[公開日]2017/11/18

世界一周ルート決まりました!2018年1月にバリ→ハワイ→カナダいきます。

いらっしゃいませ!ふじさわです。

バンコクのコワーキングスペースで、360度カメラで撮った写真で失礼します。
「世界一周に出発したけどルート全然決めてない」と評判の藤沢篤でございます。

みんな気付いてると思うんですが
ほら、僕って

「世界一周してる」って言いたいだけのひとじゃないですか。

とりあえず出発したはいいものの何を基準にルートを決めればいいかわかりませんでした。
それがある程度決定したので、これまでのことや頭の中のことと一緒に報告します。

1、語学学校と予防接種

2017年 10月〜11月 フィリピン・セブで語学留学

去年の12月に
「よっしゃ!来年の10月から世界一周いったろ!」
と心に決めてはいたものの、実際にチケットをとったり、現実にできていない期間が続きました。

そんな中で「サウスピークのブロガー無料招待」を見つけました。
しかもその期間が10月からだったので「背中を押してもらおう」とばかりに申し込みました。

とりあえず日本を出ちゃって、部屋を引きはらっちゃえばこっちのもんです。
ということで、2017年10月5日〜11月3日まで、フィリピン・セブで英語を勉強しました。

語学学校の記事はこちらなど。
サウスピークを卒業して10日経った僕の、しょ〜じきな感想。

2017年 11月〜12月 タイ・バンコクで予防接種

世界一周にいくとなったら必要になるのが「予防接種」です。
世界には僕らが遭遇したことのないようなウィルスや感染症がたくさんあるので、それらへの予防をしなくてはいけません。

ただ、必須ではない。

3年前に東南アジア8ヶ国(インド含む)を旅した時には、ひとつも注射しませんでしたが何も無かったし、知り合う旅人でも「そんなもの必要ない」派もたくさんいます。

僕も心の中では「めんどくさいし、実際には発症してから注射すれば間に合うものも多いし、必要ないんじゃね」
と思ってたし、日本で一通り受けると20〜30万円するので、ありよりのなしでした。

しかし、タイのバンコクのスネークファームというところだと全部で2〜3万円でいいとのことなので、なしよりのありになりました。

上記が僕のメモのコピーで、今のところDay2まで終わって、14000円くらいです。
11種類から守ってもらえて2万円くらいで済むので、ありよりのあり。

Day1とDay2の間は1週間あけて、
Day2とDay3の間は2〜3週間あける必要があるので、12月まではタイにいます。

タイはコワーキングスペースが多いし、友達もちょこちょこ遊びにくるし現地でがんばってるisaraメンバーとも会えたので、快適に過ごしております。

あと、12月の中旬にはVALUで、しんさんという方の優待で、シンガポールの高級ホテルを借ります。楽しみ。

2、東西南北どこでも行けるよ。

バカが描いたみたいな矢印になってしまった。

もともと、フィリピンとタイにいる2ヶ月の間に今後のルートを考える予定でした。

その間オフラインオンライン問わずいろんなひとに
「世界のどこに行けばいいと思う?」と聞きまくりました。

そのポイントを「お気に入り」登録した場所は、上の図で黄色いスターマークがついてます。
僕もね、「世界一周」っていうくらいだから、世界の全てのオススメポイントを回るつもりでした。
なんてったって「世界一周」ですからね。

そう、全部のポイントを・・・

 

世界一周だから・・

 

せっかくなんだし・・・

 

