエットするときは重要度 運動1:9食事だし、
今回のように増量するときも 運動3:7食事って感覚。

週2〜4でジムに行って常に筋肉痛に

子供の頃、テレビで「なかやまきんに君」が「朝起きて、筋肉痛がないと不安になります」と言ってるのを見て、子供心に「世の中にはキモい人がいるんだな」と思ってたんですが、今は、なかやまさんの気持ちがわかります。

「不安になる」ほどじゃないけど、筋肉痛があると安心する。
筋肉痛がないと「ジムに行かなきゃ」ってなる。あ、不安になってるか。

パーソナルトレーナーをつけてやった方がいいかもしれませんが、今のところは全部独学です。
僕はなんでも独学が好きだし、ジムに置いてある教本を片手にやったり、自分でバズーカ岡田さんの本読んで勉強しながらやってます。

僕は極端に太ももが太いので(ゾゾスーツで測っても明らかに平均より太かった)スクワットなどの下半身系はほどほどにして、腕と胸筋をメインで鍛えてます。
これから背中と肩にも取り掛かる予定。

ちょっとわからないなって思ったら、たにくんとか太郎君にツイッターでリプライを飛ばすと教えてもらえるし、栄養に関してはうんち栄養士しおりんに教えてもらえてるので、持つべきものは賢くて信頼できる友人ですな。Special Thanks!

とにかくジムでゴリゴリに体を痛めつけないと、炭水化物もタンパク質も全部脂肪になっちゃうので、筋トレはマジ重要。

筋トレすると、その瞬間だけでも「パンプアップ」して筋肉は一時的に大きくなるし、1ヶ月(実質トレーニング10日くらい?)でも筋肉の成長を感じられるので、自己肯定感を高めるのにはやっぱ最高の方法だわ。

いまはなんでも食べまくる時期

食事管理は、しようと思えば無限にできちゃうので、神経質になりすぎないようにしてます。

プロテインを毎日2〜3回飲んで、全食事でなんとなくタンパク質多めに意識するって感じです。
お米もお菓子も気にせずバクバク食べて、とりあえず体重増加を狙います。

とはいえ「1日に、体重(kg)の2〜3倍(g)はタンパク質とりましょう」という定説があるので、各食事のタンパク質量をメモって、なんとなく合わせてます。


これは2月にメモしたシート。

左側が「普段自分が食べる食事の平均的なタンパク質量」で、右上が自分の体重×2〜3のタンパク質目安。炭水化物と脂質は書いてるだけで気にしてない。
右下の部分が「食事3回で30g×90g摂って、あとはいろいろなアイテムで補う」という理想形です。

この通りにはもちろんできてない。
トレーニングした日は体が「栄養をっ!栄養をくれっ!」と要求してくるので、バカバカ食べてこれ以上摂取してるし、トレーニングしてない日はこれより少なくなるという感じです。

3、プロテインバー紹介

ということで今日の本題(というわけではないけど)ですが、上の表に注目してみましょう。

プロテインバーひとつで20gのタンパク質がとれてるの、すごくない!?
プロテインシェイク(いわゆる、粉のプロテイン)も、一杯で約20g摂れますが、あんまり飲みすぎるとお腹タポタポになるし、飽きちゃうのよね。

プロテインバーとはいえ、コンビニとかで売ってるプロテインバーじゃありません。

日本で普通に目にする「プロテインバー」は、タンパク質は10g前後入ってるけど、砂糖もガンガンに入れられてて、ほぼお菓子

確かに美味しくてキットカットみたいに食べられるし、僕は今はなんでもバクバク期なのでそれでもいいけど、やっぱり砂糖は減らしたい。

ということで、敬愛する永江さんのブログで紹介されてたプロテインバーを食べたら最高だったので紹介します。

以下2つ、砂糖0g!

僕が食べてたのはこれ!しかし売り切れてる〜!
タンパク質20gのプロテインバー

 

こちら↓がタンパク質9gの方のやつです。こっちは売り切れてない!
けどこっちの方が美味しかった!
タンパク質9gのプロテインバー

 

これ↓は僕は買ってないけど、タンパク質20g!砂糖は1g!
多分いいと思う!
タンパク質20gのプロテインバーその2

リンクに飛べばわかりますが「iherb(アイハーブ)」という海外のサイトで、オーガニック系に特化したアマゾンみたいなショッピングサイトです。
iherbは最初はとっつきにくいかと思うので、コツは

「iherbのサイトに入ったら、ソッコーで日本語化する!」

とだけ覚えておけばよいです。
パソコンなら画面の左上、スマホならスクローーーールした一番↓に「JP」みたいなボタンがあるのでそこを押して日本語で買い物しましょう。安心。

日本語化さえすれば、あとは日本のショッピングサイトと同じなのでラク。
ただ、アマゾンのように翌日配送というわけにはいかず、1週間〜10日くらいかかるので、気長に待とう。

上で紹介したプロテインバーも、探せばアマゾンにもあるけど値段がベラボウに高いのでオススメしません。

 

栄養はパーフェクトだけど味については日本のプロテインバーみたいなのは期待してはいけません。

カリッ!サクッ!

というキットカットみたいな感じではなく、

ガッ!グニ〜・・・(引っ張ってる音)

という感じの食感です。餅。
食感だけは日本製には勝てませんが、味は美味しいので全然安心です。なにより砂糖とらなくて済むの最&高。

2箱買って食べきったので、今は実物の写真が手元にないのが残念ですが、僕のタンパク質補給を支えてくれてるのは間違いありません。

タンパク質20gのプロテインバーその2
↑で、この記事に貼ってるiherbのリンクから購入すると、10%分のクーポンがもらえます。
僕にも同じだけのクーポンが入ります。

↑のリンクで多分全商品10%OFFで買えると思うんですが、念の為トップページのリンクも貼っておきますね。

iherbのトップページ

 

ちなみにちなみに、僕がこのプロテインバーを知るきっかけになった永江さんは、ブログから多くの人が購入しすぎてiherbのポイントが貯まりすぎて、ツイッターで「面白い引用リツイートしてくれた人にプロテインバープレゼント」企画をやってました。
その時に知った。

その時の僕の渾身の引用リツイートが見つかったので、それを貼ってこの記事を終わります。

けっこう面白いこと言うやんww
ちなみに当選はしませんでした。

ということで、今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!

人気ブログの記事をシェアしよう!