 

iPhone7 機種変更 ドコモ au ソフトバンク

全部なんて無理に決まってるやん・・・

わかってはいたんですが、キャパオーバーしちゃうくらい世界にはいろんなポイントがあるので、全部を回るなんて諸々の事情で不可能です。

それらのオススメを踏まえて

「このルートで行くといいかも!」

と候補に上がったいくつかを紹介します。

ルート①シンガポール→モルディブ 「いきなり楽園コース」

↑こういう感じのルートになる。

出展:Travel Destination

モルディブはすんごく海が綺麗なところです。しかも、

前の前の彼女と一緒に「いつか一緒に行きたいね♪」って言ってて、部屋に写真を飾ってたこともあるくらい、素晴らしいスポットです。

めちゃくちゃ綺麗な世界的なリゾート地ですが、ひとりで行くとちょい寂しいかも。
あと、高級リゾートホテルが多いみたいで滞在費が高くなりそうなのが困る。

とはいえ、一週間くらいなら平気そうだし、一人でリゾート地に行くのも慣れてる。
モルディブに行った後は、行ってみたかったスリランカに上がり、南からインドに入り、ネパールから中央アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカに上がるコースですな!

ルート②世界最高絶景「ラルンガルゴンパ」にいきなり行っちゃうコース

僕が恐れるもののひとつに「ベタ」があります。
そもそも「世界一周しながらブログ書いてる」って時点でベッタベタなのに

「ウユニ塩湖うぇーい」
「マチュピチュうぇーい」
「なんと◯◯で会ったノブさんと△△で再会!」

とか書きたくないんです。書くけど。

そんな中で、ベタじゃない秘境感のあるスポットとして「ラルンガルゴンパ」があります。

 

 

 

これだ!

 

 

 

写真はケンジさんのブログより

チベットの山奥の、お坊さんが住む場所(だったと思う)の、この奇怪な景色。
絶対に見たい。

僕の尊敬する旅人たちも「この場所はすごすぎた」と異口同音に語っています。

最初の旅で出会ったゆうじも→ブログ
旅の電子書籍を書いたしんじくんも→電子書籍
世界一周した写真家のケンケンさんも→ブログ記事(ここから上記の写真をお借りしました)

「ヤバすぎた」みたいなことを言ってます。
さらには「年々、入るのが厳しくなっている」という情報もあるので早めにラルンガルゴンパを攻めたいんですが、

世界の秘境ってだいたい「年々、入るのが厳しくなってる」

ので、あまり焦らないようにしようと思います。
もしラルンガルゴンパルートを通ると、そのままユーラシア大陸を西に進むことになりそう。

ルート③ロマンたっぷりの「シベリア鉄道に乗っちゃう?」コース!

だいたい、こういう矢印の感じで、ロシアの東の端(ウラジオストク)から、西の端っこ(モスクワ)まで「シベリア鉄道」が走ってます。

出展:Parallel

シベリア鉄道って、小学校のときに「走れシベリア鉄道」をリコーダーで演奏した記憶があるので行ってみたい。
バカみたいな理由と思うかもしれないけど、世界を訪れる時ってだいたいそんなもの。以前だって「パタヤビーチにようこそ!」っていうギャグを知ってるからってパタヤビーチに行ったし。

シベリア鉄道は、ロシアの端から端までで6泊7日、2人部屋で9万円くらい、4人部屋で13万円とからしい。
1人当たり、1日あたりで考えると爆安。

例えば
◯月◯日〜◯月◯日まで、一緒にシベリア鉄道に乗る人募集!

とかブログで募集したら、もの好きが2、3人は集まるんじゃないかと思ったりした。
なぜかシベリア鉄道は女子からのが人気高い気が。

終点はほぼヨーロッパだから、旅は続けやすいしね。
「シベリア鉄道に乗るのが夢なの!」っていう友達にも最近出会ったし、「シベリア鉄道に乗った」っていう友達にも昔会ったので、今しかないんじゃないのか?あるいは、逆側から乗るという手もある。

このルートの弱点は「クッソ寒いやん」だけ。

ルート④オセアニアからの南半球での太平洋横断コース

 

ちょっと前まで、これが一番現実味高かった。
タイ→シンガポール→インドネシア(ジャカルタ、バリ)→オーストラリア
と、順調に南に降りていきます。

そして、自然たっぷりニュージーラーーーーーーーーンド!
と、「天国に一番近い島」ニューカレドニアーーー!!
そしてこれも世界的リゾート、フィジーーーーー!!

を回るという、オセアニア満喫コース。

ニュージーランドは自然がサイクーらしいし、憧れでもある四角大輔さんが住んでるし、Blopediaにも掲載されてるはっしーさんもいる。
ニューカレドニアにいる友人に、昔「働かないか?」って言われたことがあって、フランス語を一瞬だけ勉強した。
「天国に一番近い島」っていう映画があるくらい綺麗な島。

あと、フィジーもみんながいいって言うから行きたい。

このルートの弱点は、「ニュージーランド」「ニューカレドニア」「フィジー」「オーストラリア」のそれぞれを飛行機で行き来してると、ドンドンお金が吹っ飛んで行くところです。
ニューカレドニアに行くにはどの方向からでも3万円かかるし、フィジーにも同じくらいかかる。船で5000円くらいで行き来させてくれよう。

なので、これらの島国を回ってると、飛行機代だけで10万円を軽く超えるので厳しい。
10万円というと「太平洋か、大西洋を超えられる金額」ですからね。
その金額を使うには、ちょっと躊躇してまう。

けど、こういう場所ももちろん行きたいので、もっとブログやアフィが稼げるようになってる(はずの)1年後とかに来たい!

決定→ルート⑤バリ→ハワイ→カナダでテラハしちゃうぜ!コース。

こうしていろんな国を検討した結果、
「いろんな会いたい人がいるし、いろんなひとのオススメがある」
というのはわかりました。

そうしてたくさん考えて調べた結果、

「自分の心に従おう」

という結論になりました。
そもそも僕が旅するきっかけは高橋歩さんもそうですが、ロバート・ハリスさんの「EXILES」です。

ザックリ言うと「自分の心に従え」という内容のこの本の影響で、僕は放浪にも似た旅をしています。

ということで、誰からの期待に応えることもなく、なんの損得勘定もなしに考えるとすると、僕の心は

「ハワイに行ってみたい」
と言ってるので、そうします。

それもこれも全ては「テラスハウス ハワイバージョン」の影響なんですがね。


これを見て、僕もハワイに行ったら美男美女のシェアハウスに紛れ込めると信じてるので、心に従います。
テラハの内容云々より、ハワイという地で伸びやかに暮らすライフスタイルに憧れた。

3、2018年 1月バリ→ハワイ→カナダ

ということで、飛行機とりました。

2018年1月17日 バリ→ハワイ (約49000円)
2018年1月25日 ハワイ→カナダ(バンクーバー)(約20000円)

約7万円で太平洋を超えられるのでよかったです。
航空券を安くとるテクニックもだいぶ身についてきたし。

世界一周の旅って、「太平洋と大西洋をいかに超えるか」でかなりのプランが決まります。しかも、これらの海を超えるには10万円近くかかるので、計画的にしないといけません。

ハワイも生活コストがかなりかかりそうですが、Airbnbで3500円/泊くらいのとこを見つけたのでそこに泊まることになりそうですが、もしハワイで「泊めてもいいよ!」という方がいれば連絡をお待ちしております。

1月25日にバンクーバーについたら、数日でトロントに移動し、ナイアガラの滝を見てからニューヨークに移動し、アメリカを数カ所周り、南下します。

中南米あたりで「スペイン語学校に1ヶ月くらい行くと良い」みたいな話をよく聞くので多分行きます。
そして2018年3月〜4月には

念願のウユニ塩湖うぇーい!
しようと思います。えぇ、ベタに。

出展:SuzuTarog

 

ウユニ塩湖以降は、コストが安い南米でダラダラ過ごすつもりです。
ということで、今日の記事は以上です。

旅についての話は以下の電子書籍に書いてあるので、購入して頂ければ僕の旅の資金の足しにもなりますのでぜひどうぞ。

ということで、今日の記事は以上です。
世界旅、楽しんで来まーす!

Twitterのフォローもどうぞ!
またのお越しを、お待ちしております!







人気ブログの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。